プリンセス トヨトミ Blu-rayスタンダード・... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 エンタループ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご覧いただき、ありがとうございます。 Amazonからの発送となります。 若干の擦れや細かな痛みはありますが、非常に状態のいい商品です。 あくまで中古商品になりますので、その旨理解いただけると幸いです。 宜しくお願い致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: ドットコム家電&ホビー
カートに入れる
¥ 4,200
通常配送無料 詳細
発売元: ジェネレイト
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プリンセス トヨトミ Blu-rayスタンダード・エディション [Blu-ray]

5つ星のうち 2.5 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,050 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,026 (40%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、コラージュショップ[クリックで商品見れます]が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 堤真一, 綾瀬はるか, 岡田将生, 中井貴一, 沢木ルカ
  • 監督: 鈴木雅之
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2011/11/16
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005GO56ZO
  • JAN: 4988632503044
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 104,976位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気作家・万城目学によるベストセラー小説を堤真一、綾瀬はるから豪華キャスト共演で映画化した奇想天外なミステリー。東京から大阪を訪れた調査機関・会計検査院の面々が、400年間“あるもの”を守り続けてきた人々と攻防を繰り広げる。

内容(「Oricon」データベースより)

人気作家・万城目学のベストセラー小説を映画化!七月八日の金曜日、午後四時。大阪が全停止した。通常の街としての営業活動、商業活動は停止。公共機関も運転をやめた。種々の非合法活動すら、この世から存在を消した。四百年に渡って封印されてきた扉を開ける重要な“鍵”となったのは、東京からやって来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。BDスタンダード・エディション。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
 職場(会計検査院、駅でいうと霞が関と虎ノ門の間)から新幹線に乗って大阪出張するために、どっから地下鉄に乗ったのか東京メトロの霞が関駅から地上に出て日比谷を有楽町方面まで歩いていく登場人物達。(彼らは真夏に霞が関から東京駅までスーツケース引き摺って歩いていったのである!)大阪のロケ地にしても、大阪城公園の近くからヒロインが走り出して、道頓堀やら黒門市場やら空堀商店街やらジャンジャン横丁やら、物凄い距離を行ったり来たりしながら縦横無尽に走り回る。(大阪はそんなに狭くないよ!)ステレオタイプな土地情報を絵に撮り込むことを優先させたが故の、この無茶苦茶な演出が大変気になった。このあたりのインスタントさが、TV畑の製作陣らしいというか…。

 「独立国大阪」というバカバカしい設定は、日本でこの街でしか成立しないが故に、この設定はアリである。が、しかし。原作でも避けられた、メディアにとって分かりやすい「コテコテの大阪」しか不要だと言われてるような露骨な演出には、大阪への愛を感じなかった。この点が最も気に食わない点である。(ストーリーや設定に関する矛盾や弱点は原作の問題なのでここでは書かない。僕が減点した理由は原作の問題も含めてではあるんだが。)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
奥の深い歴史ミステリーを期待していましたが大いに裏切られました。
設定が100年前だったらなんとか成り立つストーリーだと思いました。
わざわざ映画化するようなストーリーではないです。
予告編を越えられない典型的なダメ日本映画です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 FAB4 投稿日 2012/5/22
形式: Blu-ray
内容のひどさは他の方が書いてる通り。
見どころは、あのくらいのおっぱいは
ああいうふうに揺れるんだな、という
発見と楽しみ。
あそこだけで、もう一回見ようと
思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 わいじょん トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/11/21
形式: Blu-ray
フジテレビ製作でテレビ出身の監督さんと聞きますので、これで正解なんだと言われればそうなんでしょうが・・・。いくらスケールが大きくても完全にテレビサイズの内容でしたね。くどいくらいわかりやすすぎる!そりゃ私もDVDで家で映画を初見することが増えましたが(映画館にマナーの悪い客が増えすぎたせいですが、それは関係ないのでおいといて)それでも映画は暗闇の中で必死にじっくり見るというのが基本的だと思ってます。だから家族と喋ったり、用事をしながらでも内容についていけるテレビドラマとは別物なんだと思いますが、偏見もあるかも知れませんがどうもテレビ会社制作の映画ってそうゆうスタンスで作られているようなものが多いような気がします。この映画については、題材や演出のセンスやスケールの大きさが良かっただけにかえって私には歯がゆい気がしました。テーマが父と息子の親子愛というのは良くわかりますが、例えばそれは堤真一の回想シーンが中盤にワンカットすっと入ったあれだけで十分ラストまでいきてくるでしょう。真剣に映画を見てると、そういうのが最後の感動に効いてくるんですよねぇ。それが何度も何度も同じ回想をくりかえして、最後には台詞でまでベタに説明をしている。折角センスのいい中盤のワンカットが台無しです。別に客のレベルをバカにしているのではないのでしょうけど、集中力のない観客でも誰にでも最後までわかりやすくということなん...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
壮大なミステリィの始まりを予感させる冒頭から一変し、本編自体は意外とコンパクトな仕上がりでした。

ダヴィンチ'コードのように、歴史の裏側に隠された真実を求める探検型(アドベンチャー)映画のような展開ですが、希薄なコメディシーンを随所に入れた結果、肝心のミステリィ自体も薄っぺらくなってしまったように思います。特に中盤までは退屈でした。

堤真一、綾瀬はるか、岡田将生と言った、人気俳優を起用しているのに、地味になってしまったのが残念。それでも、名脇役と言われる俳優をピンポイントで起用するセンスはなかなかです。気になった方は是非。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 F 投稿日 2012/5/15
形式: Blu-ray
フジテレビの土曜プレミアムで見ました。

公開当時の噂通り 駆け回る綾瀬はるか のおっぱいが、ゆっさゆっさボインボイ〜ンと揺れるのは素晴らしかったです。

プリンセスこと沢木ルカちゃんは、上野樹里と共演したWOWOWの短編映画で知りました。10代の内田有紀を彷彿とさせる美少年のような美少女で、これからの将来も楽しみです。

女子中学生の役でセーラー服姿のルカちゃんを、この映画を通じて楽しめるのは幸いな事です。

願わくば大阪の街に暮らす茶子の物語を、ずっと見ていたい欲求に駆られました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー