この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ワイルド・チェリー ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (1999/8/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: エピックレコードジャパン
  • 収録時間: 33 分
  • ASIN: B00005G4A5
  • EAN: 4988010780128
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 81,353位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック
  2. ザ・レディ・ウォンツ・ユア・マネー
  3. 991/2
  4. ドント・ゴー・ニア・ザ・ウォーター
  5. ノーウェア・トゥ・ラン
  6. アイ・フィール・サンクティファイド
  7. ホールド・オン
  8. ゲット・イット・アップ
  9. ホワット・イン・ザ・ファンク

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

MDウォークマンのTV・CFに使われるなど再び話題を呼んだ強烈なファンク・チューン「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」を収録したワイルド・チェリーの1作目。これが白人による演奏とは驚きの黒っぽさ。いわば元祖ブルー・アイド・ファンクだ。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 LED LEPP トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/7/28
形式: CD
 1976年、WILD CHERRYの1stアルバムです。

 WILD CHERRYは、アメリカのFunkバンドで、当時のメンバーは、
Robert Parissi (Vo, G), Allen Wentz (B, Key), Ronald Beitle (Dr), Bryan Bassett (G)。。。の4人。

 Funkバンドなのですが、メンバーは白人!?
 サラッと聴いた感じは、普通にFunkバンドで、黒人系のように聴こえるのですが、
よくよく聴くと、声は白人ですし、ギターソロがあったり。。。結構Rockの要素も入ってます。(笑)

 (1) "Play that Funky Music"は、Funkの名曲です。
 でも、この曲は、結構Rockっぽいところもあり、Voがソウルフル。
 後にTHUNDERがカバーするのも、何となく納得できます。
(知らない方は、一応、検索・試聴を。。。昔、MDウォークマンのCMで流れてましたよね? )

 他、DOOBIEとEAGLES "Life in the Fast Lane"が合体したような(4)、THE COMMODORESで有名な強烈なFunkチューン(6)
ソウル・バラード(7
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 (1)のヒットで知られるワイルド・チェリーのデビュー盤。(1)のインパクトがあまりにも強く、いわゆる「一発屋」扱いをされがちな彼らですが、なかなか気合の入った芯のあるファンク・ディスコアルバムになっています。骨太なリズムセクション+ファンキーなギターにパワフルなヴォーカルが乗り、いやがおうでも乗せられるサウンド。ライブ活動で鍛えられたと思われる力量を感じさせて、もっとアルバムやライブが聞きたくなる出来です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ryo 投稿日 2007/5/17
形式: CD
このドエロでカッコいいジャケだけでファンキーな血潮がたぎるというものですが、実はブルーアイドバンド。

ソウルフルなシャウトとPっぽい音使いがこの上なくファンキーですが、何となく拍子の取り方や進行なんかにロックっぽい要素も感じられます。それより、ボーカルもよく聴くと白人声ですが。。

ダンクラのド定番、Play That Funky Musicももちろん収録のゴールド・ディスク認定盤。

ストーンズに飽きちゃった人、カラッとしたファンクが聴きたい人、オススメですよ!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/12/13
形式: CD
タイトル曲が色んなところで最近使われてるのでちょと有名になったのかな?でも発売されたのは、'76年です。まあファンクというよりは、コテコテのディスコといたほうがいいみたいで、それがまたカッコいいんですが。バンドとしては、英国のバンドで、曲によっては、Jeff Beckなんかを連想させるものもあります。「プレイザット~」は、その後サンダーなんかもカヴァーしたりしてます。70年代のなんでもありありの時代に一瞬輝いたロックバンドの一つだったんじゃないでしょうか?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ホール&オーツとかいっしょにブルーアイドソウルのジャンルに区別されている一枚ですが、全然違います。

ブラックな感じは出してますが、タイトルソングの歌詞の通り「白人ロッカーが黒人受けする曲を作った」一枚です。ばりばりのロック感はZZ topとかにも十分似てるんですが・・・

これはこれで白人ロッカーによる黒人音楽へのオマージュとして一分野になるのでは。。。ギターもボーカルもウマイし、お買い得の一枚だと思います。この一枚の出来が良すぎで、以降消えてしまったのが可哀想なぐらい。。。

でもねぇ、、、

「これが白人による演奏とは驚きの黒っぽさ。いわば元祖ブルー・アイド・ファンクだ。」

このライナーズノートにはびっくり。歌詞は白人そのもの。演奏だって、ロックがベース。どう聞けば「白人による演奏」と驚けるのか?

よほど英語が出来ない人なのだろう。。。お可哀想に。。。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック