中古品
¥ 6
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プレゼンテーションzenデザイン 単行本 – 2010/6/25

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592 ¥ 6

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書は全世界で17カ国語に翻訳され、世界中で10万部以上を売り上げているベストセラー「Presentation Zen」に続く第2弾「Presentation Zen Design 」の邦訳版。

今回はビジュアルコミュニケーションのデザイン全般に重点が置き、スライドデザインの構成要素であるサイズ、配置、色その他の要素とのバランスを慎重に考慮することの必要性や、余白や角度といった要素の持つ聴衆への影響などを、豊富なサンプルとプロフェショナルなアドバイスを交えてわかりやすく解説。前作「Zen」の読者達は、シンプルな禅の思想を視覚的なコミュニケーションと結びつけたガー・レイノルズの新鮮で刺激的な指導スタイルを、この「Zenデザイン」で引き続き楽しめることだろう。

出版社からのコメント

本書は2010年6月に株式会社ピアソン桐原より出版された同名書籍を再出版したものです。 --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: ピアソン桐原 (2010/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894713993
  • ISBN-13: 978-4894713994
  • 発売日: 2010/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 22.8 x 17.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 97,097位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 まず買ってみよ! トップ500レビュアー 投稿日 2012/11/25
形式: 単行本 Amazonで購入
コンサルや企画営業を極めようとしている人にとっては、極めて常識的な書きぶりの
整理なので、納得感のあるものと思います。
コンテンツに苦しみ、メッセージに苦しみ、チャートに苦しみ、グラフに苦しみ抜いて、
さらにこれらをシンプルにすることに心血を注いで、ようやく自分のスタイルを持てた
人が自己診断に使うのがお勧めです。鍛え抜かれたスライドだと自分では思っていても、
まだ鍛えるところはあるはずです。そういう盲点への気付きを得るために使いましょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本は「プレゼンテーションzen」の続編として書かれた本ですが、
要所要所で「プレゼンテーションzen」の復習(または要約)が出てくるので、
前作を読んでいなくても、十分参考になります。

本書はタイトル通り、プレゼンテーションのデザインについて
より実践的な原則や手法などが数多く出てきます。
フォントから始まり、色やグラフ、画像の使い方など細かなことまで詳細に説明されています。
実際に使用されたスライドサンプルの章もあるので、本書の内容を具体的な例を基に確認することができます。
前作に続き、プレゼンの際に非常に重宝している一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
プレゼンはパワーポイントの使い方を修得するだけでは上達しないっていうことがよく分かった、前作『プレゼンテーション Zen』の続編。
今回も、前回と同様のコンセプトの本だけど、よりプレゼンテーションのデザインに特化した内容になっている。
今回も禅の精神を取り入れ、より視覚的に有効なプレゼンテーションのあり方をふんだんに実際のスライドを使って、詳しく説明してくれているのがいい。「余白が大事」とか、口で言われるだけでは分からないことも、いい例、悪い例を並べて比較して説明してくれているので、とても分かりやすい。

著者の考えの基本的なことは、今回も書かれているが、前作に比較すると少ない。まずは、前作で彼の考えを学び、その後でこの本を読むと、理解しやすいだろう。

ただ、この本を読むと自分は落ち込んだ。今まで自分が作ってきたプレゼンの資料がいかに独りよがりでみにくい(見にくい、醜い)ものだったか。内容だけでなく、構図とか色使いといった「型」を学ぶ必要があることを思い知った。でも読んでよかったと思う。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 wave115 VINE メンバー 投稿日 2011/1/9
形式: 単行本
プレゼンテーションzen」の続編でスライドのデザインにフォーカスしたものです.

普段我々が仕事で作るPowerPointの書類とは明らかに違うので,少々ショックを受けます.言いたいことを十分に整理しておかなければ,このような大胆なスライドは作れません.プレゼンの準備は,スライド作りから始めるのではないと言われる理由がよく分かります.

色の使い方や写真と文字の配置方法など詳しく説明されており,プレゼンのスキルアップを考えている方には非常に参考になる本です.是非どうぞ.
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 前作では「幕の内弁当」がいかに美しさと機能をバランスしているかというプレゼンのお手本として紹介されていました。

 そして今回は「和傘」。見かけはシンプル。でもその構造は複雑。この複雑さとシンプルさのバランスがプレゼンに求めるべきものとあります。

 日本文化をうまくプレゼンの求める要素として解説されており、理解をより深めさせてくれます。

 ビジネスで求められるプレゼンの内容は技術的に難しいものがほとんど。自制心をもって資料作成に取り組まないと、気づけばぐちゃぐちゃした余白のない資料になってしまいます。

 「複雑な内容ほど、シンプルに表現し、伝えること。」

 プレゼンは自らの考えを伝えることではありません。相手に伝わった結果、相手が行動してくれること。

 これがプレゼンの求める成果のはず。

 シンプルを具現化することって実は高い技術が必要です。それをデザイン、色彩、タイポグラフィなど、細かい要素に入り込んで解説していることによって、その具現化を助けてくれます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー