¥ 2,376
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身に... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則 単行本 – 2016/3/23

5つ星のうち 4.4 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,881
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プリンシプル オブ プログラミング3年目までに身につけたい一生役立つ101の原理原則
  • +
  • リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
  • +
  • コーディングを支える技術 ~成り立ちから学ぶプログラミング作法 (WEB+DB PRESS plus)
総額: ¥7,636
ポイントの合計: 229pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

KISS、ドッグフーディング、ブルックスの法則……
古今東西の達人たちの知恵を厳選してこの一冊に凝縮!
質の高い(バグが少なく、メンテナンス性が高い)プログラミングをするための、一生使える原理原則を、「なぜそうなるのか」「どうやって使えばいいのか」やさしく解説。脱・初心者を目指す入社3年目までのプログラマーのステップアップに最適のガイドブックです。

内容(「BOOK」データベースより)

めざせ、脱・初心者。古今東西の達人たちの知恵を、一冊に凝縮してやさしく解説した、プログラマ必携の書!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 秀和システム (2016/3/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798046140
  • ISBN-13: 978-4798046143
  • 発売日: 2016/3/23
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,505位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
まず対象読者は、以下であると考えています。
1. プログラムの文法を理解したが、どのように書いてよいかわからない初心者
2. 出典元の書籍をある程度読んだことがあり、それらを実践に適用を試みた経験がある人

まず1の初心者の方は、恐らく書籍に記載されている原則を読んでも具体的なコードをイメージができないと思います。それでも1度これらの抽象的な概念を頭の片隅に置いて、書籍で記載されていた内容はつまりどういうことなのか?ということを考えながらコーディングするとスキルが伸びていくでしょう。また特に気になった点は時間をかけてもよいので出典元を読んでみてください。
つまり名著の索引としても大変有用であると言えます。

また2の経験者の方は、「既に出典元を読んだことがあるにもかかわらず、書籍を読む価値があるのか?」と思われるかと思いますが充分にあります。

まず経験者の方は、これらを現場で実践していくには、原則の有用性をチームメンバーに言語化して伝えなければいけません。
その際、今迄は自分で出典元の要点を簡潔にまとめるか、メンバーに出典元を読んでもらわなければいけませんでしたが、モチベーションが高いチームでない限り後者は大変難しいでしょう。
この書籍は、その際の手助けをしてくれます。こ
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るかに トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/2/16
形式: 単行本
良いプログラマが、名著や実務経験から獲得し実践している知識をカタログ化した内容。
個々の原理原則について、コンパクトにまとまってあります。

 ・それが「どういうこと」で「どうして」必要か?
 ・「どうすれば」それが実践でき、「発展」させることが出来るのか?
 ・より詳細に学ぶための出典書籍や参考書籍

内容が浅いというレビューも散見されますが、
出典や参考の書籍が示されているので、詳細を知りたければそちらを当たればいいでしょう。
一冊300ページ程度の書籍が、原理原則のインデックスとして機能していることは、大きな価値です。

学生や新人のプログラマが経験を補うために読むにしろ、
ある程度のベテランが抜け漏れを確認するために読むにしろ、おすすめです。
机の上の、いつでも手の届くところに置いておくと重宝するでしょう。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本の最大の特徴は、大量の出典や関連書籍が、巻末にまとまってるのではなく、各項目それぞれに書いてあることです。例えば「アジャイルソフトウェア開発の奥義」とか「プログラマが知るべき97のこと」「オブジェクト指向のこころ」「達人プログラマー」などなど、IT分野で名著と言われている書籍が多数上げられています。著者は技術書だけで800冊以上読んだそうなので、その中から選ばれた名著のエッセンスを抽出してまとめていて、大変お得感があります。本来ならこれらの関連書籍を全部読めば勉強になるのですが、初心者がゼロから読み始めたら何年もかかってしまいますから、この本でエッセンスを掴んでおくと指針になるし、次に読む本を選ぶ際にもハズレがなくなると思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 T.Nakanishi 投稿日 2017/2/9
形式: 単行本
尊敬する先輩に勧められ読んでみた。
いわゆるコーディングのテクニック集のような「軽い」ものではなく、
良いプログラマになるために知っておかなければならない
非常に重要な知識や技術がかなり網羅されていると感じる
とても「重い」「濃い」本だった。

なるほど、勧めてくれた理由がよくわかる。
ある程度コーディングができるようになったが
今後どうやったらより「上手」になれるか迷っていた。
この時期にこの本に出会えてよかった。

これまで読んだ技術書の中で一番役に立った気がする。
勧めてくれた先輩と本書に感謝したい。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
結局、非常に劣悪で低質でお粗末なコード(通称「ク〇コード」)は、
「どうするべき、そして、それはなぜそうするべき」
というところに考えが及んでいないから、
もしくは、それを知らないから、生まれると思っています。
(「動けばいい」という考えなんでしょう)

それにまみれた現場はたくさんあります。
そこに入ってしまうと、作業が極端にツラいうえに、
ゴールもなかなか見えないので、長期間それが続くことになり
本当に心が折れそうになります。

本書はこの状況を改善してくれるかもしれません。
考え方のガイドライン(呼称「プリンシプル」)の百科事典だからです。

ドワンゴの研修の教科書になったそうですが、
確かに、学生や新人に、たとえ「よくわからん」と言われようが、
早目に叩き込んでおくのは良い考えかもしれません。

プリンシプルが常識になり、
非常に劣悪で低質でお粗末なコード(通称「〇ソコード」)が
撲滅されることを、心から願います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー