通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
プレイヤーはどこへ行くのか――デジタルゲームへの批... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【美品】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 使用感・イタミ等なく、非常に良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

 全てをチェック
何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


プレイヤーはどこへ行くのか――デジタルゲームへの批評的接近 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/15

5つ星のうち4.5 2個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥2,750
¥2,750 ¥1,734
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • プレイヤーはどこへ行くのか――デジタルゲームへの批評的接近
  • +
  • ビデオゲームの美学
  • +
  • ゲームする人類―新しいゲーム学の射程 (La science sauvage de poche)
総額: ¥8,470
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

デジタルゲームというメディア固有の体験は我々の世界観をどのように変えるものなのか。物語や表現を分析する従来の批評の枠組みだけでは、ゲームとは何かを論じることは容易ではない。インタラクティブ性に代表されるゲームの特質を解読するため、これまでにない視点を開拓した新時代の評論集。

目次
はじめに ゲームと現在/竹本竜都

第一部 ゲームとシステム
壁でできた世界―「死にゲー」からみるデジタルゲームの難易度論/竹本竜都
バトル・ロイヤル形式が抱えているルール上の問題点とその解決法について/藤田祥平
自律する〈増分〉と〈育成〉のゲーム―放置ゲーム論/北川瞳
反転する原作―ゲーム化論/藤井義允
「ゲームとシステム」を考えるための更なるキーワード――MOBA/MMO/Co‒op/非対称マルチプレイ/ブロックチェーンゲーム/サンドボックス/環境ストーリーテリング/ハクスラ

第二部 ゲームと身体
リアリティ・ミルフィーユに遍在するVTuberたち―複数キャラクター同時プレイ論/宮本道人
21世紀版「もの」への問い―「艦これ」と「FGO」を通して/小森健太朗
デジタルゲームのむなしさと人生のむなしさ/草野原々
記憶に触れること―『PRY』とタッチスクリーンの詩学/冨塚亮平
「ゲームと身体」を考えるための更なるキーワード――HAI/ハプティクス/QTE/Noob/e-sports元年/RTA/biimシステム/Twitch Plays

第三部 ゲームと社会
ディズニーツムツムとこれからのメディアミックス/蔓葉信博
「規則」と「約束」―『ストレンジャー・シングス』とゲーム/冨塚亮平
パチンコのゲーム性の変遷―演出・ボタン・規制/西貝怜
不幸な未来も「ゲーム」が作るのか?―「ゲーム」と「政治」に関する批判的ノート/藤田直哉
「ゲームと社会」を考えるための更なるキーワード――VACBAN/ゲハ戦争/スワッティング/SJW/DLC/P2W/ルートボックス/詫び石

第四部 ゲームとゲーム
「カウンターゲーミング」と「メタフィクション」―批判的ゲームの可能性/藤田直哉
作品を乗っとる勲章―デジタルゲームの【実績】論/北川瞳
ModderはCODEと戯れる―ゲームのアーキテクチャとMOD論/竹本竜都
叙事的ゲームのインターフェース―そのボタンは有機的タイムマシンを起動する/宮本道人
「ゲームとゲーム」を考えるための更なるキーワード――セカンドパーティ/ビッグインディー/ゲームジャム/創発的ゲームプレイ/トップメタ/リセマラ/ナーフ/ルドナラティブ・ディゾナンス

おわりに ゲームと批評/宮本道人

内容(「BOOK」データベースより)

2010年代ゲーム批評の結節点。

著者について

著者略歴

竹本竜都─たけもと・りゅうと
一九八八年生まれ。テレビドラマ・映画助監督。インターネットサーファー・ネットカルチャーウォッチャー。フリーランスの立場を利用し、一年の半分ほど働かずに日々インターネットとゲームに勤しんでいる。学問的・専門的バックグラウンド:特になし。主な寄稿先に「ユリイカ」「ジャーロ」等。好きなゲームは『Wolfenstein:Enemy Territory』。Twitter:@17noobies

宮本道人─みやもと・どうじん
一九八九年生まれ。科学文化評論家。東大物理学専攻博士課程、リサーチアシスタント。変人類学研究所(学芸大×NPOこども未来研×QA社) 主任研究員。STS NetworkJapan 代表。JST RISTEX HITE「想像力のアップデート:人工知能のデザインフィクション」研究開発実施者。神経科学を研究しながら、新しい学問の形を提案すべく執筆活動。著書に『フィールド写真術』(分担執筆、古今書院)など。主な寄稿先に「ユリイカ」「週刊読書人」。漫画・舞台作品にも協力。好きなゲームは『ドラクエ6』。Twitter:@dohjinia

北川瞳─きたがわ・ひとみ
一九九一年生まれ。近畿大学大学院総合文化研究科修士課程修了。日本のデジタルゲーム作品だけではなく、デジタルゲームを取り巻く文化を中心としたゲーム文化やポップカルチャーについて研究を行っている。修士論文のテーマは『日本のデジタルゲーム文化における通信機能の目的とその変遷』。好きなゲームは『真・女神転生』シリーズ、『大神』、『Dishonored』など。Twitter:@Cetacea_song

草野原々─くさの・げんげん
一九九〇年生まれ。SF作家。北海道大学理学院在学中。著書に『最後にして最初のアイドル』(早川書房刊)。好きなゲームは特になし。Twitter:@e_Gen_Gen

小森健太朗─こもり・けんたろう
一九六五年生まれ。東京大学文学部哲学科卒、同教育学部大学院修士修了、博士課程単位取得満期退学。二〇一八年はひさしぶりの小説『中相撲殺人事件』刊行。ミステリ評論書『探偵小説の論理学』『英文学の地下水脈』翻訳書『人の子イエス』『スパイダー・ワールド』などがある。好きなゲームはブロック崩し、スーファミ時代の「スーパーロボット大戦」。Twitter:@komorikentarou

蔓葉信博─つるば・のぶひろ
一九七五年東京生まれ。ミステリ批評家。「本格ミステリ・ベスト10」「ユリイカ」「ジャーロ」などに本格ミステリに関する評論を多数寄稿。またデザイン事務所、広告代理店を経て、現在Webシステム会社にてプロデューサーとして働く。好きなゲームは『ロードモバイル』、『クラッシュ・オブ・クラン』。Twitter:@tsuruba

冨塚亮平─とみづか・りょうへい
一九八五年生まれ。米文学/文化研究。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程在学中。近年の主な論考に「「美しい敵」としての友―エマソン「友情」における対話と「距離の詩学」」(『アメリカ文学』第七九号、二〇一八年)、「映画を見に行く普通の男―ドン・デリーロ「もの食わぬ人」と9.11」(『藝文研究』第一一四号、二〇一八年)、「『寝ても覚めても』の方法」(『ユリイカ』二〇一八年九月号)など。その他『三田文学』、『図書新聞』などに寄稿。 好きなゲームは『キャプテン翼5』。Twitter: @akuzimot

西貝怜─にしがい・さとし
一九八四年東京生まれ。白百合女子大学言語・文学研究センター研究員。専門は近現代日本文学、生命倫理学。近年の主な論文に「記憶の選択的消去の倫理的問題を記憶再生技術とともに考える」『文明研究』第36号(2018)、「筒井康隆『七瀬ふたたび』論」『近代文学合同研究会論集』第14号(2017)など。好きなゲームは『テイルズオブデスティニー2』『ブレスオブファイアV』。Twitter:@possible_world

藤井義允─ふじい・よしのぶ
一九九一年生まれ。文芸評論家。円城塔論、石原慎太郎論、中村文則論など文芸を軸に各媒体に論稿を寄稿している。また、他に3DCGアニメ論や本論などのように各メディアの混交に関して興味がある。寄稿先に「ジャーロ」「図書新聞」「すばる」などがある。好きなゲームは『魔法使いの夜』。

藤田直哉─ふじた・なおや
一九八三年生まれ。早稲田大学第一文学部、東京工業大学社会理工学研究科価値システム専攻後期博士課程修了。博士(学術)。単著に『虚構内存在』『シン・ゴジラ論』『新世紀ゾンビ論』『娯楽としての炎上』などがある。好きなゲームはメタルギア。Twitter:@naoya_fujita

藤田祥平─ふじた・しょうへい
一九九一年生まれ。京都造形芸術大学文芸表現学科卒。IGN Japan、ユリイカ、現代ビジネス等で、ライターとして活動。単著に『電遊奇譚』『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』。好きなゲームは『Cyberpunk 2077』。Twitter:@rollstone

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

竹本/竜都
1988年生まれ。テレビドラマ・映画助監督。インターネットサーファー・ネットカルチャーウォッチャー

宮本/道人
1989年生まれ。科学文化評論家。東大物理学専攻博士課程、リサーチアシスタント。変人類学研究所(学芸大×NPOこども未来研×QA社)主任研究員。STS Network Japan代表。JST RISTEX HITE「想像力のアップデート:人工知能のデザインフィクション」研究開発実施者。神経科学を研究しながら、新しい学問の形を提案すべく執筆活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 328ページ
  • 出版社: 南雲堂 (2018/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 452326581X
  • ISBN-13: 978-4523265818
  • 発売日: 2018/12/15
  • 商品の寸法: 18.8 x 13 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 424,501位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
評価の数 2
星5つ
49%
星4つ
51%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2018年12月17日
形式: 単行本(ソフトカバー)
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年7月10日
形式: 単行本(ソフトカバー)
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告