Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 7,000

¥ 560の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[チャールズ ペゾルド]のプログラミングWindows第6版 上~C#とXAMLによるWindowsストアアプリ開発
Kindle App Ad

プログラミングWindows第6版 上~C#とXAMLによるWindowsストアアプリ開発 Kindle版

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 7,000
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,560 ¥ 6,029

紙の本の長さ: 720ページ

商品の説明

内容紹介

通称「ペゾルド本」、待望の新版です。第6版ではWindowsストアアプリの開発方法を、C#とXAMLを使って解説します。
本書は上下の2巻構成です。上巻では、XAMLとマークアップの基本から始め、イベント処理やデータバインディング、非同期処理、アプリバーなどのさまざまな画面要素、ページナビゲーションといった、Windowsストアアプリ開発の基本的な事項を取り上げます。タッチやグラフィックス、印刷、GPS対応など、よりマシンレベルに近い処理については、下巻で解説します。
日本語版では独自に付録を追加し、Windows 8.1で影響を受ける項目をまとめました。

内容(「BOOK」データベースより)

通称「ペゾルド本」、待望の新版です。第6版ではWindowsストアアプリの開発方法を、C#とXAMLを使って解説します。本書は上下の2巻構成です。上巻では、XAMLとマークアップの基本から始め、イベント処理やデータバインディング、非同期処理、アプリバーなどのさまざまな画面要素、ページナビゲーションといった、Windowsストアアプリ開発の基本的な事項を取り上げます。タッチやグラフィックス、印刷、GPS対応など、よりマシンレベルに近い処理については、下巻で解説します

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 344635 KB
  • 出版社: 日経BP社 (2013/9/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BD54ZYC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 62,174位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 Windows 8.1上で動作するストアアプリのプログラミング手法を勉強するために購入しました。
 Windows 8.1が動作するパソコンにVisual studio 2013 express for windowsと本書のサンプルプログラムのソースコードをダウンロードして動作を確認しながら読み進めています。
 Visual studio 2013 expressはネットの一部で「プロが使うには機能不足」との評判がありましたが現在のところ大きな問題なく利用できています。Visual studio 2013 expressは1ヶ月ごとのユーザ情報の更新のみで無料で使用できるのはうれしいところです。
 本書の著者のCharles PetzoldはWindowsプログラミング教育の元祖とも言うべき人です。本書も従来の著書と同様にWindowsストアアプリの基礎から丁寧に順を追って説明してくれています。
 それにしてもWindows ストアアプリはこれまでのプログラミング技術とは大きく変貌しました。私が本格的にWindowsプログラミングを勉強するのはVisual studio 2005以来ですがそのあまりの変化にとまどいました。特にアニメーションを利用したプログラミングなどは以前の手法では全く考えらないことでした。
 Windowsプ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
申し訳ないが日本語に翻訳した方に問題ありかと。
技術を持った方が、咀嚼しそれを解説しているように感じられない。
サンプルコードがページをまたがったときなどは、どの箇所の説明をしてるのか分かりにくいし。
執筆者の妙なオチがついてたり。

まあでも、日本語でまとめてくださってるのは助かったので☆2。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
Windowsプログラミングでユーザーンターフェースをどうするか、悩むところです。
WPFは、その中の有力な選択肢の1つです。ただ問題は、日本語で入手できる書籍が少ないことです。コンピュータ関連書籍は、2008年から出版数がかなり少なっています。そうした環境のなか、2014年前半で、ほぼ、唯一のWPF入門書です。今後、他の書籍もたくさん出版されることを望みます。
英語がそれほど得意でない方が、WPFの洋書に手を出す前に入手すると、洋書がかなり読みやすくなります。[訳]は読みやすいです。日経BPのコンピュータ関連の翻訳書は、オライリーなどと比較してかなり読みやすい部類に入りますが、本書ではさらに磨きがかかっています。「クイープ」という翻訳者、または翻訳チームと、日経BPの編集者の今後の活躍に期待が膨らみます。原書の著者については、あえてコメントする必要はないと思います。他のプログラミング関連書と比較して、章構成が変わっていて、理解しやすいとおもいました。

WPFの情報は、Web上で多く探せますが、それを使おうとすると多く壁にぶつかります。
スコープがわかりにくく、そして、入り組んでいるのです。WPF入門書で、クラスの継承関係を、章をわざわざとり説明するのは、そのためです。そこが理解できていないと、msdnをはじめ、一部のコードの抜粋
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover