プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★アマゾンより迅速配送!【内容】ディスク1枚/ケース/リーフレット★【状態】ディスク良好!/リーフレットは折れ目等なく綺麗な状態!/ケースに細かな擦れありますが、クリーニングしてお届けします。★Amazon配送センターより発送されます。クレジットカード・代金引換→【お急ぎ便可】コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い(先払い)→【お急ぎ便不可】が可能です。商品に問題がある場合は、Amazonカスタマーサービスまで、お問い合わせ下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿の仕事 [DVD]

5つ星のうち 3.3 10件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 4,527 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 408 (8%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,527より 中古品の出品:15¥ 1,662より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • プロフェッショナル 仕事の流儀スペシャル 宮崎 駿の仕事 [DVD]
  • +
  • プロフェッショナル 仕事の流儀 特別編 映画監督 宮崎 駿の仕事 「風立ちぬ」1000日の記録/引退宣言 知られざる物語 [DVD]
  • +
  • プロフェッショナル 仕事の流儀 スタジオジブリ 鈴木敏夫の仕事 自分は信じない 人を信じる [DVD]
総額: ¥10,286
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 橋本さとし
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: NHKエンタープライズ
  • 発売日 2009/01/23
  • 時間: 163 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001JIDW2A
  • JAN: 4988066162923
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 33,541位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

アニメーション映画の巨匠 宮崎 駿の仕事に迫る!
1対1のガチンコ勝負! カメラがとらえた宮崎 駿の実像


映画監督・宮崎 駿4年ぶりの新作「崖の上のポニョ」が2008年7月19日に公開された。番組は、宮崎が「最後の長編」と語る「ポニョ」の創作現場に300日にわたって密着。宮崎 駿監督の創作の秘密と、知られざる素顔に迫るスペシャル版。2回に分けて放送された番組をDVD化。

○2007年3月27日にNHK総合テレビで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀 スペシャル 映画を創る 宮崎駿・創作の秘密」(59分)と2008年8月5日にNHK総合テレビで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀 スペシャル 宮崎駿のすべて~“ポニョ”密着300日~」 (87分)を収録。

【特典映像】
宮崎 駿 未公開インタビュー

【内容】
「映画を創る 宮崎駿・創作の秘密」
「ハウルの動く城」以来となる新作長編映画の準備作業に、ディレクターが小型デジタルカメラを手に3か月半密着。宮崎アニメはどのようにして生まれてくるのか。宮崎駿監督の創作の秘密と、知られざる素顔に徹底的に迫る。



「宮崎駿のすべて~“ポニョ”密着300日~」

宮崎が「最後の長編」と語る新作「崖の上のポニョ」の創作現場に300日にわたって密着。宮崎アニメの秘密を徹底的に解明する。映画作りが大詰めを迎える中、宮崎が見せた涙。カメラは映画誕生のドラマを克明にとらえた


*画面サイズ16:9LB

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

取材やインタビューなどを通して、その道のプロの“仕事”に迫るシリーズの2007年と2008年に放映された宮崎駿の回をまとめたスペシャル。多くの人を魅了する宮崎アニメがどのようにして作られるのか、その創作の秘訣と知られざる素顔に迫る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
宮崎監督のドキュメントを昔からみている人は、今一度、千と千尋のドキュメントを見返してみてください。
映像媒体では発売されておりません。運よくビデオに録画されていた方はラッキーですね。
何がいいたいのかといいますと、宮崎監督は確実に「老い」ています。
千と千尋の頃のハリがあって、元気だった監督ではありません。
確実に「老い」と人生の終わりが迫っていることへの「焦り」。そういったものが感じ取れます。
スタッフの方への対応の違いも顕著にみれます。声もか弱くなってます。
監督の勤勉な映画に対する姿勢。若い頃のようには動かない身体。迫る納期。
60を越えてなおこのようなハードワークができるのは、奥様の健康薄味料理や、たわしでの乾布摩擦等含めて、
監督の映画を作るためには健康な身体でなければならないという気持ちと、壮絶な気力のなしたものだと思います。
監督のアイデアの出し方や、モノの見方等、色々な監督の内面に触れる事ができると思います。
宮崎監督は、本当に映画を作るのが好きなんだなぁと実感します。
そして、おそらくですが、この映画のそうすけは、監督自身。ポニョは娘(監督は息子さんしかいないので、娘が欲しかったのではないかと)、トキさんは宮崎監督の母親なのではないかとおもっています。幼い
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
神格化されてしまった宮崎駿の等身大の姿が見れます。
コナンもルパンもパズーも、あれ駿の分身なんですね。。。。

また映画作りにおける駿のダークサイドが見れるのもすごくいい。
駿がスタッフを追込む姿からは逆に勇気をもらった(笑)
”いい人”では”いい監督”にはなれないと悟ったドキュメンタリーです。

若干値段が高いのと、”いい話”にしようとする茂木の的外れなインタビューが
ムカつくので☆4つ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
宮崎駿の制作行程をみるにはうってつけの映像だと思います。

もういちどポニョを観て
その深みに酔いしれることが出来ました。

ただ
テレビ局で働いた事のある人間として
このドキュメント自体に違和感を感じました。
事前に
「ポニョはこうして生まれた」を観ているせいかもしれません。

その違和感は

ドキュメントの映像が都合よく
制作者の意図した台本に当てはめられているような感覚。

「ポニョはこうして生まれた」では
もうちょっと苦悩あり、我がままあり、笑顔ありの人間臭い宮崎駿だったのに
この映像だと
なんだか「巨匠」という枠にうまくはめられている感が。

とっても個人的な感想だけれど
そう思いました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 HIS 投稿日 2008/12/17
今年の夏、崖の上のポニョの出来るまでの300日をNHKでの番組をみました。

宮崎駿監督の仕事における流儀と哲学が伝わる内容で凄い人だなぁとあらためて思いました。創作における情熱や姿勢は学ぶところが多かったです。
今となれば思い返せる挫折や苦労話をした上で、それでも笑顔で語る宮崎駿監督のあたたかさも感じることが出来たりしました。

印象的だったのが「恥ずかしいことをしたくない」燃え尽きたい、最後までやりぬきたいという想い…劇場で観た人、ひとりに「海は生きてるんだ!」とか「私の10才はこんなに素敵じゃなかった」と思わせれば、やったぜ!って思うわけですよ!って語る監督の笑顔は素敵でしたね。
発売したら観たいです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
宮崎駿が、
怒ったり、笑ったり、途方にくれたり、イライラしたり、迷ったり
不安になったり…と、日々自分自身に巻き起こる
ありふれた感覚がむき出しになっていて、
「ああ、宮崎駿も普通に人間なんだ」と、率直に思ってしまいます。

しかし、出来る限り要領よく、出来るだけ波風立てず
事を進めるために感情を押し込めたり、誤摩化したりしながら
日々やり過ごしてしまいがちな、大半の「大人」たちを思えば、
あそこまで人間らしいままに生きていけるのは、やはり超人だからなのかも、、とも
思ってしまうのです。

映像には、映画「崖の上のポニョ」の構想から絵コンテを描き上げるまでの
宮崎駿そのものがありのままに映し出されているだけで、
そこには何か具体的なメッセージや狙いが潜んでいるわけではないのですが、
見るだけで、感動し、強く励まされます。

「生きてく」って「苦労する」ってことなのかな…と考えさせられる、
オススメの作品です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー