プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1 [DV... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1 [DVD]

5つ星のうち 4.0 56件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 10,584
価格: ¥ 3,250 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 7,334 (69%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、※ジャンク品は説明文必読※メディスタオンライン※新品も多数※が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,250より 中古品の出品:25¥ 268より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 遂に完結!これまでの脱獄劇やもう一つのエピローグ『ファイナル・ブレイク』のご紹介「プリズン・ブレイク」特集ページ

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1 [DVD]
  • +
  • プリズン・ブレイク シーズンII DVDコレクターズBOX 2
  • +
  • プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX1
総額: ¥11,230
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウェントワース・ミラー, ドミニク・パーセル, ロビン・タニー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2006/06/16
  • 時間: 524 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 56件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EWRH3W
  • JAN: 4988142373229
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 6,935位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

プリズン・ブレイク早分かりページはこちらから。

タイムリミットは30日――IQ200の脱出計画
兄を助けたい…すべてを捨てて弟は飛びこんだ!


<キャスト&スタッフ>
マイケル…ウェントワース・ミラー(東地宏樹)
リンカーン…ドミニク・パーセル(江川央生)
ベロニカ…ロビン・タネイ(加藤優子)
サラ…サラ・ウェイン・キャリーズ(本田貴子)

製作総指揮:ポール・シェアリング
製作:ブレット・ラトナー

●字幕翻訳:岡田壯平 ●吹替翻訳:古瀬由紀子

<ストーリー>
マイケル・スコフィールドは何不自由なく暮らす優秀な建築技師。しかしある日、兄のリンカーンが大統領の家族殺しの罪で逮捕され、死刑判決を受けたことから人生が180度変わる。 異例とも言えるスピード判決、無罪を主張し続ける兄。巨大な陰謀の影を感じたマイケルは、兄を合法的に助けることは不可能だと知る。兄を助けたい……天才的ともいえる頭脳を駆使し、かつてないほど緻密で大胆な方法を思いついた彼は、すべてを捨ててその計画に没頭する。タイムリミットは30日、果たして助けることができるのか……!

【vol.2】
第3話「セルテスト」(原題:CELL TEST)
第4話「腐食」(原題:CUTE POISON)

【vol.3】
第5話「イングリッシュ、フィッツ、パーシー」(原題:ENGLISH,FITZ OR PERCY)
第6話「悪魔の孔(あな)Part1」(原題:RIOTS,DRILLS AND THE DEVIL PART1)

【vol.4】
第7話「悪魔の孔(あな)Part2」(原題:RIOTS,DRILLS AND THE DEVIL PART2)
第8話「ルート66」(原題:OLD HEAD,THE)

【vol.5】
第9話「トゥイーナー」(原題:TWEENER)
第10話「策士」(原題:SLEIGHT OF HAND)

【vol.6】
第11話「7人の壁」(原題:AND THEN THERE WERE 7)
第12話「邪魔者は殺せ」(原題:ODD MAN OUT)

【vol.7】
第13話「決行!」(原題:END OF THE TUNNEL)

<ポイント>
●「24」ファン必見のタイムリミット・サスペンス!

<特典>
【vol.7】
●24 シーズンV 第1話「7:00」本編 (42:24)

Amazonレビュー

   「プリズン・ブレイク」の第1シーズンは最高傑作だ。設定は次の通り。リンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)が服役し、副大統領の兄弟を暗殺したというえん罪を着せられる。リンカーンの弟、マイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)は、たまたまリンカーンが死刑囚として服役しているイリノイ州のフォックス・リバー刑務所を設計した経緯があり、巧妙な脱走計画を立てる。マイケルの計画は、フォックス・リバーに自らが服役し、刑務所の設計図を、自分の上半身全体にタトゥーとして持ち込むということだった。刑務所の中に入ったマイケルは、悪党たちの群れと同盟を組まなくてはならない。同時に、リンカーンの弁護士で元恋人のベロニカ・ドノバン(ロビン・タネイ)はシークレットサービスのエージェントに追われつつ、彼を刑務所に送り込んだ陰謀を暴きだそうと試みる。

   「プリズン・ブレイク」は、サスペンスに満ちた脚本と、全体に知名度の低いキャストの名演に支えられている。とりわけすばらしいのが、小児愛殺人者のティーバッグを演じるロバート・ネッパーで、卑劣な人物をどこか憎めないキャラクターにすることに成功している。ステイシー・キーチ(「Mike Hammer」で知られる)は黄金の心を持つ刑務所長を演じ、ブラッド・ベリック刑務長(ウェイド・ウィリアムス)とは、服役者を更正させるべきか、彼らの人生をさらにみじめなものにするべきかという方針の違いで衝突する。「ファーゴ」で知られるピーター・ストーメアは、マフィアのボス、ジョン・アブルッチを迫力いっぱいに演じている。アウマリー・ノラスコ演じるフェルナンド・スクレはミラー演じるスコフィールドと同じ房に入り、秘密を知る。ドラマを見ていると、殺人者、探偵、スーパーヒーローになることは間違いなし、そしておそらくスターコンテストのチャンピオンにもなりそうな、ウェントワース・ミラーのキャリアの華々しいスタートを感じさせる。シーズンの中ほど、スコフィールドは他人の苦しみに非常に敏感な天才であることが示されるが、このドラマの素晴らしさは、そこに尽きる。頭が混乱しそうに入り組んだストーリーは、人々が他人を苦しめ、自分自身の苦しみを抱えながら生きていくための枠組みなのだ。(Ryan Boudinot, Amazon.com)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
ボックスセットなのに第一巻が入っていません。良く確かめなかったからだと言われればそれまでですが、BOXセットと書いてあったら第一巻から入っていると思いますよね。

これから購入する方はご注意下さい。第一巻は入っていません。
コメント 167人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DW VINE メンバー 投稿日 2006/6/24
形式: DVD Amazonで購入
ここのレビューをご覧になっているということは、

大半の方が買おうかどうか悩んでおられるのではないでしょうか?

そういう方に、一足早く観たものとして言わせていただくと、

「絶対に観てください!損はしません!」

ということです。

24シリーズのように毎回ハラハラした展開でもありますし、

最近ダラダラとマンネリ感の漂っていた24よりも、

私的には新鮮で、また楽しめました。

そして、役者陣がまた素晴らしいと思います。

主人公マイケル役のウェントワース・ミラーは、

アクターというよりも、何かアーティストのようなクールな雰囲気を持っている知的な役者さんです。

かといって、感情表現はどうかというとこれもまた素晴らしい。

クールでそれほど表情を表に出さない役柄であるのに、

内面から伝わる優しさが画面を通じて伝わってきます。

数多くの脇役たちも完全な演技で説得力を持たせます。

ストーリーはとにかく観てください。

主人公はIQ200を駆使し、時には体をも犠
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
無実の罪で死刑囚となった兄を救うため、あらゆる手段を講じて周到に計画を練り、脱獄を目的に刑務所に入る男の話である。

主役のウェントワース・ミラーも魅力的だが、脇役の囚人達もそれぞれに個性的な演技で、主人公との危険な駆け引きが巧く描かれており、シーズン1は良く練られた脚本である。

折り紙や刺青、糖尿病などの小物使いもスパイスが効いている。

古くはジャック・ベッケルの『穴』『大脱走』『ショーシャンクの空に』など、脱獄モノの傑作のひとつに入るだろう。

ただ、米ドラマは、人気が出るとダラダラと続いていくので、引き際が作品の評価を左右することになるだろう。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
あまりテレビを見ない人間なので、この手のドラマに対する耐性がないので、もう本当に理屈ぬきで楽しめた。頭脳明晰でクールで、でも博愛主義の主人公は、よくこんな俳優見つけてきたなというほど役柄にぴったり。スマートで行動力のある理想的パーソナリティーのイメージは、見終わった後もしばらく頭から離れないほど強い印象を聴衆に与える。脇役の獄中の犯罪者たちの「いやらしさ」も秀逸だ。日本人であそこまで演じるのは無理だろうというほど、いやらしく、憎たらしい。人種のるつぼアメリカならではの演出力だ。オーケストラをふんだんに使った音楽は特に優れている。ところどころにラップ音楽を入れて全体を暗くしない演出力にもうならされる。思い通りに聴衆を追い込むど迫力。総合的力量を認めざるを得ない。唯一の欠点は、これで終わりじゃあなかったこと。すこしほめすぎかもしれないが、続きが楽しみです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
お正月のテレビ放送で、ハマりました。「IQ200の脱出劇」とありますが、実際は、もっとも不確定な要素=人間によって、次々と、困難が立ちはだかります。どれだけ慎重にことを運んでも、予測不能なトラブルが発生する中で、どのように主人公は、計画を成し遂げるのか。ハラハラドキドキで停止ボタンを押せません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
無実の兄を刑務所から脱獄させる為に、主人公は幾重もの下準備を重ねるわけですが、

それがいちいちバレそうになる度にドキドキハラハラさせてくれます。

特に6話「悪魔の孔」のドキドキハラハラ感が凄い。

6話は簡単に言えば囚人が暴動を起こす話なんですが

その囚人達の暑苦しいまでの熱気、暴動に至るまでの高揚感など

演出が素晴らしく、本当に興奮しました。

それとひとつ言っておきたいのですがこのドラマはぜひ吹き替えで見てもらいたい。

ティーバック役の若本さんの怪演を聞かないのははっきりいって損!

若本ボイスが無いだけでこのドラマの面白さは2割くらい違ってきます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す