通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 『発行年』2011年 『ソフトカバー』状態は概ね良好です。 『本編・中身』本編は使用感少なく、開き癖も付いておりません。日焼け・折り跡・書き込みも無く、全体のコンディションとしては、充分に楽しんで頂けます。 『梱包・発送等』商品はクリーニング後、OPP袋に梱包後、基本ゆうメールにて発送致します。複数同時購入の場合は一括にて梱包・発送となりますが、その場合も送料は1点づつ頂戴しておりますが、2品目以降の送料より50円を一部返金致します。(国内発送のみ) 『領収書』Amazonに領収書発行機能がリリースされました。領収書が必要な方はAmazonに直接お問い合わせ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF) 文庫 – 2011/9/22

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 607

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)
  • +
  • 万物理論 (創元SF文庫)
  • +
  • 祈りの海 (ハヤカワ文庫SF)
総額: ¥3,413
ポイントの合計: 106pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

地球から遙か遠宇宙のブラックホール〈チャンドラセカール〉ではある驚異的なプロジェクトが遂行されようとしていた。果たして人類は時空の構造を知り得るのか?――ローカス賞受賞の表題作、別の数学体系をもつ並行世界との最終戦争を描く「暗黒整数」、ファースト・コンタクトSFの最高峰「ワンの絨毯」ほか、本邦初訳作品を含む全7篇を収録。現代SF界最高の作家の最先端作品を精選した日本オリジナル短篇集第4弾。
[収録作品]
「クリスタルの夜」
「エキストラ」
「暗黒整数」
「グローリー」
「ワンの絨毯」
「プランク・ダイヴ」
「伝播」

内容(「BOOK」データベースより)

地球から遙か遠宇宙のブラックホール“チャンドラセカール”では、ある驚異的なプロジェクトが遂行されようとしていた。果たして人類は時空の構造を知り得るのか?―ローカス賞受賞の表題作、別の数学体系をもつ並行世界との最終戦争を描く「暗黒整数」、ファースト・コンタクトSFの最高峰「ワンの絨毬」ほか、本邦初訳作品を含む全7篇を収録。現代SF界最高の作家の最先端作品を精選した日本オリジナル短篇集第4弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 415ページ
  • 出版社: 早川書房 (2011/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150118264
  • ISBN-13: 978-4150118266
  • 発売日: 2011/9/22
  • 梱包サイズ: 15.7 x 10.7 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 183,342位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 山岸真編のグレッグ・イーガン短編集としては、まさに衝撃的な遭遇だった『祈りの海』以来の面白さでした。『ひとりっ子』が個人的にはいまいちだったので、あまり過剰な期待はしないでおこう……などと思いつつ読み始めた巻頭の「クリスタル・ナイト」――サイバー時代の「フェッセンデンの宇宙」譚――の疾走感と密度にいきなり引き込まれ、あとは最後まで一気に読めました。残りページが少なくなるのが寂しい、と感じた読書は久しぶりです。
 たぶん集中の最高峰「ワンの絨毯」は、『ディアスポラ』に組み込まれた、あの気の遠くなるようなエピソードの原型です。そう、ほとんどの人類が肉体を脱ぎ捨て人工生命化している未来で、物質の手触りに意味を見いだす連中が地球外生命体との遭遇を求めて深宇宙へと自分たちのクローンを散種する。そして終に出会った不可思議な生命体は、実は……という、希有壮大にして超ハードな疑似科学が炸裂する、しかもなぜか静かな悲しみさえ漂う、現代SFの傑作です。表題作「プランク・ダイヴ」も、ブラック・ホールへの下降というハードなメイン・アイデアの背景として、安易な科学嫌悪にはまっている老人とその世界から抜け出したい娘との葛藤という、ニセ科学問題など考えると何やら身につまされる設定が描き込まれて、物語に奥行きを与えることに成功しています。ラストシーンには鳥肌が立ちました。そして巻末に置かれた「伝播」は
...続きを読む ›
1 コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本オリジナル短編集ということで、イーガンの日本での人気はよっぽど高いのだろうとは思うが、一方で「マニア向けで手強いのばっかりじゃないの?」と警戒する気持ちもあった。が、冒頭の2作はむしろ平易で、SF初心者にもオススメしたいところ。特に「クリスタルの夜」は「いかにして〈シンギュラリティ〉の成果を人類だけのものとするか」というセコいアイデアを実行に移す話で、くすくす笑いが止まらなかった。これは〈シンギュラリティ〉モノのいい変奏曲。

と、油断してると3本目から一気にハードになってくるわけだが。「暗黒整数」は『ひとりっ子』収録の画期的数学SF「ルミナス」の続編で、ハード数学SF+パニック小説であいかわらず楽しいシリーズ。それからおなじみ「ワンの絨毯」は「あれ? 『ディアスポラ』に入ってたじゃん」と思いきやオリジナルの中編バージョン。お得意の「人間のアイデンティティ」テーマにとどまらず「人類のアイデンティティ」にまで踏み込む傑作。

表題作はブラックホールに飛び込んでいくプロジェクトの話で、70%くらいは意味不明の科学用語で埋め尽くされている難敵。いや、理解するのはあきらめたけど、結果を持ち帰れない実験に意味があるのかというけっこう科学的に深い話だね、これは。

このまま「ド」がつくほどのハードSFで爆走して終わりかと思いきや、
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hp トップ1000レビュアー 投稿日 2011/10/21
形式: 文庫
イーガンの作品集の中で最もハードSF色が高いとのふれこみで、確かにその通りなのでしょうが、これまでの短編集と比べてもかなり読みやすい、わかりやすいという印象です。
いいえ、決して数学理論や量子力学がわかると言いたいのではありません。

実際の理論なのか、擬似科学なのかすら全くわからないけれど、どこに理論の「キモ」をもってきているのかだけはわかる。その中で真理の追究というのが当事者にとってどんな意味を持つのかという個々の人間にかかわる命題から、人類というもののよりどころをどこに置くべきかの考察まで、実に鮮やかに際立って浮かび上がるように示されている。だから、わからないなりに、それをもとにした世界観やガジェットを小説として存分に堪能できる--その満足感がこれまでになく高いのだと思います。わからないのに、作品としてわかりやすい。

ストーリーを犠牲にしているわけではないです。むしろ逆で、ここ何冊かの作品集で感じていた人間を描きながらどこか空々しい感じが消えて、登場人物が皆チャーミングに思えるし。今まではささっと読んでいた数学的説明のセリフもじっくり味わってしまいました。
個々の作品としては本書の収録作を上回る良作もいっぱいあったと思いますが、作品集として考えるとこれまででも最高の部類かと思います。少なくとも、個人的には一番好きかもしれません。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 チョロ 投稿日 2013/4/19
形式: 文庫 Amazonで購入
まだよんでいるとちゅうなので、よいものかわるいものかはわかりません。それゆえ、ひょうかは「ふつう」とさせていただきます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー