プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第3番&第6番&第8... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第3番&第6番&第8番

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 3,120 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 26 (1%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:2¥ 1,746より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 有森博 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • 演奏: 有森博
  • 作曲: プロコフィエフ, グルック, グリンカ
  • CD (2003/1/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: フォンテック
  • 収録時間: 76 分
  • ASIN: B00007M8UJ
  • JAN: 4988065034962
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 471,543位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ひばり(バラキレフ)
  2. ピアノ・ソナタ第8番変ロ長調op.84「戦争ソナタ」(プロコフィエフ)
  3. ピアノ・ソナタ第3番イ短調op.28「古いノートから」(プロコフィエフ)
  4. ピアノ・ソナタ第6番イ長調op.82「戦争ソナタ」(プロコフィエフ)
  5. 悪魔的暗示op.4-4(プロコフィエフ)
  6. 精霊の踊り(ケンプ)

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

ロシア音楽を得意とし、ラフマニノフの演奏で話題となった有森博が、今度はプロコフィエフのピアノ・ソナタ第3、6、8番を録音。音の明晰さよりも、響きの深さが印象に残る。ロマンティックでロシア的なプロコフィエフ演奏といえるだろう。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2016/5/18
形式: CD
1990年に開催された第12回ショパン・コンクールにおいて最優秀演奏賞を受賞した有森博(1966-)による2002年録音のアルバム。収録曲は以下の通り。

1) グリンカ(Mikhail Glinka 1804-1857)/バラキレフ(Milii Balakirev 1837-1910)編 ひばり
2) プロコフィエフ(Sergei Prokofiev 1891-1953) ピアノ・ソナタ 第8番 変ロ長調 op.84
3) プロコフィエフ ピアノ・ソナタ 第3番 イ短調 op.28「古いノートから」
4) プロコフィエフ ピアノ・ソナタ 第6番 イ長調 op.82
5) プロコフィエフ ピアノのための4つの小品から第4曲「悪魔的暗示」 op.4-4
6) グルック(Christoph Gluck 1714-1787)/ケンプ(Wilhelm Kempff 1895-1991)編 精霊の踊り

ロシアのピアノ音楽の芸術的解釈者として、現在まで有森はゆるぎない地位を築いているが、それを裏付ける多くの優れた録音の最初に挙げられるのがこのアルバムということになる。

当時有森は前年までプロコフィエフのピアノ・ソナタ全曲演奏会を催していた。その録音面での成果がこのアルバムとしてまと
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告