プラネテス 2 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プラネテス 2 [DVD]

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 1,400 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,080 (78%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【おかげさまで6周年】ネットショップ つくば屋【茨城県古物商許認可店】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • プラネテス 2 [DVD]
  • +
  • プラネテス 3 [DVD]
  • +
  • プラネテス 1 [DVD]
総額: ¥5,800
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 田中一成, 雪野五月, 折笠愛, 子安武人
  • 監督: 谷口悟朗
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2004/05/28
  • 時間: 75 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001URNXQ
  • JAN: 4934569617958
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 88,141位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   2002年の星雲賞を受賞した幸村誠のコミックを原作にしたTVアニメシリーズ。時は2075年、宇宙旅行が一般的になった時代、宇宙に漂うゴミ“デブリ”が大きな問題となっていた。職業宇宙飛行士としてテクノーラ社に勤務し、デブリを回収する仕事をしている主人公、星野八郎太(通称ハチマキ)と、新人タナベをはじめとする同僚たちが、宇宙で活躍するSF作品だ。
   普遍性と独自性のバランスが絶妙な物語世界と、精密な考証によってもたらされるリアリティが、広大な宇宙へのロマンをかきたてる。同時に、大企業の日陰部署を舞台にした“職場モノ”でもあり、「会社員として、プロフェッショナルとして現実と折り合いをつけながら生きるということ」というテーマにも踏み込んだ点で、従来の“宇宙モノ”とは一線を画す、ユニークかつ志を感じる一作となっている。(安川正吾)

内容(「Oricon」データベースより)

西暦2075年を舞台に、宇宙開発にともなって発生するゴミ(デブリ)を回収する主人公とその周囲を描いたTVアニメ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
まだ序盤なので人物紹介的なお話が中心です。
原作と違いサラリーマン的な演出がされているので、非常に身近な感じで見る事が出来ると思いますよ。
タナベの破天荒さや5話のシアという少女の話など非常に面白いです。
DVD特典のオーディオドラマも面白いので、BSで見ていたファンの方もお買い得ですよ。
買わなきゃ損というものです!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現代の宇宙技術では、プラネテスの舞台設定までにはまだまだ及ばないし、月で育ったという女の子が登場しても「遥か先の事なんだろうな、この時代は・・」と、どこか遠目で見るような感じだった。けれど、人間が宇宙へ出て行くたびに増えた「ゴミの山」というのを見るとこの作品が急に身近になった。
それは「世界一高い山への登頂に成功しました!」というニュースを数年前に見た時に疑問に思っ事。山に登った人たちは一つの目標を掲げ、それを達成した訳ですから賞賛されても間違いではないと思います。しかし、彼らが去った後に残された使用済みの酸素ボンベやテント、衣類に食料のパックと、けして自然へ帰ることの無いゴミが散乱している状況を目にして賞賛を送る事など出来なかったのです。
もちろんプラネテスに描かれる状況と数年前にあった出来事の全てが一緒だとは思いませんが、山の頂上を目指す人たちを宇宙開発を進める人類と例え、ゴミを置き去りにされた山を宇宙と考えると、両者はとても似たモノであり、この作品で描かれている部分は既に現実に存在する問題だといえます。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/19
 地味だけどよく造りこんであるいい話だ。だいたい絵が細かい、建物っていったら箱じゃないかっていうような作品もある中で、しっかりSFしている細かい造形。世界観にあった小物のデザイン、崩れの少ない作画。見ていてどっしり安定感があり、安心していられる。話自体は別に新しくもなんともないんだけれど、五話でのタナベのデブリ屋はかっこいい、のセリフや、六話のしょうがなく映画撮影に係わることになったハチマキをほんとの変態だと思ってタナベが殴るシーンも、あぁ、この次はこうなるだろうなぁ、と思って見ているのに、ジーンとしたり、笑ったり出来る。それもこれもこの作品が世界としてしっかりしているから、使い古されたネタでも感情移入できるのだ。特に六話の「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」は秀作だ。仕事に行き詰り、借金から逃れて一家心中なんて下世話な話を宇宙でやる。しかもタナベがスリに会うっていう初めの部分からもう複線が張ってありなかなか細かい話の流れになっていて、しかもこの作品のリアリティーを崩さないような、自然なハッピーエンドで終わらせる。もしここで「一回しかない命なんだ大切にしないと」なんて説教で「私たちが間違っていました。もうこんな考えは起こしません」チャン、チャン。ってなまとめだったら最低にげんなりだけどそこは手だれのスタッフが集まっているだけあってそんなもんじゃ済ませない。巧みに話を組んで、くさくなく、湿っぽくなることなく、ほんのりあったかい。もう、見ていて飽きない。ぜひお勧めの一品。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
アニメ版・プラネテスの第2集。第3話「帰還軌道」、第4話「仕事として」、第5話「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」
を収録。
デブリ屋としての仕事に賭けるタナベと、そこはかとなく散漫な仕事をしているハチマキが事あるごとに対立してゆく話。
その中でもデブリ屋の仕事に誇りを持つハチマキの葛藤が明らかに。
二人の距離が微妙に即かず離れずになってゆく様子が微笑ましくもあり、もどかしくもあります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
キャラクターや世界観紹介の一話・二話を経ていよいよ三話より社会人ものとしての展開が明確になってきます。主人公たちが保険の勧誘員に追っかけまわされる第三話、親の権力を傘にきた連合議長の息子が出てくる第四話など明らかに「踊る大捜査線」を意識した展開もあり、「踊る」ファンの方は別の楽しみ方も出来ます。ガンダムをはじめ宇宙ものに定評のあるサンライズ作品ですが、真空中では音が聞こえないことや、慣性の法則や回転による人工的な重力発生など、かつての作品では描ききれていなかった宇宙空間での日常が圧倒的な説得力をもって描かれています。細かいところは挙げればきりが有りませが、純粋にストーリーをお楽しみください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す