通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むア... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 桜咲く書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに多少キズ・薄ヨゴレあり。書き込み無し。万が一書き込み等の検品見落としの場合アマゾンガイドラインに沿った返品も可能ですのでご連絡お願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? 単行本(ソフトカバー) – 2012/4/5

5つ星のうち 4.7 43件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,102

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?
  • +
  • 日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理
  • +
  • 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

★本書を読む前に!
この本には、日本人の99.9%が知らない真実(=事実)が次から次へと出てきます。
そのため、本書を読み終えたあと、あなたの世界観は一変します。
この日本以外で繰り広げられている世界の驚くべき現実などおかまいなしの方。
日本は戦争になど巻き込まれるはずないなどと考えている方。
そして、毎日をこれまでどおり、穏やかに過ごしたいと思っている方には、本書は非常に危険です。

★本書の概要
「あの男が帰ってきた!!!」
いままで世界を牛耳ってきたアメリカの支配者たちは今、恐れおののいています。
アメリカは1991年末、ソ連崩壊で「冷戦」に勝利。世界唯一の「超大国」になりました。
そして、90年代は「ITバブル」により、空前の繁栄を謳歌していた。
新千年紀がはじまる頃、誰もが「アメリカの時代は永遠につづく」と信じていました。
しかし、あれから12年。
もはやすべての人が、「アメリカの時代は終わった」ことを知っています。いったい、何が起こったのでしょうか?
一般的には、「欲ボケしたアメリカ人が、自滅した」と信じられています。
具体的には、「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」「リーマンショック」などが起こり、没落していったと。しかし......。

「アメリカは自滅したのではない。没落させられたのだ!」というのが、この本で明かされる数多い真実の一つです。
でも、いったい誰に......?
それは、「多極主義陣営」と呼ばれる国々にです。
「アメリカ一極世界をぶち壊せ!」「多極世界をつくろう!」という運動は、そもそも西欧から起こってきました。
ソ連崩壊で「東の天敵」が消滅したとき、西欧のエリートたちは、「アメリカから覇権をとりもどそう!」と考えたのです。
しかし、西欧の一国が昔のように覇権国家になるのは、現実的でない。
それで、「EU拡大による欧州統合」と「共通通貨ユーロの導入」で欧州を「巨大な一つの国」とし、覇権を奪回しようとしたのです。
そんな欧州の反逆を03年までに鎮圧したアメリカ。(詳細は本書で)
しかし、そのときもっとも強力な敵が現れた......。
その敵こそが、ロシア史上最強のリーダー、プーチンだったのです。
プーチンは、「イラク戦争」「ユコス問題」「グルジア・バラ革命」「ウクライナ・オレンジ革命」「キルギス・チューリップ革命」等々で、ことごとくアメリカと対立。
08年8月には、アメリカの傀儡国家グルジアとロシアの戦争にまで発展していきます。
しかし、同年9月、「リーマンショック」が起こり、ついにアメリカの一極世界は自壊。
「100年に1度の大不況」のなか、米ロとも、戦いを継続するのが難しくなり、両国は停戦で合意。「米ロ関係『再起動』」なる言葉も生まれました。
しかし、「再起動」の時代は、プーチンの復活により終わりつつあります。
そう、「米ロ新冷戦」は、必然的に再開されることになるのです。
プーチンの目標は、「アメリカにとどめを刺す」こと。
でも、いったいどうやって......?
この本を一読いただければ、すべてが明らかになります。

本書『プーチン 最後の聖戦』でわかることの一部を、ここに挙げておきます。
・90年代ロシアを支配した7人の新興財閥(うち6人はユダヤ系)とは?(その名前と基盤)
・たった一回の訪問で、新興財閥のボスの心をわしづかみにしたプーチンの行動とは?
・「逃げ道なし」。新興財閥軍団を罠にはめたKGB流「トリプル戦略」とは?
・90年代ボロボロだったロシア経済が、プーチン政権下で大復活した理由とは?
・アメリカを没落させる、絶対確実な方法とは?
・プーチンに反逆したユダヤ系石油王ホドルコフスキーとヤコブ・ロスチャイルド卿の「危険な関係」とは?
・アメリカが、ロシアの勢力圏「旧ソ連諸国」で革命を起こした理由と証拠とは?
・プーチンがアメリカを没落させた、具体的な方法とは?
・プーチン・ロシアが同盟関係を結んだ中国が提案する「世界共通通貨」構想とは?
・メドベージェフは、なぜプーチンを裏切ったのか? 彼の背後にいた勢力とは?
・アメリカに「とどめを刺す」プーチンの戦略とは? 等々。

出版社からのコメント

◎この本には、以下、普通の本と違ういくつかの特徴があります
★著者はモスクワ在住20年以上。ソ連崩壊以前から、この国の「地獄」と「復活」を目の当たりにし、一般ロシア人からロシアン・エリートまで、そのメンタリティーと行動パターンを知りつくしている。
★著者は、「卒業生の半分は外交官、残りはKGBを養成する超エリート機関」とよばれた、ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学を卒業した初めての日本人である。
★現在33,000人の購読者を誇るメルマガと、これまでの3冊の著書のなかで、自己の予測を当てつづけている(例、05年時点で「アメリカ没落」を予測。その後も「世界的不況下で中国は一人勝ち」「日本に反米親中政権が生まれる」「尖閣諸島から日中対立が起こる」等々)。
★一見、「トンデモ系」「陰謀系」と思える内容も、すべて豊富な「資料」と「証拠」によって実証されているので、だれもが納得できる。

この本を読めば、たとえ中学生でも、あるいは女性でも、あなたの世界観は必ず、しかも一気に、「世界の指導者レベル」「日本最高レベル」まで引き上げられます。
日本人のほとんど誰も知らない複雑な世界の現実とその動きを理解するための、シンプルなメソッドを知りたい方。これから先、サバイバルのための正しく確実な方法を身につけたい方。
迷わず本書をご一読ください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 352ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2012/4/5)
  • ISBN-10: 4797672250
  • ISBN-13: 978-4797672251
  • 発売日: 2012/4/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 113,498位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
プーチンがアメリカと闘っている。
より正確に表現するならアメリカを支配するFRBの株主達、
つまり国際金融資本勢力と闘っていると言ったほうがよいだろう。

国内の新興財閥を取り締まった結果発生した、旧ソ連地域を巡る国際金融資本との死闘。

ウクライナやグルジア、中央アジアなどで起きるロシア包囲網。
それを打開するために、中国などの自立勢力と連携を深め反撃していくプーチン。

この本はプーチンロシアが、世界情勢の中で占める重要性が、
極めて大きいことを様々な証拠資料と供に教えてくれる。

早速、プーチン氏は大統領に就任してG8サミットをキャンセルした。
この本を読んでいれば、メディアで流されている動機とは違った動機を感じ取れる。
プーチンはアメリカを中心とした欧米世界秩序を修正したいのだ。
G8はその世界秩序の象徴的な会合であるのだから、キャンセルして当たり前なのである。

プーチンロシアは、反欧米勢力の中心的な存在として今後も聖戦を続けていくだろう。

パワーゲームばかりでなく、世界の情報体制がどうなっているのかも理解できるようになる。
日本のテレビや新聞が報道するプーチン大統領へのニ
...続きを読む ›
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「ロシア政治経済ジャーナル」というメールマガジンを発行している北野幸伯氏が書いた最新刊です。ロシアに住み、ロシアの内部情報にも詳しい北野氏が現在の世界情勢を見事に紐解いたおすすめの本です。

「はじめに」のところで、1990年代、アメリカは「この世の春」を謳歌していたといっています。ソ連が崩壊し、日本はバブルがはじけ暗黒の20年に突入、欧州は貧しい東欧を救済する羽目になり、中国はまだ弱小国家だった。

