プラダを着た悪魔(特別編) [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,680
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: meetjapan
カートに入れる
¥ 1,780
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: PLUG in
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プラダを着た悪魔(特別編) [DVD]

5つ星のうち 4.3 436件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,533
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 606 (40%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:34¥ 925より 中古品の出品:5¥ 1,960より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオプラダを着た悪魔 (字幕版)¥ 0で観る

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • プラダを着た悪魔(特別編) [DVD]
  • +
  • マイ・インターン [DVD]
  • +
  • アバウト・タイム~愛おしい時間について~ [DVD]
総額: ¥2,781
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アン・ハサウェイ, メリル・ストリープ, エミリー・ブラント, スタンリー・トゥッチ
  • 監督: デイビッド・フランケル
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
  • 発売日 2012/07/18
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 436件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0083RQI0S
  • JAN: 4988142899224
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 389位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

恋に仕事にがんばるあなたへ贈る
ゴージャス&ユーモラスなサクセスストーリー

映画の言葉 “決めるのは、あなた"


<キャスト&スタッフ>
アンディ…アン・ハサウェイ(小松由佳)
ミランダ…メリル・ストリープ(宮寺智子)
エミリー…エミリー・ブラント(よのひかり)
ナイジェル…スタンリー・トゥッチ(小形 満)

監督:デイビッド・フランケル
製作:ウェンディ・フィネルマン
脚本:アライン・B・マッケンナ
原作:ローレン・ワイズバーガー
衣装:パトリシア・フィールド

●字幕翻訳:松浦美奈 ●吹替翻訳:松田順子

<ストーリー>
大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった! それは一流ファッション誌“RUNWAY"のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった! ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上「センス、ゼロ!!」と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。この会社で、このままでいいの? 私って、本当は何をしたいんだっけ?

<ポイント>
●初登場第2位、4週連続TOP10入りの大ヒット作
●DVDならもっと楽しめる! ゴージャスで華やかなブランド衣装や小物の数々を好きなときに好きなだけ自宅で楽しめる!!
●アカデミー賞女優:メリル・ストリープ、「プリティ・プリンセス」のアン・ハサウェイ出演。「セックス・アンド・ザ・シティ」デイビッド・フランケル監督他、豪華キャスト&スタッフ
●原作本はニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに6ヶ月間登場。世界27ヵ国で出版されている。

<特典>
●音声解説 by 監督・製作・衣装・脚本・編集・撮影監督
●メイキング&インタビュー映像集
・小説から映画へ
・ファッションとNY
・時代を先取りするパトリシア・フィールド
・ヴァレンティノのカメオ出演
・実録:悪魔のような上司たち
・ダンダ・サンティーニ ~実在の編集長~
●未公開シーン集(監督&編集による音声解説付き)
●NGシーン集
●オリジナル劇場予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

メリル・ストリープとアン・ハサウェイ共演のサクセスストーリー。ジャーナリストを目指すアンディは、一流ファッション誌のカリスマ編集長のアシスタントに抜擢されるが、そこは数々の犠牲者を出してきた恐怖のポストだった。“ベスト・ヒット”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 プレミ トップ1000レビュアー 投稿日 2016/11/28
形式: DVD Amazonで購入
この映画を軽い気持ちで見たのですが、個人的にはとても深いテーマが2つありました。
1つ目は時として自分のやりたいことを貫くには孤独になる。そして2つ目はファッションとは何か?です。

悪魔と恐れられるランウェイの編集長ミランダ、そしてそのアシスタントのアンディ。ミランダは厳しい編集長で有名ですが、ちゃんと愛がある人です。ある程度の犠牲を払いながらもファッションに命をかけています。自分の表現したい、そして発信したい事を実現するためにランウェイを彼女の信念のもとに作り出しています。思うに、大きな自分への信念と責任を伴わないとできない仕事だと思います。彼女は周りのあまちゃんには怖い人に見えるのだと思います。

アンディはファッションをバカにするようなインテリでした。アンディが少しずつ洗練される様を見るとファッションとは一体なんなのか?と考えさせられます。今でもファッションはある程度はある層にはばかばかしいものなのかもしれません、でも自分を着飾る、センスを磨くということは実は自分を全く知らない人への第一のアプローチであると共に人生を豊かにするとても大切なことなのではないでしょうか。以前に山口小夜子さんが「洋服は心が着ていると思うの」と言っていました。もしかしたら心の豊かさがファッションに大きく影響を及ぼすのかもしれません。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I am that I am. トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/11/23
形式: Blu-ray Amazonで購入
ストリーミング配信で観て、
アン・ハサウェイ(以下アン)の美しさに圧倒されましたので、
最高の画質で観るためにBDを購入することにしました。

マイインターンが素晴らしかったので、この作品も観たのですが、
最初に見た時はそれほどとは思えませんでした。
しかしその後、アン主演の映画を何作か観た後で、
この作品を観直してみて、
アンの美しさが最も際立ってる作品であることがようやくわかりました。

人の心の奥深くをみせてくれる作品としては、ラブ&ドラッグの方が上ですし、
アンの女優としての凄さをみせてくれる作品としては、マイインターンの方が上だと思います。
しかし、アンの美しさを最高に引き出しているのは、この作品だと思います。

また、メリル・ストリープの演技も素晴らしいですね。
短い言葉と表情だけで物凄い存在感を出しています。

大物俳優・女優と共演する毎に、
アンの美しさや女優としての力量が確実にアップしていると思います。
これからも、そのような共演により、さらに磨きがかかったアンを 観ていきたいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
個人的にとても好きな映画の1つです。ファッション誌ヴォーグの編集長(2007年)アナ・ウィンターのドキュメント映像「ファッションが教えてくれる事」もセットで、何度も見ています。

他の方のレビューで作品の魅力は上手に言い尽くされている感があるので、超個人的なレビューを。

1) 一つの選択をするために、どこまで考えたらいいのか
人生は選択の連続で、選び方はそれぞれです。本作では洋服の着こなしでも、ミランダのようにたった一つの色、デザインですら膨大な背景があることを知ったうえで選んでいるのか、はじめのころのアンディのように自分勝手なフィーリングで選んでいるのか。良い悪いは人それぞれではあります。ですが、あらゆる行動でどこまで考えるか(気を配るか)に意識をもつ事が大切であることは変わらないと思います。
アンディは始めファッションのことに興味がない人の服装でファッション誌の職場にやってきました。ファッションオタクみたいな人から見たら、なんでそんな組み合わせ、選択なんだと理解不能な恰好なわけです。それが、徐々に洗練されてファッションに携わる人として自然な服装の選択をできるようになっていきます。本作では変わりすぎで(お値段が比較にならない)分かりにくいですが。本当は手持ちの服でも着こなしがぐんぐんあか抜けてくると分かりやすかったんで
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はーちゃん 投稿日 2016/2/14
形式: DVD Amazonで購入
英語教材になることが多いようだが、それも納得。
メリル・ストリープがさすがの重鎮という感じに対し、主人公の
アン・ハサウェイの目が大きくクリッとした感じもかわいらしい。
先輩のエミリーもナイジェルもいい味を出している。
クリスチャンは怪しさ満点。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー