日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

プラダを着た悪魔 (字幕版)

 (4,752)6.91時間49分2006PG12
恋に仕事にがんばるあなたへ贈るゴージャス&ユーモラスなサクセスストーリー。ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性が憧れる仕事を手にしてしまった!それは一流ファッション誌“RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダのアシスタント。しかし、それは何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!悪魔的にハイレベルな要求と鳴り続けるケイタイ、「センス、ゼロ!!」と酷評され、私生活はめちゃめちゃ。このままでいいの? 私って、本当は何をしたいんだっけ?
監督
David Frankel
出演
Meryl StreepAnne HathawayEmily Blunt
ジャンル
外国映画
オーディオ言語
English
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Amazonオリジナル『シンデレラ』9月3日独占配信開始

「ピッチ・パーフェクト」の脚本家ケイ・キャノンが、有名なおとぎ話を大胆に作り変えた現代風ミュージカル映画「シンデレラ」。大きな夢を抱く野心家のヒロイン(カミラ・カベロ)が、ファビュラス・ゴッドマザーの魔法の力を借りて、夢を実現させようと奮闘。共演者は、イディナ・メンゼル、ミニー・ドライヴァー、ジェームズ・コーデン、ニコラス・ガリツィン、ビリー・ポーター、ピアース・ブロスナンと豪華な顔ぶれ。
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
Stanley TucciAdrian GrenierSimon Baker
提供
フォックス
レーティング
PG12対象
コンテンツ警告
飲酒暴言性的なコンテンツ暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.6

4752件のグローバルレーティング

  1. 73%のレビュー結果:星5つ
  2. 16%のレビュー結果:星4つ
  3. 7%のレビュー結果:星3つ
  4. 2%のレビュー結果:星2つ
  5. 2%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

愛謝2018/10/20に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
バブル感マシマシ
確認済みの購入
突然華やかな世界に飛び込んじゃったダサ子がレディに大変身!恋も仕事も頑張る私!

大人気の映画なので期待大でみたけれど終始アンディにはイライラしてました。
仮にもファッション誌でベルト発言をミランダがやり込める方がずっとスカッとした程で
そのミランダも公私混同のパワハラ女だし、最後に「実は良い人」ってなにその免罪符?
どんどん洗練されたのも、ナイジェルが広報用のサンプルを大量に融通してくれたから。
自分で買った服と判るのは、パーティドレス以外にある?そりゃブランド服を毎日好きに
取っ替え引っ替えできれば、ダサ子のフリしたアンハサウェイだもの。見違えるでしょう

そしてパリではクリスと寝たくせに、素知らぬ顔で恋人の元へ行く厚顔には呆れました
クリスの裏切り?がなければこのまま売れっ子作家の恋人に乗り換えたんだろうな ケッ。
アンディにとっては本命につなぐための腰掛けだから簡単に仕事を放り出して、清々した顔
パリ行きを取られたエミリーがその場にいたら、噴水に飛び込んででも携帯拾うはず。
ミランダ役である辣腕のワンマンっぷりがド徹底されててどこまでも食えない
メリル・ストリープとクリスチャン役のサイモン・ベイカーの洗練された色男っぷりは
魅力的でした。
84人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ぺんぺん2019/08/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
仕事をするということはどういうことなのか
確認済みの購入
ミランダが求めていることは「厳しすぎる悪魔のような要望」なのではなく、単なる要望と指示でしかない。それを「厳しい」と判断しているのは、「このくらいできてればいいや」と判断している甘ちゃんな内面なんだろうな、と思いました。劇中でナイジェルが言っていましたが「厳しい、無理」というのならば辞めて自分が適当だと思うところに転職すればいいし、「ここで頑張る」と決めたのなら愚痴なんて言ってないでどうすればこなせるかを考えないといけない。

厳しいですが、これは自己主張が重要とされるアメリカだけでなく、日本でも必要な感覚だと思います。
私は「自分で決めたのなら四の五の言わずにやり遂げる」「努力は結果が伴ってはじめて認められる」という社会人の感覚を最近ようやくわかってきました。会社からの要望を今までは理不尽だと思っていましたが、会社に勤めるということはその会社の要望に応えたから給料がもらえているわけで、対価の労働を差し出せないならクビになる、もしくは辞めるのがお互いのため。

そんな仕事人としての心構えを見せてくれる映画だと思います。
負けないぞ……!
48人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
噛みつきババア消しゴム2018/03/28に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
人生的に共感出来る!
確認済みの購入
正に、自分の人生と重なる。

最後は何が大切なのか、上に行くとは、どういう事なのか?結果を出すとはこういう事!

どんな犠牲があるのか?

何を選択して何を選択しないのか?

リアルです!夢を追っかけてる人は、周りとのズレやら違いに必ず葛藤します。

コレでいいんだ!って間違ってない事が分かりますよ!

オチも最高!

悪魔じゃなかったって事です。

プラダは着てますが、、、

今までされてきたイジワルに見えていた事、、

私も同じところを通って来た。

若い頃の私に似てるわ。

最上級の褒め言葉!

この子なら私みたいになれるかも知れない。

主人公は、そうはなりたくなかった。

周りから見えてる事、実際の中の人間の気持ち。

それを続けていく強さ。

能力の高さを証明した主人公。

最後にプレゼント。他で活かしなさい。

言わないながら、そういう事です。

表面的な言葉がいかにバカげてるか。

行動と結果が全て!

例え一瞬であっても、その一瞬が輝くからこそ、見ている側からは、美しく見える。

そんな作品でした!

最終的には、個人の能力、見た目、運で、可能性が無いなら引くのも賢い選択です!

チーフでした?ハゲたおじさんの言葉は印象的です。

プライベートがズダズダ、、、に対して

そろそろ仕事で成果が出る時期って事だな!

結局おじさんが1番可哀想だけど、、

それでも腐らず続ける!続けるしかない。

一生、光が当たらず終わるかも知れない。

もう戻れない。後悔は無い。そう思うしかない。

けど、何かを目指すって、そんなもんなんです!

甘い考えをしてる人に是非見てもらいたい!
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
2017/06/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
Blu-ray特典が可愛い
確認済みの購入
アン・ハサウェイが好きなので購入。
映画の内容などは皆様が語られていると思いますのでBlu-ray特典の方を。
●製作陣による音声解説:原作をふまえての細かいこだわり
●未公開シーン集:全編における編集作業による試行錯誤
音声付き(字幕あり)で聞けます。衣装等はもちろんですが、映画のファンとしても制作秘話を聞けるのでより楽しめました。ちなみに未公開シーン集におけるアン絶賛の言葉はファンとしては嬉しいものでした。
●NGシーン集
なんといっても作中ではとても格好いいミランダもといメリル・ストリープの可愛い笑顔がいくつも見れちゃいます。
キャスト陣の中の良さも必見。
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
MOO2020/03/02に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
上司のミランダに魅力がない
確認済みの購入
ファッション・女優さんの魅力は他の方々が語っているので割愛します。
その点に関してだけは本当に美しいし素敵だと思うので☆3つ。

ただ個人的にこの物語の核でもあるミランダがただの理不尽パワハラ上司としか思えなかったのがきつかったです。序盤のアンディにベルトの説明するところは良かったのにな…
何よりも毎回鞄とコートを秘書席に投げつける姿にファッションに対する愛が全く感じられませんでした。
こんな人に偉そうに仕事のこと語られても説得力ない。

また同僚のエミリーはアンディと互いに歩み寄るようなラストで良かったけど、ナイジェルには何のフォローも描かれなかったもつらい。
結局は傍若無人なミランダを周囲が必死にご機嫌取ってフォローして振り回される話だよねこれ。

公開当時に観たときはもっと素敵な映画に感じたはずなのですが自分が働くようになり年月も経てば色々変わるものだな~と思いました。令和になった今テレビで放送したら荒れそう。
でも仕事に縛られず自分らしく生きるって感じのラストは現代的でもあるのかな…?
とりあえず私はもう観ることは無いと思います…
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ミケ2020/10/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
傑作です
確認済みの購入
この映画はとても素晴らしいですね。

プラダを着た悪魔こと、ミランダは雑誌編集長で仕事の鬼で、全米中のファッション愛好者にとってのカリスマです。
その仕事ぶりをつぶさに見ることができるアシスタントに、ファションなどなにも興味がない、大学では勉強ばっかりやってたアンドレアが応募します。

普通なら門前払いされるところを、なぜかミランダは採用をして……という流れ。

以下微ネタバレ感想

この映画には仕事と才能についての様々な要素が詰まっていますね。
終盤のちっちゃなドンデン返しみたいのはちょっと微妙でしたが、あれはオマケ程度かと思います。

この映画の見どころは、ミランダがエミリー(第一助手)の机にコートとバックを置くところ
そしてミランダが離婚の話をするところかと思います。

1つ目の見どころでは、これ以上ないほど演出的に優れた形で、粋に「才能の違い」を見せつけます。
その後エミリーが事故ってしまい、緊迫で心臓が切り刻まれるようなシーンがなくなってしまったのは残念でした。
ですが、コートとバックを置くシーンにはハッとさせられるものがあり、アンドレアの卓越した才能についてキッチリとした描写が為されます。

2つ目の見どころ、それはミランダの離婚ですね。
ミランダは仕事の鬼です。仕事が全てで、自らの才能を100%発揮し、世に知らしめることこそ己の存在意義だと思っているのでしょう。
でも、それだけでは単純なキャラなんですね。
ミランダは愛も求めていて、子供に対しては愛情も抱いています。離婚をすることになったときの彼女の表情は、その愛が上手くいかないことへの哀しみ、感情的な動転が如実に現れています。

では、仕事とプライベート、どちらを大事にするのか。ミランダは仕事を選びます。
だってそれが自分の存在意義なので。

その後、アンドレアが選んだ選択については賛否両論あるかもしれませんが、自分はあまり気に入りませんでした。
以降は、文句となります。

自分は才能あふれるアンドレアには仕事で成功してほしいです。
それに対するネイトはパートナーとしてはどうなのかな、と思ってしまいました。

ネイトは料理人ですが、最後にそこそこ有名なレストランの副料理長になったみたいです。
これは、作中の描写からしてみるとやや不自然な出世のように思います。つじつま合わせ的な作為を感じました。

もちろん、クリエイターは万能ですから、ネイトをもっと有能なポジションに置くことはできたでしょう
ですが、中盤にアンドレアの足を引っ張るため、仕事に理解のない人生のお荷物、性格がいいだけの男という役割をこなさなければならなかったので
彼は有能になれなかったわけです。ですが、最後にパートナーとして復帰してストーリーを軟着陸させるため
ネイトが安料理店の下働きではバッドエンド感が漂うので、つじつま合わせでそこそこ出世させた。

でも、ストーリー上パートナー候補は彼しかいないし、最後の時点でアンドレアにパートナーがいないと
「これから仕事の鬼になるのかな?」というベクトルに想像が進んでしまいますので、もうちょっと上手くやれなかったものかと
やや不満でしたが、致し方ないことかと思います。

エミリーの事故(あれはアンドレアとの直接対決を回避させるための事件でしたね)もそうですが
この映画はストーリー上、コミカルな出世物語を主題にハッピーエンドで終わらせるために
緊張感のあるシーンを意図的に回避して、人間関係を破局させずに温存しようとしていたように感じました。
エミリーの降格などは緊張感に溢れた最高のシーンになると思ったので、そこをスルーされたのは残念です。

もう一つの文句としては、ミランダ役のメリル・ストリープが歳を取りすぎていること。
当時の彼女は57歳です。双子の演技をしていたデンジェル姉妹(双子姉妹の子役です)は当時14歳でした。
容姿年齢で考えると43歳での高齢出産になってしまうわけで、結構な違和感がありました。
メリル・ストリープは神がかった演技力で見事に役をこなしていたので、子役の双子姉妹の年齢のほうをもう少し考えて
2~3歳上げるべきだったと思います。(演技力が必要な役目でもないので)

文句は少しあるものの、内容的にはそれを上回るほど素晴らしかったので、★5です。

Wikipediaを読むと、内容的にも原作小説から変更があったようで、個人的にはこれも素晴らしかったと思います。
(原作小説では、黒人女性が車に轢かれ瀕死の状態になり、それを助ける過程でミランダとアンドレアが対立して関係は決定的に破局するらしいです)
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
さー2019/07/31に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
綺麗な女は得ね
確認済みの購入
オカマに助けられ金の心配もせず高い服を着て、同僚の病気で偶然大きなチャンスを得て、寝た男に助けられ上司から信頼される。
主人公は一体何を頑張ったの???
せめてアンディの頭脳が活躍するシーンがあれば良かったのに。
これは衣装を楽しむだけの映画
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazonカスタマー2020/10/03に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
(ネタバレ無し)「社会人デビューで勘違いしちゃってる女」にイラっとした経験がある人は、観ない方がいい笑
確認済みの購入
評価が高いので観てみました。
が、「なんでこんな評価高いの?」って感じです。

いや、確かにいますよね、こういう女性。

元々すげーイモっぽかったはずなのに、大学入ってチヤホヤされて勘違いする子、または、新卒でいい会社に入って調子に乗ってる子、などなど。
枚挙に暇がありません笑

コンパでそういう女に出会ってイライラした経験がある人は、絶対に観ない方がいい!笑
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示