通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
プラチナデータ (幻冬舎文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プラチナデータ (幻冬舎文庫) 文庫 – 2012/7/5

5つ星のうち 3.5 159件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 780 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782
¥ 782 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プラチナデータ (幻冬舎文庫)
  • +
  • 流星の絆 (講談社文庫)
総額: ¥1,722
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。警察庁特殊解析研究所・神楽龍平が操るこのシステムは、現場の 刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定していく。検挙率が飛躍的に上がる中、新たな殺人事件が発生。殺さ れたのは、そのシステム開発者である天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作で、神楽の友人でもあった。彼らは、なぜ殺されたの か?現場に残された毛髪を解析した神楽は、特定された犯人データに打ちのめされることになる。犯人の名は、『神楽龍平』――。 追う者から追われる者へ。事件の鍵を握るのは『プラチナデータ』という謎の言葉。そこに隠された陰謀とは。果たして神楽は警察 の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

内容(「BOOK」データベースより)

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者が殺害された。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。果たして神楽は警察の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 493ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2012/7/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344418840
  • ISBN-13: 978-4344418844
  • 発売日: 2012/7/5
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 159件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,829位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
DNAからすべての犯罪者をすぐに探し出す国家的システムがメインのミステリー。
展開がすこぶるスピーディで一気に読ませる。
しかも、伏線がうまいこと絡められ、全体的に破たんがないのはさすが東野圭吾といった感じ。
少しだけ近未来的な設定の小説ではあるが、ここで描かれた管理社会はまったくもってすぐやって来そうで怖い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 wansan 投稿日 2012/3/27
形式: 単行本 Amazonで購入
東野圭吾の本は、おもしろい!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 four-leaf clover 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2010/8/21
形式: 単行本
今回の東野さんの作品は前作と打って変わって『サイエンスミステリー』 と言うジャンルです。
「科学」と言ってもそれ程難しく書かれた物ではなく、いつもの東野さんの読みやすい文章で
判り辛い、理解しにくいと言う事は一切ありませんでした。

DNA鑑定、そして多重人格、スズランと言う謎の少女
それぞれが絡み合って途中で飽きさせない物語に仕上がっています。
結末も東野さんらしい結びとなっています。

完成されたエンターテイメント小説と言う風合いですが、内容は読者の好き嫌いに分かれるかもしれません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本を読んでから 映画を見るのか 映画を見てから 本を読むのか?
まぁ。どちらでもいいことだが、今回は 映画を見て おもしろいな。
本も読んでみたい とおもったので、読んだ。こういうケースも ありなのかな。
原作は、映画よりもたくさんの仕掛けがある。映画のほうがシンプルになっている。
確かに,電器トリップは 余分な仕掛けだと思えた。
電器トリップだけで また一つの作品をつくったほうがいい。
やはり,テーマは DNAで、個人が特定できるのか?
DNAで、すべてが 決定づけられるのか?
というところが,ポイントだと思う。
映画は 神楽龍平の 母親が 水上教授 というところが、やはり,ミソなんだと思う。
映画において父親の死で 神楽龍平が 二重人格になったということが、
妻である 水上教授に影響を与えていないところがいまいちすっきりしない。
プラチナデータ側にはいる というのがステイタスとも思えないからだ。
あくまでも,人間を司るDNAということで、
もっと、ちがう ファクター をつくれればおもしろかったのだが。
人間への遺伝子組み換えなどの手法で。
浅間を 豊川悦司に 設定したのは 正解かもしれない。
神楽龍平は 松田龍
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 写楽 投稿日 2016/10/31
形式: 文庫
人の心は利己的な遺伝子により操られる。 よって、生まれながらして、管理する者と管理される者に別れる。 見えない身分制度のはじまり。 管理する側に都合の悪いものは、存在しないことにされ、かたや、管理される者に知る権利は与えられず、騙されるのみ。

遺伝子に人の人生をプロデュースする優先権が与えられてはいるが、それで全てが決まるわけじゃない。 思考、行動、環境により、逆転の道を切り開くことも夢物語ではない。

人には無限の可能性がある。 権利を行使さえすれば、這い上がるチャンスは至る所にある。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
DNA捜査システム、およびシステムをめぐる陰謀というテーマには日本の近未来を暗示するような
リアリティがあり、すいすい読み進めることができました。
無駄に長く、映像化ありきで書かれたような感じがして、
東野さんの作品の中ではあまり魅力を感じませんでした。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最近になって改めて、東野圭吾氏の作品量産スピードって尋常ではないと思う。

彼の小説は「文学」としての評価基準よりも、「物語性」に視線を行かせがちだけど、その「物語性」をコンスタントに数多く連発できるエネルギーというか脳みそって相当なモノじゃないかって。
元々あんまり好きな小説家ではなかったんですが、そういう目線で見ると日本を代表する小説家の一人と言っても過言ではないのかなと。

ただ正直この小説は特に大きな感想を持っていません。
読みやすくて、どんどん物語は進んでいくし、わかりやすい。
彼の選ぶモチーフはいつも「物語性」にはうってつけ。
しかし今回は落ちを読めてしまいました。
それでもやっぱり映画化が決定しているあたりが、彼のストーリーテラーとしての能力を証明しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー