通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
プラハを歩く (岩波新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★帯なしです。★表紙に、スレ等若干の使用感が見られます。★中身は、書き込みや破れ等もなく、状態良好です。★発行年等により、表紙がイメージと異なる場合があります。★ご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください。★ご注文後、防水のためクリスタルパックにて梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プラハを歩く (岩波新書) 新書 – 2001/11/20

5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 240

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プラハを歩く (岩波新書)
  • +
  • 物語チェコの歴史―森と高原と古城の国 (中公新書)
総額: ¥1,750
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ロマネスクの教会,ゴシックの大聖堂から,アールヌーヴォーのアパート,キュビズムの住宅まで,時の流れに抗していくつもの建築様式が残る街,プラハ.その独特の魅力をさがして街を歩いてみよう.―街並みと人々を語りながら,随所に建築家の目が光る,ユニークな案内書.

内容(「BOOK」データベースより)

ロマネスクの教会、ゴシックの大聖堂から、アール・ヌーヴォーのアパート、キュビズムの住宅に至るまで、時の流れに抗していくつもの建築様式を残してきた街、プラハ。その独特の魅力をさがして街を歩いてみよう―街並みと人々を語りながら、随所に建築史家の目が光る、ユニークな案内書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2001/11/20)
  • ISBN-10: 4004307570
  • ISBN-13: 978-4004307570
  • 発売日: 2001/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,942位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
千年の歴史を持つプラハは、長い間、壁の向こうの遠い街でした。
冷戦時代に旅行したときに、ビザの取得がずいぶん面倒だったことを思い出します。
ウエイターが闇ドルを買いに来たり、その金で買ったチェコグラスを国境の検問であやうく取り上げられそうになったり・・・今や隔世の観があります。
おかげ様でこの街は、高度経済成長にも巻きこまれず、今、ロマネスク建築から近代建築まで、各時代の建築様式が並ぶ「ヨーロッパの建築博物館の街」として脚光を浴びることとなりました。(戦災にもあっていません)
著者は建築家の視点から、ひとつひとつ丁寧に、建物と歴史を語ってゆきます。
どの時代の建築にも、その時代の状況と思想がこめられている。
この本を読むと、きっとプラハの街を歩きたくなることでしょう。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
プラハはヨーロッパの都市の中でも特別な輝きを持っている。第二次世界大戦の被害をあまり受けていないために、多くの歴史建造物が溢れている。しかし、そのようなヨーロッパの都市は少なくない。それでいて、それらと比較しても、プラハという都市の強烈なアイデンティティ、個性は何なのか。その秘密を解くうえで、建築史家である著者による本書は、多くの答えを提供してくれる。私はプラハには4回ほど訪れたことがあるが、不勉強のせいかもしれないが、この本を読んでプラハの魅力がなぜつくられたのかがよく理解することができた。そして、本書を前もって読んでおくべきであったと後悔した。さらに、この本を読んで、またプラハを歩きたくなった。この本はプラハという魅力ある都市を堪能するための必読本ともいえる。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/10/4
形式: 新書
プラハを旅し、あの美しくどこか物悲しい街の魅力にせまりたいと、本書を手にしました。歴史的背景について他の都市との比較もまじえ語られているので分かりやすかった。また他の本でみられないような著書独自の分析も加わり、疑問が氷解した点もいくつもありました。著者のプラハへの並々ならぬ愛情を感じました。またこの本を携えプラハを歩きたいです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西岡昌紀 VINE メンバー 投稿日 2005/2/9
形式: 新書
プラハは、美しい町である。しかし、同時に、そこは、宗教戦争の舞台であり、現代のイデオロギーが対決した場所でもあった。考えてみれば、中欧の地政学上の要衝の地であるこの町が、破壊を蒙らず、これほど古い姿を保ち続ける事が出来た事は、奇跡であったと言って良い。私は、共産主義時代から、この町を訪れて来た。そして、この町の行方に関心を持ち続けて居るが、そのプラハの秘密を、この本は静かに語ってくれる。--自分は、何度もこの町を訪れながら、何とこの町を知らないだろうと、思ふ。--これからプラハを訪れる人に、この本をお勧めする。素晴らしい本である。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
建築を専門とする著者が、「建築博物館の街」とも評されるこの街に惚れこんだ様子がよく分かる本です。
日本人にはなじみの薄いキリスト教建築、アールヌーヴォー建築、キュビズム建築などなど、解り易く、丁寧に説明してあります。
プラハの旅が一層豊かになること間違いなしの良書です。

新書なのでしょうがないことですが、写真の質は期待できません。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本を読んでプラハを歩くと、感動が違います。歴史を知りながらの旅は良いものですね。
チェコビールの肴に最高です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
建築史によるプラハ案内なんて初めての本じゃないでしょうか?
新鮮な話ばかりです。
チェコびいき、プラハびいきの人は今度プラハを訪ねる時には
私もそうするつもりですが、ぜひこの本をガイドブックの一冊として持って行きましょう。
プラハの新たな魅力をつぎつぎに発見できることは間違いないと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
城、旧市街、城下町、新市街、郊外と区域を切った紹介。
ボヘミアの森と大山猫の紹介が斬新。
一度、プラハに行って見たい気になりました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羊舟 投稿日 2015/1/18
形式: 新書 Amazonで購入
この本に導かれてプラハに1週間ほど滞在した。
旅の目的が、市内に3つある歌劇場のレパートリー公演だったので
昼食をはさんでの3時間ほどの散歩では
(混雑する場所を極力避けたこともありるが)
この書物で紹介された建築の4分の1ぐらいしか回れなかった。
それでも、この著作のおかげで
街や歴史を味わう視点を与えられたと感謝。
プラハ再訪の夢もいただけた。
同じく岩波新書の名著「ローマ散策」に勝るとも劣らない
秀逸な(そして長年の蓄積がある著者にしか著せぬ)ガイドである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック