¥5,060
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ヘイトクライムと修復的司法――被害からの回復にむけ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ヘイトクライムと修復的司法――被害からの回復にむけた理論と実践 (日本語) 単行本 – 2018/12/19


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2018/12/19
¥5,060
¥5,060 ¥7,438
お届け日: 9月26日 土曜日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

憎しみの連鎖を超えてヘイト犯罪を根絶する。加害者・被害者の対話によるヘイト被害修復の理論と先進的事例に関する調査に基づいた、初の本格的研究書。

著者について

Mark Austin Walters(マーク・オースティン・ウォルターズ)
サセックス大学ロースクール刑法および犯罪学教授。権利と正義研究センター、犯罪研究センター教授。国際ヘイト・スタディーズ・ネットワーク共同代表。オックスフォード大学犯罪学センターにて、ヘイトクライムと修復的司法に関する博士号取得。ヘイトクライムおよび修復的司法に関する論文・著書多数。

寺中誠(てらなか まこと)
東京経済大学現代法学部教員。専攻は犯罪学・刑事政策論、人権論。著書に、『裁判員と死刑制度――日本の刑事司法を考える』(新泉社、2010年)、『死刑の論点』(日本評論社、2016年)、『Q&Aヘイトスピーチ解消法』(共著、現代人文社、2016 年)など。

福井昌子(ふくい しょうこ)
翻訳家。大阪経済法科大学アジア太平洋センター客員研究員。訳書に、『ライス回顧録――ホワイトハウス 激動の2920日』(共訳、集英社、2013年)、『オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎』(作品社、2014年)など。

登録情報

  • 発売日 : 2018/12/19
  • 単行本 : 432ページ
  • ISBN-10 : 475034737X
  • ISBN-13 : 978-4750347370
  • 出版社 : 明石書店 (2018/12/19)
  • 言語: : 日本語