中古品
¥ 253
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プラモ狂四郎(1) (講談社漫画文庫) 文庫 – 2008/7/11

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 253
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/7/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063705668
  • ISBN-13: 978-4063705669
  • 発売日: 2008/7/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 567,693位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ジャブ 投稿日 2008/8/19
形式: 文庫
ついに来ましたか。
「すごいけど、こんなのよっぽど先の話だよ。」などと言っていた子供のころを思い出します。
ふと気が付くと、こんなことが実現出来そうな世の中になっていたりします。
自分の作ったキットをシミュレーションマシンに読み込ませ、パイロットになったイメージで
モデラー同士が対戦する、といった内容です。
丁寧に、カッコ良く(特に可動、間接部分を動くように)製作したキットほど強いというような内容でした。
子供ながらに、この手のホビーに関する漫画は、「理解しがたい謎の財力」が注ぎ込まれている部分で「ありえねぇ。」でしたが、模型店の2階にある巨大なシミュレーションマシーン等が登場したり、その部分も含めて夢のある話だと思います。
個人的には生まれてはじめて「シミュレーション」という言葉に触れた漫画でもありました。
「シュミレーション」ではないところがポイントです。ファミコン等のTVゲームのジャンルで、「シミュレーションゲーム」という言葉が出始めたころ、それより何年も先にこの漫画で
語意の情報を得ていたので、チョットだけ優越感を感じたことも。
プラモ製作のモチベーションが落ちている時に読みたくなります。
ガンプラに限らず、手を付けていないキットがたくさんあって困っている方、読んでみてはいかが?
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最高です。
この漫画を読んでいて、昔の時代(ガンプラ)を目の前に思い出させてくれるようです。
私、ガンダムの世界というよりもガンプラが好きなのです。
この漫画の中で少年たちはガンプラシュミレーションでガンプラをあたかも本当のMSのように戦わせます。
しかし、やはりガンプラ。改造がものを言います。見ていて面白いです。
破損するとプラの破片が飛びます。撃破されるとパカっと、いわゆる「モナカ」のように割れます。
ビームライフルの柄や、ビームサーベルの刃部分がまだプラ棒であった事も事細かに描くなど、何かとこだわりを
感じます。また、リアルタイプガンダムやパーフェクトガンダム、パワーアップガンダムなどと登場していく魅力的な
機体も、「作りたい」という意欲を刺激してくれます。
この漫画はいろいろな意味で良いと思います。
私が考える、この漫画を読む資格とは「ガンプラが好きである」、ただそれだけです。
かつてのガンプラモデラーの皆さん、この漫画であの時の意欲を思い出してください。
HGシリーズという贅沢(笑)なガンプラで育った子供の皆さん、これを読んで「プラモスピリット」を養いましょう。
ガンプラが好きな人は絶対に読みましょう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cdmaniax VINE メンバー 投稿日 2014/8/12
形式: 文庫
子供の頃に大好きだった漫画なのですが、本屋でたまたま目に留まったので購入して読み返してしまいました。
この漫画がボンボンに連載されていたのは1980年代前半ですが、当時は初代のファミコンが発売された頃で元絵の分からないような
ドット絵のロボットを上下左右に動かしながらボタンでミサイルを撃っていく程度のことしかできず、こんな漫画が実現できるわけが無い…
と思っていたのに、現在では家庭用ゲーム機でもポリゴンで再現されたモビルスーツがコンピューター上でプラモシミュレーション
さながらのリアルな戦闘を繰り広げられるようになってしまったのですから技術の進歩には驚かされます。
高精度な3Dスキャナーが普及するようになればプラモシミュレーションに近い世界が実現可能になるかもしれません。

武者ガンダムやパーフェクトガンダム、言葉の意味は全く違いますが「魔改造」という言葉もこの作品から生まれたものですので
ガンプラの歴史を振り返る上では欠かすことのできない作品です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告