通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
プラチナデータ (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プラチナデータ (幻冬舎文庫) 文庫 – 2012/7/5

5つ星のうち 3.5 158件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 980 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782
¥ 499 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プラチナデータ (幻冬舎文庫)
  • +
  • 流星の絆 (講談社文庫)
総額: ¥1,722
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。警察庁特殊解析研究所・神楽龍平が操るこのシステムは、現場の 刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定していく。検挙率が飛躍的に上がる中、新たな殺人事件が発生。殺さ れたのは、そのシステム開発者である天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作で、神楽の友人でもあった。彼らは、なぜ殺されたの か?現場に残された毛髪を解析した神楽は、特定された犯人データに打ちのめされることになる。犯人の名は、『神楽龍平』――。 追う者から追われる者へ。事件の鍵を握るのは『プラチナデータ』という謎の言葉。そこに隠された陰謀とは。果たして神楽は警察 の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

内容(「BOOK」データベースより)

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者が殺害された。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。果たして神楽は警察の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 493ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2012/7/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344418840
  • ISBN-13: 978-4344418844
  • 発売日: 2012/7/5
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 158件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,951位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
つらいのですが、SFとしても、哲学ものとしても、ミステリとしても、脳科学ものとしても、中途半端に浅くて粗いとしかいえません。動機など、世界征服を目論んで幼稚園バスジャックする昔の特撮の悪の組織を彷彿とさせる陳腐な陰謀もので、がっかりを通り越してしょんぼりしてしまいました…
読ませる技術はさすがで、並の作家なら星3つくらいのできではあるのですが、東野圭吾ブランドとしては悲しいけれど星ひとつです
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
DNA捜査システム、およびシステムをめぐる陰謀というテーマには日本の近未来を暗示するような
リアリティがあり、すいすい読み進めることができました。
無駄に長く、映像化ありきで書かれたような感じがして、
東野さんの作品の中ではあまり魅力を感じませんでした。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本を読んでから 映画を見るのか 映画を見てから 本を読むのか?
まぁ。どちらでもいいことだが、今回は 映画を見て おもしろいな。
本も読んでみたい とおもったので、読んだ。こういうケースも ありなのかな。
原作は、映画よりもたくさんの仕掛けがある。映画のほうがシンプルになっている。
確かに,電器トリップは 余分な仕掛けだと思えた。
電器トリップだけで また一つの作品をつくったほうがいい。
やはり,テーマは DNAで、個人が特定できるのか?
DNAで、すべてが 決定づけられるのか?
というところが,ポイントだと思う。
映画は 神楽龍平の 母親が 水上教授 というところが、やはり,ミソなんだと思う。
映画において父親の死で 神楽龍平が 二重人格になったということが、
妻である 水上教授に影響を与えていないところがいまいちすっきりしない。
プラチナデータ側にはいる というのがステイタスとも思えないからだ。
あくまでも,人間を司るDNAということで、
もっと、ちがう ファクター をつくれればおもしろかったのだが。
人間への遺伝子組み換えなどの手法で。
浅間を 豊川悦司に 設定したのは 正解かもしれない。
神楽龍平は 松田龍
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
発想は斬新で期待感が高かっただけに尻すぼみ感に耐えられませんでした。上手く纏めようとして小さくしてしまったのでしょうか。世界観も説明不足、伏線も雑、ご都合展開に説得力がない、ラストの違和感。見せ場も弱く、児童向けコミックのような陳腐さにげんなりしました。そしてこの作品を通して何を伝えたいかもわからない。科学に頼る現代へのアンチテーゼにしては弱く、心の強さの在り方の必要性を問うには主人公の変わりようは唐突過ぎます。警視庁と警察庁の対立もリアリティがなくドラマを観た素人でも書けるような浅さ。隠された真実は使い古された捻りもない陰謀論。全体的に五流です。全てにおいて構想の練りが足りなすぎる。東野圭吾もここまで落ちたか。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いやこれホンマなんやけど、読んでる途中に書いとけば信じてもらえたんかも知れんのですけど(それはない)、予測つきませんでした?大方。

あ、ネタばれですけど、まずスズランが主人公の一人格ってこと。これはもうね、最初っから読者にはそう思わせといて、実は実在してるオチやろな、ぐらいスカスカした仕込み。
それっからプラチナデータなる名称が出てくる前に、ぼんやり思ったよ、オレも。警察幹部やら高官のデータ保護されてるとかベタな陰謀らしい陰謀がオチやったら嫌やなーって。したらさ、まんまやん。

もうそういうとこなんちゃう。でも、圭吾ちゃん、こんなもんちゃうやろ。
まあ、期待してます。なんか上からでサーセン。。。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大昔から使い古されたディストピアものに多重人格というスパイスを振りかけて一丁上がりってな感じの作品。
恐らくではあるが
「遺留品で犯人が特定出来る近未来で起きた完全犯罪なんて面白くね?」
というような発想で、その舞台を作るために設定をこねくり回した結果、肝心のトリックがお粗末になってしまった印象だ。

表題の真相についても極めて在り来たりなものとなっており、それを敢えて初期段階から内包するプログラム(及びその修正パッチ)も天才数学者が作り出したという割には単なる検索システムでしか無いように思える。そもそも数学者=プログラマという安易な発想からしていただけない。

二人用意されている主人公のうち、メインの二重(三重)人格を持つ方は、紋切り型のデータ万能主義から事件を経て自由主義に鞍替えを果たす無個性人間。
もう一人は足で稼ぐ昔ながらの刑事という割には行き当たりばったりで上の命令には愚痴を言いつつ逆らわない無能人間。作中で目立った捜査と言えば列車の車内販売員に話を聞きに行ったくらいか。

練り込みが足りないという以前に出発点からして失敗していると思う。
ページ数も多すぎる。これなら短編で良いのではなかろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック