プリンセス トヨトミ Blu-rayプレミアム・エ... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 付属品は全て揃っています。 ケース破損あり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,514
通常配送無料 詳細
発売元: OKU_SHOP
カートに入れる
¥ 5,514
通常配送無料 詳細
発売元: thank Fuji
カートに入れる
¥ 5,514
通常配送無料 詳細
発売元: 家電ショップ ★New Style★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プリンセス トヨトミ Blu-rayプレミアム・エディション [Blu-ray]

5つ星のうち 2.7 86件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,128
価格: ¥ 5,514 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,614 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 4,730より 中古品の出品:13¥ 1,154より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でプリンセス トヨトミを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • プリンセス トヨトミ Blu-rayプレミアム・エディション [Blu-ray]
  • +
  • 偉大なる、しゅららぼん プレミアム・エディション [Blu-ray]
総額: ¥11,194
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 堤真一, 綾瀬はるか, 岡田将生, 中井貴一, 沢木ルカ
  • 監督: 鈴木雅之
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2011/11/16
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 86件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005GO56Z4
  • EAN: 4988632503068
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 85,573位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

万城目学原作による同名ベストセラー小説を豪華キャスト共演で映画化したミステリー。国の予算が正しく使われているか調べるために大阪を訪れた会計検査院の調査官たちが、歴史を揺るがす驚愕の真実を目の当たりにする。特典DVD付きの2枚組。

内容(「Oricon」データベースより)

人気作家・万城目学のベストセラー小説を映画化!七月八日の金曜日、午後四時。大阪が全停止した。通常の街としての営業活動、商業活動は停止。公共機関も運転をやめた。種々の非合法活動すら、この世から存在を消した。四百年に渡って封印されてきた扉を開ける重要な“鍵”となったのは、東京からやって来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。BDプレミアム・エディション。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
小説ではトンデモ系ファンタジーとでも言うべき万城目節も、
現実の映像として提示されてしまうとあり得なさ加減の連続と化してしまう悪い例か。

とにかく小学生レベルで見ても穴が多過ぎるストーリーはご覧のとおり。
役者は誠実さを感じるレベルなので、むしろ刈り込まれて失われたディテールが残念。
天才ツツイの畢生の名作「熊の木本線」などを引き合いに出すまでもなく、
原作そのものの弱点は明らかで、大幅な改変なくして映画化したこと自体が驚きだった。

しかし綾瀬の魅力的な表情や、論理を超えて胸に迫る中井の演技、
原作がアテ書きしたかの如き堤のハマリ具合などの美点に触れずに置くのは惜しい!

綾瀬出演作中ダントツの最低作「インシテミル」に続く残念な一本。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
TVスポットで面白そうだと思い、何の前知識もなく鑑賞しました。
冒頭の誰もいない大阪を走る綾瀬はるかのシーンから、大阪夏の陣のシーンに移っていくのを見て、壮大なSF映画なんだと思いながら、前半は40分はどうなるのかと結構わくわくして見れました。
しかし、中井貴一が堤真一にプリンセストヨトミの秘密をあっさりバラすシーンがあって、あとの一時間はどうするの?と心配になりましたが、案の定、以降のシーンは、「ありえねー」と思うエピソードの連続で、全くストーリーに共感できずエンドロールを向かえてしまいました。
大阪の町が空っぽになるシーンで、空堀町界隈が無人になるのは目をつぶるとして、梅田駅前が無人になるほどの非常事態が起こった原因がお粗末過ぎます。
冒頭シーンでSF的なすごいことが起こると勘違いしただけに、落差は大きく、この時点ですっかり興ざめしてしまいました。
疑問点は数多くありますが、大きなものとしては、
※大阪には生粋の大阪人しか住んでないし、梅田には男親と死別した男性しか働いていないのでしょうか?
※外国人を含む観光客や、大阪以外のメディアは何をしているのでしょう。
さらに言うと、大阪の機能が停止するくらいの動員力がある割りに、普通にホテルにいる綾瀬はるかとプリンセスの居場所が判らず、また探す努力もせず、
...続きを読む ›
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
前半の壮大な仕掛けはそこそこ楽しめたのだが、それは無責任でテキトーなシナリオが成せるデタラメだった。
だって「大阪全停止」っていうけど、中井貴一さん演じる大阪国総理大臣・真田の説明によれば決起したのは40代以上の男たちが中心なわけで、大阪の街から女性や子ども、30代までの若い男たちが消えるいわれがない。
まして、綾瀬はるか嬢演じる鳥居忠子が駆け回った繁華街には多くの観光客がいるはずで、どう解釈したって大阪の街が無人になるのはおかしい。
まあ、じゃあいいよ、そこは目を瞑るとして車道の真ん中にスクーターなんかが乗り捨てられているってどういうこと?
決起した大阪国民は先を急いでいるんだろうから、行けるとこまでスクーターで行けばいいじゃん。電車移動するにしたって、駅まではスクーターで行くでしょ。なんせ急いでいるんだからさ。
脚本家も監督も自分が何をしているのか分かってないんじゃなかろうか。
で「このことは誰も知らない」って、知らないわけねーだろっ!
あと、大阪国が決起する理由がくだらなすぎる。鳥居がプリンセスを保護しただけなのに、それを大阪国が堤真一さん演じる松平の計画的拉致だと勘違いするってさ。
鳥居がケータイ落として連絡取れないっていってもさ、松平はなんでホテルに電話しないわけ?
鳥居も鳥居で集合
...続きを読む ›
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
宣伝とのギャップをふくめると最低の映画!細かい評論ぬきにして、単純に「つまらない!!!」何ですかこれ?呆れてものもいえませんは!星マイナス5です。この原作者も最低。ただ奇抜な、他の人がやらないものを盲目的に模索してるだけ!それに飛びつくネタ切れの大手マスコミ!最悪です。新しいから…誰もやってないから…と言ってもご飯にコーヒーと苺ジャムのメニューが良いと思いますか?要は誰もやってないから凄いというわけではないのです!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yet 投稿日 2012/5/5
形式: DVD
原作は読んでいません。手に取った瞬間から全く期待はしていませんでしたが、堤真一主演だったので一応見てみました。結果、想像通りのつまらなさでした。二番煎じ臭しか感じないシナリオ、感動を誘おうとする思惑が透けて見える演出、予想通りの結末等々、どれを挙げてもげんなりするような要素しか見つかりません。終盤、会計検査院の調査官として重責を担っているにもかかわらず、父子間のちっぽけな感情に振り回されて不正な会計を見逃す浅はかさには、うんざりしました(ここが佳境なんだろうけど)。何が面白いんですか、この映画。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック