通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: クリーニング済み、全体的に若干使用感があり、カバーにスレ・キズがあります。中身は比較的良好な品です。落札後、プチプチ付封筒にて出来る限り早く発送致します。日本郵便にて発送を依頼しておりますので、追跡番号・日時指定は請け負いかねます事、予めご了承下さいませ。商品到着後、何かございましたらぜひご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プロレス狂想曲 (ヤングジャンプコミックス) コミックス – 2015/4/17

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 112
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プロレス狂想曲 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • 天空のビバンドム
  • +
  • フォリガット
総額: ¥6,372
ポイントの合計: 193pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

強さと美しさを競うプロレスは誰もが憧れる華の世界。しかし、その世界を牛耳っているのは誰もが恐れるマフィアだった! マフィア一族のおちこぼれマリオは、両親の残してくれたピアノ店を継ぎ、華々しい世界とは無縁の生活を送っていた。唯一の友達はピアノ弾きのペンギンだけだが、彼はそんな生活も気に入っていた。そんなある日、マフィアのボスでマリオの甥っ子であるエンゾから呼び出しがかかる。「手紙をある女性に渡して欲しい」そのミッションはとても簡単なものと、マリオは浮かれて街を出て行くが待っていたのは見たこともない、恐怖と不思議の世界!



登録情報

  • コミック: 217ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088901495
  • ISBN-13: 978-4088901497
  • 発売日: 2015/4/17
  • 梱包サイズ: 21 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
 マフィア一家のおちこぼれのマリオは簾頭のメガネチビ。
 荒仕事をする親戚達を避け、ピアノ弾きのペンギンを相棒にピアノ店を経営し細々と、だが善良に暮らしていた。
 彼のささやかな趣味は憧れの女子プロレスラー、ベレニスが所属する「プロレス共和国」の試合観賞。
 だが、強い筈のプロレスラーも裏では実家のマフィアと繋がり頭が上がらない実情にうんざり。
 その時、親戚の天才早熟乳児マフィア「エンゾ」より、使いを頼まれる。
 簡単な使いの筈が…。

 殆ど予備知識無しで、てっきり外国人による日本のプロレスに対する偏愛を描いた作品だと思って購入致しました。
 己が不明を恥じました。
 名作アニメのシルヴァン・ジョメ「ベルヴィル・ランデブー」との因縁も深い、フランスのバンド・デシネ界の鬼才が、日本の雑誌専門に描きおろし連載をした冒険作だったのです。

2頭身で身長60-70㎝位の小さく気弱な小父さんや、日本やアメリカのプロレスとは異なる香りを持ったフランスのレスラー陣、早熟の天才乳児マフィア、余り美人ではないが魅力的な女性達、鰭で達者にピアノを弾く寡黙なペンギン、そしてその調べに惹かれて暗闇よりまろび出てきた、弱さを超能力に昇華した「物の怪」達…。
 仄暗き雑多な半端者たち
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告