ところが欧州はソ連崩壊後、アメリカにわたっていた覇権を取り戻そうとEUをつくり、ユーロを誕生させアメリカに対抗してきます。またイラクのフセインが2000年9月14日「石油代金として今後いっさいドルを受け取らない」と宣言します。ユーロで決済すると言い出したのです。フセインはこれでアメリカの怒りを買い、失脚、処刑されてしまったのです。大量破壊兵器などはなく、単なる口実であったことは後に明らかになりました。

どうしてアメリカは決済通貨をドルからユーロに変えることにこれほど憤るのでしょうか。それは現在ドルが基軸通貨として世界で使われていますが、その地位を脅かすことになるからです。では基軸通貨とはどんなものなのでしょうか。

アメリカは世界最大の「財政赤字国」「貿易赤字国」「対外債務国」です。財政赤字は1963年
...続きを読む ›
コメント 154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
親愛なるプーチン閣下

この本はロシア人によってではなく、FSB(元KGB)を専門に養成する超エリート大学で学び、ロシアに20年以上住み、国際関係アナリストとして活躍する日本人が書きました。
ご多分にもれず「親米」の日本で流されるニュースによって、あなたはほとんどの日本人にとって遠い北国の「恐ろしい」人でした。
しかし、この本を読んで、2つの大統領任期であなたが何を行い、3期目で何を行おうとしているのか理解することができました。
1期目であなたは国内の敵「オリガルヒ」(新興財閥)を徹底的に倒しました。彼らはロシアの国政を操り、親米的態度も取り、ロシアの国益を代表していなかったからです。
2期目であなたは国外の敵「アメリカ」の力を削ぎました。アメリカは元ソ連邦の国に「カラー革命」(オレンジ革命、チューリップ革命、バラ革命などなど)を起こして傀儡政権を立て、それによりロシアのガスや石油のエネルギーの支配権を握ろうとしました。
3期目でもあなたは引き続きアメリカに対向する政策を推し進めるでしょう。それはアメリカドルを基軸通貨の座から引きずり下ろし、アメリカから世界一の強国という地位を奪うでしょう。そうなったら、現在アメリカの傀儡政権である日本もただでは済みません。それは覚悟しています。

しかし、プ
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
政治・社会、ノンフィクションの本には、岩波好みのたたずまいってえものがある。その点で、この本には、たちまち「要注意」の警報が鳴るかもしれない。本文もざっくばらんの口語調で、まるで寄席で講談を聞いてるみたい。ページにはあやしいゴシックが、あちこち飛び交うありさまは、まるで「トンデモ本」を思わせる。なにせ、「おまえにはやめてもらうからな」「おい、はっきりしねえか!」と、プーチンに語らせてしまうのだから。「ロシア語の印象をそのまま伝えるために、文体を意図的に文化的じゃなくしておきます」と、著者の北野幸伯は、確信犯なのだ。北野は、ロシアの大学を出て、モスクワに住んでいる。ロシアの本も、地下出版物も、テレビもすべてロシア語で吸収してきた。これがこの本のキモである。帝政からソ連と、圧倒的な男社会であったロシアで、すべてのことはロシア語のののしりあいできめられた。コミンテルンでも、ブハーリンはわめいたし、ウオッカに足をとられたエリツインの一言で、ソ連の歴史は書き換えらえられたのだ。しかるに報道は、ロシア語の毒とともに、彼らの本音をすっかり洗い流して、気取った英語で伝えられた。民族は、母国語で本当のことを言い、公用語で嘘をつく。
佐藤優氏もロシア語の裏も表も読みきれた。それが諜報というものだ。
本書では、アメリカに「はじめてお使い」にでかけたお土産に、ついアメリカ民主主義が好き
...続きを読む ›
1 コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー