こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,486
2pt
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
カートに入れる
¥ 1,541
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: このみ本舗☆丁寧に梱包&迅速発送いたします☆
カートに入れる
¥ 1,600
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ピースグロウ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.6 58件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

ディズニー公式「ブルーレイ・DVD」ストア
長編アニメーションから海外TVドラマ作品までディズニー作品を一挙公開。 ストアはこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【 ディズニーブルーレイ/DVDストア 】 - ニューリリース+ホットアイテム情報、ランキングなど

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: リチャード・ギア, ジュリア・ロバーツ, ローラ・サン・ジャコモ, ジェイソン・アレクサンダー, ラルフ・ベラミー
  • 監督: ゲーリー・マーシャル
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日 2006/04/19
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 58件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000E8N9W4
  • EAN: 4959241931177
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,173位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   世界中の女性たちを夢の世界へ連れていった現代版シンデレラストーリー。劇場未公開シーンを新たに加えたディレクターズカット版は、一瞬たりとも見逃せないほど見ごたえたっぷり。
   物語はビバリーヒルズの夜に始まる。ウォール街の狼として知られる実業家のエドワードは、ふとしたことがきっかけで娼婦のヴィヴィアンと知り合う。2人は1週間のパートナー契約を結び、一緒に暮らすことになるが…。
   ジュリア・ロバーツの魅力的な笑顔で、娼婦からトップレディになっていく変貌ぶりが観ている者をわくわくさせる。ホテル支配人の心やさしい粋な計らいもいい。(近藤鈴佳)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジュリア・ロバーツ、リチャード・ギアの共演が話題となった、現代版『マイ・フェア・レディ』とも言える作品が低価格で登場。ウブな実業家とコールガールが出会い、次第に惹かれ合う姿を描いたアメリカ的シンデレラストーリー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 まりあ トップ500レビュアー 投稿日 2007/1/27
可愛いビビアン。これが率直な感想です。とても可愛らしい。

ジュリア・ロバーツ演じるビビアンの化粧を落とした後の表情が、赤ちゃんのように、純粋無垢で可愛らしい。プリティ・ウーマンそのもの・・・と言うより、むしろ「プリティ・ガール」のような無防備で素直な心を持つ可憐な女性、ビビアン。

ガチガチの鎧で自分を固めていたエドワード(リチャード・ギアが好演です。)を、一つ一つ、ボタンをはずすように癒し、くつろがせ、楽しませていくビビアン。自分の感情を素直に出し、時にはもてあまし、泣き、笑い、静まって考えるビビアン。彼女の存在に私たち観客が癒されます。本当に大切なもの。素直な心、相手に対する思いやり、夢を持つこと、愛すること・・・をビビアンとエドワードの二人の会話や行動から、学びなおしていけるような映画です。

エドワードの会社の競争相手のモリス氏が、上流階級の社交に慣れないビビアンに示す思いやり深い愛情。また支配人トンプソンが抱く、彼のビビアンとエドワードに対してそっと見守っている愛情と思いやり・・・その心暖まるエピソードの中から、エドワードの心に芽生えていく、否、思い出していく相手を思う心、お金では買えない大事なもの。そういうシーンがひとつひとつ心に染みます。

珠玉のラヴストーリー。可愛いビビアンと、シャイなエドワードとたっぷり楽しみましょう♪
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
このドラマを観ているものすべてをハラハラドキドキとうっとりするような魅力的なドリーミングワールドに連れて行ってくれます。
まさしくそれはハリウッドから始まるシンデレ・ラストーリーであり、アメリカ映画ならではの寛大な表現の豊かさでもって、本当の幸せというものをそっと耳にささやいたドラマなのです。
メロメロのラブロマンスではなく、もっと砕けた感じのざっくばらんなタッチで、ダンディーなリチャード・ギアと秘められた美貌のジュリア・ロバーツのコンビネーションが抜群にフィットし、演出効果をスパイラルに高めています。
誰でも一度は・・・って言う何か夢心地の願望があるかと思いますが、こういった現実離れした願望は映画の世界できちんと描いてくれるのです。
更に言えば、希望や信念を捨てずにおれば、ひょっとしていつかどこかできらりと輝き、きもちや形となって叶えられることがあるのかもしれないということ、片や、勇気を持って信じればそこには道があるということを強く物語っています。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 韓ドラ大好き トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/4/3
今でも、このテーマ曲が流れるとワクワクしちゃいます。ダダダダ・ダダダダ・プリティウーマン
ウォーキンダンザストリート・・・。音楽も大ヒットしましたね。まさにシンデレラストーリーです。
ジュリア・ロバーツが、がさつな娼婦から、着飾ってトップレディになる。その過程がホロリとさせたり
笑えたりするのだ。リチャード・ギアは大人の魅力です。多少下品な描写もあるけど、それも帳消しに
なる位全体が良い創りだ。ビビアンは娼婦だったが、頭は良い女性。ホテル支配人にテーブルマナーの
特訓を受け、黒の素敵なドレスでレストランへ。仕事がらみのパートナーだったが次第に愛情が芽生える
二人です。出来過ぎのハッピーエンドですが許せます。とっても楽しい映画でしたよ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本作の撮影はロサンゼルスとディズニースタジオで行われている。サンフランシスコのオペラシーンもLAダウンタウン内である。何度みてもその洗練されたストーリーに泣かされてしまうのだが、より分かりやすくなっているのは「ディレクターズカット」のほうなので、未見の方はぜひ見てほしい。ジュリアの可憐さやギアのファッションセンスなど今見ても古さを感じさせないが、特にこの大傑作の肝になっているのが、ビバリーウィルシャー支配人役のヘクター・エリゾンドである。役得という言葉があるが、まさにこのことである。ホテル内のシーンは今はなきアンバサダーホテルでロケしているそうであるが、テーブルマナーを講習するシーンや、運転手のダリルを使って、恋の橋渡しをするなど、本当にかっこいい。あのたち振る舞いは、実生活でも参考になる。美しい宝は手放したくないものですね、とR・ギアに語りかけるシーンなどは、映画史に残る名場面だと思う。ハリウッドでのロケも多いので、映画的魅力も満載の傑作である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック