中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プラトニック・セックス 単行本 – 2000/10

5つ星のうち 3.6 78件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,567 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

「セックスが、そんなに楽しいか」
父親の怒鳴り声が、一家が囲む食卓を凍りつかせた。学校へほとんど行かず、万引き、カツアゲ、家出にシンナーを繰り返す中学時代。そんな彼女も、もとは内向的な女の子だった。「姿勢が悪い」という理由で長刀を習わせるほど厳格な父。「あなたのため」が口癖で、体裁ばかり気にする母。そんな両親に褒められたい一心で嫌いな勉強に励んだ中学1年のときは、成績が学年で10番以内だった。しかし、苦手な数学で90点を取って、喜び勇んで答案用紙を母親に見せても、返ってくる言葉は「4問も間違えているじゃない。どうしてできなかったの」。しだいに両親への不信感が膨れ上がり、「良い子」から「虞犯少年」へと転げ落ちていく…。
『プラトニック・セックス』は、飯島愛が飾らない言葉で過去の自分を冷静につづる自伝。家出した彼女は、水商売で得たお金を湯水のように使う。「ただただ憧れていた装飾品もブランドも、見栄を張るための道具、空っぽな自分を着飾るための必需品だった。そのときはそういう哀れな自分に気づいていなかったのか、気づきたくなかったのか」
「彼の望むことにできる限り応えてあげたかった。彼が体を売るのをやめるかわりに、私は、あれほど嫌がっていたオヤジと寝てお金を稼ぐ女になっていった」
こんな人生を変えるきっかけとなったのが、アダルトビデオへの出演だった。留学したいと思い焦がれたニューヨーク。その資金作りのために舞い込んできたビデオ出演をOKする。そのうちに深夜番組を経ていつの間にかタレントの道を歩む自分がいた。
いままで語ることのなかった壮絶な過去をストレートに表現しているため、内容は少々過激だ。しかし、思春期時代の紆余曲折を経て家族との絆を取り戻した飯島愛の自伝には、誰しもが共感できる心の葛藤が描かれている。(望月真弓)

内容紹介

14才で家出をしてからシンナー、同棲、レイプ未遂といった激しい少女期を経て、ホステス時代、AV出演、そして整形とあらゆる経験をしたタレント飯島愛が初めて書き下ろした衝撃の単行本。当時の感動の日記も含む。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 小学館 (2000/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093792070
  • ISBN-13: 978-4093792073
  • 発売日: 2000/10
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 78件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 137,724位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
バブルの頃が懐かしくなりました。
テレビでは苦労を顔に出さない愛ちゃん素敵でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
作者は既に、没しているが、内容が私小説で、あまり脚色してないようであれば、凄まじい大変な人生のようであった・
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
彼女は大ファンですからきっとよろこびします、本もきれいで、とても中古品なんて見えないです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くま 投稿日 2001/10/2
形式: 文庫
解説で大岡玲氏がこの作品は「文学になりかけた胎児」という評価をしていたが、私はその評価に100%同意する。親と子供の気持ちのすれ違い、少女と社会との駆け引き、大人になることとセックスをすることとの違い、暴力とは何かということ、これらの古典的な文学的テーマがこの本に入っている。文学的な表現は未熟であり、その結果描写は不充分ではあるのだが。驚くのは、19歳までにこれらのことをすべて体験していたということだ。その体験は愚かではあるが、宝石のように貴重でもある。うまく料理すれば、素敵なテレビドラマや映画になるだろうと思う。映画を見てみようかな、という気に今なっている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
全体的にスキャンダラスな印象の本書。内容は、過激な風俗や倒錯世界の描写、作者の挫折と成功、子供っぽい恋愛観などを書き散らしたようなものなので、読み流す程度でしたが、冒頭とラストで語られる親子関係のあり方については感動させられました。
厳格な父、自分を認めてくれない母。愛は、そんな家庭に息苦しさを感じて家を出る。その後、大人になった愛は、母の日記を見る。あれほど自分を嫌っていたと思っていた母の愛と努力が綴られたそれをみて愛はいう。
「人を傷つけるのならば自分が傷ついた方がいい」という言葉があるけれど、そんなふうには思えなかった。自分が傷つくのはつらい。傷つけるのは痛くない。/でも初めて素直にこの言葉を受けとめることができた。父と母にだけは。
親が嫌い。子供が理解できない。親子両方の世代にとって、愛することと傷つけることの意味を理解するにはよい題材と思います。
受けねらいのタレント本と決めつけずに、一読してみてはいかがでしょうか。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/21
形式: 単行本
この本は、ワイドショー等で相当取り上げられ話題になっていたので「読んでみようかな」程度の気持ちでした。
AV出演などはもともと知ってはいたのでそう驚きはしなかったのですが、芸能界に入る手段として選んだ道だと思っていたので・・・お金が欲しくてそうしたって事でちょっとびっくりしました。
でも、芸能界に入るためって奇麗事を並べるよりは、はっきりしていて気持ちいいですよね。 いつも明るくておちゃらけて見える飯島さんが、自分の通った道に真面目に向き合い後悔せずに書いているのが好印象。
ご両親のことを書かれている部分では、子供に対しての接し方や自分の行動や言葉で子供をどれほど傷つけてしまっているのだろう?と、子供を持つ身としては考えさせられました。 全体に普段使っている言葉でかかれているので、とても読みやすく一気に読み終えてしまえるので読んでみて欲しいですね。
ワイドショーで言われているような過激な本ではないと思いますよ。あれはオーバー過ぎます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
暴露本、懺悔本等と巷では言われていたので、興味本位で読んでみました。飯島愛については、AVの時代から知っているので、芸能界に入るまでのいきさつなんかが書かれているんだろうと思っていましたが、そんな薄い内容ではなく、今の彼女が何故あるのかといった内容にまで掘り下げられていて、一気に読んでしまう内容でした。
私が最も印象的だったのが、彼女の小学校から高校までの間の話で、子を持つ親として考えさせられました。 今までは、「AVをきっかけに芸能界に入ったくせに、過去のAV出演には触れないなんてずるいよな」なんて思っていましたが、その考えを改めさせられました。
ワイドショーなんかでは、この本を書いたことにより仕事が減るのではないかといった心配をされていた方もいましたが、私はそんなことはないと思います。逆に増えるのではないかとまで思います。 女性だけではなく、男性も読むべき本だと思います。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/9/23
形式: 文庫
著者の人生が、現代の不良少年達との性向に重なっている。そこが、現在の若者を理解するのに興味深い。
作品は、簡潔に書かれているが、素人が一生懸命書いた、という程度であろうか。著者がテレビの前で演じているようなバカではないことはよく分かる。
最後の、両親とのエピソードが良い。理解されないと非行に走る娘と聞き入れられない親との擦れ違う様がよく現れている。
親とは何者にも変えがたい存在であることがわかった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー