通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
プロだけが知っている! 中古住宅の選び方・買い方 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。bb6028
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

プロだけが知っている! 中古住宅の選び方・買い方 単行本 – 2014/4/18

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,281 ¥ 943

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プロだけが知っている! 中古住宅の選び方・買い方
  • +
  • 買ってはいけない家と土地
  • +
  • 新版 家を買いたくなったら
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

中古住宅市場には「お宝物件」がたくさんある!
お宝物件とは、「価格」以上の「価値」がある物件のこと。
プロローグで紹介している実例のようなお宝物件を見抜き、
購入するためのノウハウを、2000件以上の売買契約を
成立させてきた不動産のプロが徹底解説する。
はじめて中古住宅の購入(検討)にのぞむ方がたどる流れを
意識した章立て(構成)になっているからわかりやすい!

【目次】

プロローグ プロだけが知っている「お宝物件」
――中古市場には「お宝物件」がたくさん眠っている!

第1章 中古住宅を買ってから後悔する理由・ワースト5
●後悔する理由1「住んでみたら欠陥住宅だった! 」
●後悔する理由2「不動産会社やリフォーム会社がいい加減だった! 」
●後悔する理由3「期待していた住環境と違った! 」
●後悔する理由4「リフォームやメンテナンスに費用と時間がかかった! 」
●後悔する理由5「保証・アフターサービスがなかった! 」

第2章 知らないと損する「不動産の価格」のカラクリ
1.中古住宅の建物の価値は築年数だけで判断されている
2.新築物件の資産価値は買った瞬間に2割も下がる
3.できるだけ安く価格設定したい不動産会社
4.不動産会社の仲介手数料は上限が決められている
5.土地の実勢価格は「路線価」から算出する
6.坪単価はあてにならない
7.中古住宅でも「住宅ローン減税」が受けやすくなった
8.中古住宅を個人から買えば「消費税」がかからない
9.物件価格以外に「諸費用」が200万円ほどかかる

第3章 狙える価格帯がわかる「住宅ローン」の仕組み
1.住宅ローンはいくらまで借りられるか
2.頭金はいくら用意すればいいか
3.銀行は物件よりも人物を見ている
4.住宅ローンを借りられない家もある
5.住宅ローン保証料は一括で支払わなくてもいい
6.火災保険の加入が融資の条件になっていることも

第4章 プロを味方につける「不動産会社」選び
1.「売りっぱなし」の不動産会社も多い
2.不動産会社はアフターサービスで選べ!
3.不動産会社を見極める7つのポイント
4.素人の営業担当者が不動産を売っているケースもある
5.不動産会社は大手と中小・地場のどちらがいいか
6.信頼できる営業担当者を見極める7つのポイント
7.歩合給で働く営業担当者もいつ
8.「不動産会社の実力は免許番号を見ればわかる」のウソ
9.売り主と買い主の代理人を兼業する不動産会社は信頼できるか

第5章 磨けば光る「お宝物件」の見つけ方
1.お宝物件は日本全国にある!
2.戸建ては「建物の価値がゼロになりそうな中古物件」を探す
3.マンションは「旧耐震基準か新耐震基準か微妙な物件」を探す
4.「インスペクション」で建物の価値を正確に知る
5.不動産会社のオススメ物件がお宝物件とは限らない
6.「将来的に価値が上がりそうな物件」に目をつける
7.「土地が広い戸建て」に目をつける
8.「変えられることが安さの原因になっている物件」に目をつける
9.「新築物件が多く建っているエリア」に目をつける
10.「わけあり物件」はお宝と言えるのか
11.「再建築不可」の物件はお宝と言えるのか

第6章 ムダな出費を抑える「価格交渉」術
1.売却理由に隠されたヒント
2.「間取り図」でわかる価格交渉の可能性
3.「不動産登記簿」でわかる価格交渉の可能性
4.「解体費用」を値引き交渉の材料に使う
5.価格交渉のベストなタイミングはいつか
6.価格交渉は見学の時から始まっている
7.価格交渉では本気度が問われる
8.住宅ローンの事前審査を終えておくと交渉しやすい

第7章 もれなく「住宅ローン減税」を受ける方法
1.住宅ローン減税の控除額は最大で400万円
2.どんな中古住宅なら住宅ローン減税の対象になるのか
3.安心だけでなく減税もついている「瑕疵保険」
4.増築・リフォームでも受けられる住宅ローン減税

第8章 中古住宅を楽しむ「リフォーム」のイロハ
1.信頼できるリフォーム会社を見つけるためには
2.見積書でわかるリフォーム会社の良しあし
3.リフォームする前にまずやるべきこと
4.リフォームで利用できるローンの選択肢は増えている
5.部位別リフォームの適齢期と費用
6.建築士にリフォームを依頼する本当のメリット

内容(「BOOK」データベースより)

じつは「消費増税」も怖くない!およそ20年にわたり約10万戸にのぼる物件をリサーチし、1万人以上の購入希望者とかかわり、売買契約2000件以上を誇る不動産のプロが、得する中古住宅(お宝物件)の選び方・買い方を徹底解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2014/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023312959
  • ISBN-13: 978-4023312951
  • 発売日: 2014/4/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,757位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
自分は中古住宅購入を検討後に、ネットや他の本などでもそれなりに勉強してからこの本を読んだので、そこまで新しく学んだことはありませんでしたが、仲介業者の思惑や交渉術、購入にあたってかかる諸費用なども網羅してあり、最低限知っておいた方がいいことがしっかり書いてあり、良書だと思いました。
中古住宅購入を検討されていて、まだ何も勉強されていない方は、一読してから交渉にあたると良いと思います。というか、損せずに済むと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「マイホームは、中古の戸建てを買いなさい」と同じ作者の書籍です。
同一作者とのチェックを忘れて「似たようなことが書いてあるなー」と思い、途中で気が付きました。
新しく出版されただけあって、中古住宅を購入する際に気を付けたほうが良いことについて、こちらの本のほうがより詳しく説明されていました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
中古住宅を購入する時、通常買う側からの考え方が優先してしまいがちですが、本書では売る側と買う側の双方の考え方や行動等が事例を用いて詳しく書いてあり、大変参考になりました。
また中古住宅を購入する際のリスクとその対処方法もケースごとに解説されていて勉強になりました。
住宅購入を考える時、今までは新築ありきの考え方でしたが、今後は中古住宅も選択肢として考えてみたいと思いました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
中古住宅購入の入門書のつもりで買いました
要点がしっかり項目ごとにまとまっているので
読みやすく理解しやすかったです
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 サンぐる 投稿日 2016/5/22
形式: 単行本
よくある分かり切った不動産情報をつらつらと書き集めた本よりは若干、有用な情報が含まれている
例えば、プロを味方につける不動産会社選び、不動産価格の交渉の仕方
業界に身を置いている人からすれば誰でも知っている事かもしれませんが、購入者は意外と知らない事実を短時間にすることができるとは思いました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
退職を前にして住宅を購入しました。
住宅の買い替えは3回目ですが、今まではメーカーや業者さんを信じて任せっきりでした。
本書を読んで価値のある中古住宅の見分け方、リスクへの対応のしかたなど良く理解できました。
信頼できる仲介業者さんでしたが、本書の中に書かれている最新の優遇については知らない部分もあり本当に助かりました。
住宅の購入を検討されている方にはおすすめです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
巻頭で、著者が取り引きした実際のマンションと戸建ての事例を用いてお宝物件の説明がされており、わかり易いです。著者はいわゆる中古住宅系書籍の先駆けでもあり、消費者目線での解説がとても親切だと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
住宅を買うなら新築だろうと何も考えていませんでしたが、
この本を通じて中古のメリットデメリットを理解でき、住宅購入の選択肢を増やすことができました。
中古を買うにせよ買わないにせよ、住宅購入を考えている人は目を通して損はないと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本では家を買おうという時、
新築を選択する方がまだ多いのではないでしょうか。
そんなときこの本を読むと衝撃を受けると思います。
無知は罪という言葉もありますが本当のプロだけが知っている
不動産の情報、ぜひ後悔しないためにも大切です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
"かつて、「夢のマイホーム」という言葉がありました。
マイホームすなわち住宅を手に入れるということがゴールであった時代とも言えます。
しかし本来、住宅を手に入れることがゴールなのではなく、
手に入れた住宅で理想とする日々の暮らしを実現することがゴールなのではないでしょうか。
本書が皆さん一人ひとりにとっての理想の暮らし実現の一助となれば幸いです。" (p205)

勝手に家を買う=新築というイメージがありました。
普段、見る広告の多くが新築物件に偏っているおかげだと思います。
本書を読んで、中古住宅市場の魅力を知るに至り、住宅購入の選択肢の幅が大きく広がりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック