お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】レンタル中古品でしたが、 新品のケースに交換済です。 内容は、新品ケース1枚、DVD1枚119分+映像特典です。 (内容物は写真でも確認できます) 【ディスクについて】 再生に問題はありません。 レンタル中古品の為、 多少のキズや、ディスク、ジャケットに管理シールが貼って有ります。 【発送について】 AMAZON配送センター管理の為 品切れがなく、防水包装などをしてすぐに発送します! (注文完了後、通常24時間以内) コンビニ受け取りも対応しています。 【支払いについて】 代金引換、お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いも可能です。 【プレゼント対応】 ギフト包装、ギフトメッセージにも対応しています。 【お問合せ】 万が一、違う商品が届いたり、商品の不具合や、 シーン途中でフリーズ等ございましたら、 取引完了の評価をされる前に、注文履歴→出品者に連絡する、から、 当店に状態などをご連絡ください。 迅速にメールにて折り返しのご連絡をさせていただきます。 内容を確認次第、商品の交換、返品、返金などの対応をさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション

5つ星のうち 2.7 88件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,660 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 444 (11%)
通常7~9日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 2,115より 中古品の出品:10¥ 633より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でプリンセス トヨトミを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション
  • +
  • 鴨川ホルモー [DVD]
  • +
  • 偉大なる、しゅららぼん スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥10,323
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 堤真一, 綾瀬はるか, 岡田将生, 中井貴一, 沢木ルカ
  • 監督: 鈴木雅之
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2011/11/16
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 88件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005GO56ZY
  • JAN: 4988632503037
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 38,614位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気作家・万城目学によるベストセラー小説を堤真一、綾瀬はるから豪華キャスト共演で映画化した奇想天外なミステリー。東京から大阪を訪れた調査機関・会計検査院の面々が、400年間“あるもの”を守り続けてきた人々と攻防を繰り広げる。

内容(「Oricon」データベースより)

人気作家・万城目学のベストセラー小説を映画化!七月八日の金曜日、午後四時。大阪が全停止した。通常の街としての営業活動、商業活動は停止。公共機関も運転をやめた。種々の非合法活動すら、この世から存在を消した。四百年に渡って封印されてきた扉を開ける重要な“鍵”となったのは、東京からやって来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。DVDスタンダード・エディション。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
小説ではトンデモ系ファンタジーとでも言うべき万城目節も、
現実の映像として提示されてしまうとあり得なさ加減の連続と化してしまう悪い例か。

とにかく小学生レベルで見ても穴が多過ぎるストーリーはご覧のとおり。
役者は誠実さを感じるレベルなので、むしろ刈り込まれて失われたディテールが残念。
天才ツツイの畢生の名作「熊の木本線」などを引き合いに出すまでもなく、
原作そのものの弱点は明らかで、大幅な改変なくして映画化したこと自体が驚きだった。

しかし綾瀬の魅力的な表情や、論理を超えて胸に迫る中井の演技、
原作がアテ書きしたかの如き堤のハマリ具合などの美点に触れずに置くのは惜しい!

綾瀬出演作中ダントツの最低作「インシテミル」に続く残念な一本。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
レビューでは酷評が多い本作ですが、評価の高いドラマ鹿男あをによしと同じスタッフによる作品です、世界観も一部共有しており頻発する地震の話や、大阪女学館の南場勇三が同じ役で登場します、なにより綾瀬はるかはまるで藤原くんで、玉木宏もちょい役ですが登場します、鹿男あをによしファンにはお勧めします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
前半の壮大な仕掛けはそこそこ楽しめたのだが、それは無責任でテキトーなシナリオが成せるデタラメだった。
だって「大阪全停止」っていうけど、中井貴一さん演じる大阪国総理大臣・真田の説明によれば決起したのは40代以上の男たちが中心なわけで、大阪の街から女性や子ども、30代までの若い男たちが消えるいわれがない。
まして、綾瀬はるか嬢演じる鳥居忠子が駆け回った繁華街には多くの観光客がいるはずで、どう解釈したって大阪の街が無人になるのはおかしい。
まあ、じゃあいいよ、そこは目を瞑るとして車道の真ん中にスクーターなんかが乗り捨てられているってどういうこと?
決起した大阪国民は先を急いでいるんだろうから、行けるとこまでスクーターで行けばいいじゃん。電車移動するにしたって、駅まではスクーターで行くでしょ。なんせ急いでいるんだからさ。
脚本家も監督も自分が何をしているのか分かってないんじゃなかろうか。
で「このことは誰も知らない」って、知らないわけねーだろっ!
あと、大阪国が決起する理由がくだらなすぎる。鳥居がプリンセスを保護しただけなのに、それを大阪国が堤真一さん演じる松平の計画的拉致だと勘違いするってさ。
鳥居がケータイ落として連絡取れないっていってもさ、松平はなんでホテルに電話しないわけ?
鳥居も鳥居で集合
...続きを読む ›
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この大きな仕掛けに、なんとシンプルに物語を作り上げたのだろう。
豊臣の子孫がいる。
そして、その子孫の プリンセスがいるのだ。
という テーマに 軸は 動いていかない。
お好み焼き屋の 親父(中井貴一)が 真田の子孫である。
会計監査院の 堤真一 岡田将生 綾瀬はるかが大阪に 調査に行くのである。
大阪には 大阪の文化があり それが盛りだくさんなのである。
そこで、堤真一は 違和感を感じる。
それが、何なのかわからないが 大阪城が 赤く燃えるのだ。
堤真一のとぼけた顔は 何とも言えない。
それに、滅多に笑ったことがないと言う。
綾瀬はるかは 何かを感じて プリンセスに 近づいていく。
その直感の理由を本人はしらない。
岡田将生は何かがありそうで、何でもない。
ふーむ。この男が 鍵を握りそうで 握れない。
結末も 単純で。あれあれ。でおわる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
政府から大阪に派遣された会計監査院の三人(堤真一、綾瀬はるか、岡田将生)が、監査のいっかんとして訪れたのが謎の組織「OJO」(大阪城を管理するとかいう名目の社団法人)。

ボロい建物の小さな組織で一見なんの問題もないように見えたが、調べているうちに考えられないような大阪の事実に直面する...といったお話。

小和田 哲男氏の「豊臣秀吉」を読んだ直後にこの映画を見たので、21世紀の太閤伝説について感慨深いものがあったが、大阪在住で大阪を何よりも愛する男として真っ先に感じたのが、大阪独立国家と言ってる割には、たかが会計監査院の副長(堤真一)相手になにやっとんねん、と。

仮にも江戸時代は日本一の商業都市、明治大正時代は世界のトップクラスの大都市が独立国家を名乗るのは別に100%ありえない話ではない。ただ独立国家になるということがどういう意味をなすかということについて少なくともこの映画作品(原作は読んでないから知らないが)はつめが甘すぎる。しかも、王女?君主政治にするつもり?太閤秀吉さんは王でも将軍でもなく関白です。

しかも秀吉は大阪の主ではなく全国制覇し朝鮮まで侵略した人物で、果たしてどれだけ大阪のことを愛していたかは疑問。それにしては大阪人は太閤秀吉さんがすきやねー。

秀吉軍の旗に
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー