プラネテス 4 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,000
通常配送無料 詳細
発売元: ★☆風華水月☆★ 代引き・クレカ・コンビニ払い可
カートに入れる
¥ 3,000
通常配送無料 詳細
発売元: ◆UNV-Media OUTLET◆
カートに入れる
¥ 3,600
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プラネテス 4 [DVD]

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 2,910 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,570 (55%)
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、DVDアウトレット 年中無休が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,910より 中古品の出品:7¥ 134より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • プラネテス 4 [DVD]
  • +
  • プラネテス 3 [DVD]
  • +
  • プラネテス 5 [DVD]
総額: ¥6,590
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 田中一成, 雪野五月, 折笠愛, 子安武人
  • 監督: 谷口悟朗
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2004/07/23
  • 時間: 75 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002A3YLA
  • JAN: 4934569617972
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 121,834位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


【収録内容】
Phase9 「心のこり」
Phase10 「屑星の空」
Phase11 「バウンダリー・ライン」
【映像特典】
●本編映像を見ながら 「プラネテス」 世界の設定や裏話がわかる 『コメンタリーボード』 機能付き
●第10話を完全解説した、谷口監督、ハチマキ役:田中一成、ユーリ役:子安武人、タナベ役:雪野五月による 『オーディオコメンタリー』 付き
●「プラネテス」 の欠番シーンを再現したサイドストーリーの 『オーディオドラマ』(脚本:大河内一楼)
※メニュー画面から選択

Amazonレビュー

   2002年の星雲賞を受賞した幸村誠のコミックを原作にしたTVアニメシリーズ。時は2075年、宇宙旅行が一般的になった時代、宇宙に漂うゴミ“デブリ”が大きな問題となっていた。職業宇宙飛行士としてテクノーラ社に勤務し、デブリを回収する仕事をしている主人公、星野八郎太(通称ハチマキ)と、新人タナベをはじめとする同僚たちが、宇宙で活躍するSF作品だ。
   普遍性と独自性のバランスが絶妙な物語世界と、精密な考証によってもたらされるリアリティが、広大な宇宙へのロマンをかきたてる。同時に、大企業の日陰部署を舞台にした“職場モノ”でもあり、「会社員として、プロフェッショナルとして現実と折り合いをつけながら生きるということ」というテーマにも踏み込んだ点で、従来の“宇宙モノ”とは一線を画す、ユニークかつ志を感じる一作となっている。(安川正吾)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この巻は前半部では高評価の三話が入っています。ハチマキの師匠(ある意味父親のような)が登場する心のこり。
一話の映像がここでわかり、そしてユーリがなぜデブリ課にいるのか、という理由にもなる屑星の空。
そして、私の中で最高の話だと思われるバウンダリー・ライン。
紛争中の発展途上国を救うのは、力ではない。産業である。
そう訴えるテマラの純朴で、そしてひた向きな態度に共感し、そしてラストのテマラの一言には泣きかけました。
名エピソードだらけなので、購入して損は無いと思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
原作の第1話にあたる「屑星の空」が収録されている。
デビュー作の第1話にしてこの内容!と思わせてくれた話。
アニメなりにオリジナル要素も加わってリニューアルされているけど
話の芯の部分はそのまま。
わかっていたのに不覚にも涙してしまいました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/5
 山椒は小粒でピリリと辛い。どちらかといえば地味だけど、各話各話で文句なしの出来。ストーリーの作り込みがすごい、堅実でいて退屈させない。
 「心のこり」はハチマキの先生がデブリ課に登場って話。途中までは明るく楽しいお話しで進むんだけど、それだけに最後の先生の秘密がショッキングだ。「地球外少女」の回の話しを複線として、宇宙野郎の悲しい運命を描く。それも、ここがすごいことなんだけど、妙に淡々としてるんだよね。悲劇で涙をしぼってやろう、っていう下心を感じない。「屑星の空」は、ユーリが亡くなった奥さんの形見を探し当てるお話。ストーリーももちろんいい話なんだけどそれをいやがうえにも盛り上げてるのは、画。全篇第一話で使われていた、旅客機にデブリがぶつかり、窓ガラスに亀裂が入るシーンは、その無音の効果音と合わさって惨劇の様子がとてもよく表現されている。真っ暗で、ぼんやりとした宇宙の中で、形見のコンパスを見つけるユーリのいとおしい人に再会したかのような表情とゆっくり流れる時間は効果的だ。「どこにも行かない」という約束が別れの言葉になってしまい、聞きそこなった奥さんの祈りの言葉が、最後のシーンでコンパスに刻み込まれた形で映し出される(簡単な英語だけど、ちゃんと日本語で読んでくれるのもありがたい)。べたな演出なんだけど、それがまたいいんだな。そして、ボクのこの巻での最大のお勧めは「バウンダリ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す