プライベート・ライアン [Blu-ray] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,100
通常配送無料 詳細
発売元: CINEMANIA
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

プライベート・ライアン [Blu-ray]

5つ星のうち 4.5 398件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,373 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,198 (47%)
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,373より 中古品の出品:4¥ 1,025より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオプライベート・ライアン (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • プライベート・ライアン [Blu-ray]
  • +
  • ブラックホーク・ダウン [Blu-ray]
  • +
  • プラトーン [Blu-ray]
総額: ¥3,673
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トム・ハンクス, トム・サイズモア, エドワード・バーンズ, マット・デイモン, バリー・ペッパー
  • 監督: スティーブン・スピルバーグ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語, タイ語
  • 字幕: 英語, タイ語, ヒンディー語, 日本語, 韓国語, 中国語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2013/08/23
  • 時間: 169 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 398件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00DACMNQO
  • JAN: 4988113747875
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 1,039位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

パラマウントが誇る名作・傑作がリプライス!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーブン・スピルバーグ監督が、戦争の恐ろしさを疑似体験させるようなシーンをリアルに描いた衝撃の戦争ドラマ。戦地に取り残された二等兵・ライアンを戦場から救出するため、ジョン・ミラー大尉は小部隊を編成し、敵陣深く侵入するが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 accini VINE メンバー 投稿日 2011/2/9
形式: Blu-ray
この作品の凄さ、素晴らしさは、もはや衆知の事実ですので、今更語りません。
また、このBlu-ray版は画質は勿論、音質もかなりクウォリティが上がっています。
特に「音響」には徹底的にこだわっている作品なので、嬉しいです。

ただ、視聴される際は、テレビモニターの調整にも気を付けてみて下さい。

最近の大型モニター(特に液晶)には、画面のパラつきを制御して、
なめらかに見せる工夫がなされている機種があります
(例えばSony Braviaならモーションフローの事です)。

この作品はもともと、ドキュメンタリー・タッチを目指して、
かなりパラパラした映像を「狙いとして」採用しています。

フィルムカメラのシャッター開角度を狭く45度に設定して撮影する事で、
弾ける弾丸や血しぶき、土埃などを際立たせ、
尚かつ手持ち撮影を多用することで、臨場感も高めています。

手法としては決して新しくはないのですが、
この「パラついた画像」が、この作品では絶大な効果をあげていて、
後の映画の戦闘シーンやアクション・シーンの撮影の仕方にも影響を与えています。

これを「パラつき防止」のモニター制御で
...続きを読む ›
コメント 248人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 最前線の兵士の目線で描かれた凄まじい映像と音響。圧倒的な臨場感に最初の何回かは人物設定のディテールや細かな伏線に気付きませんでした。この映画は時々突然に、無性に見直したくなります。自分でもおかしなことだと思うのですが、疲れ切って帰宅して、それでいて気持ちが張りつめて興奮し、酒を飲んでも眠れないような深夜に、つい一人このDVDを取り出して観てしまいます。
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
凄まじかったです。。
戦争に関して、少なくともこの映画を観た直後には安直に良いとも悪いともいえません。
経験していない自分如きに、否定する権利は有るのか。ただ「沢山犠牲になるから」と言い捨ててしまって良いのか。
ですが決して肯定してはならないことだと、それだけは確かに言えます。

これは戦争を肯定した映画では間違いなくありません。
かといって、否定した映画でも有りません。
戦場のシーンはそこに感情は無く、ただただ現実を表現しきった映画です。
これを観て戦争を素晴しい物と捉える人は、たった一人もいないでしょう。

スピルバーグ監督の底なしの想像力、感服しました。
観る前はスピルバーグ監督?と思いました。自分にはETや宇宙戦争等、SFのイメージが強かったので。
ですが観ていると成る程、確かにスピルバーグっぽい(?)映画だなと感じました。
何か具体的に言えませんが、独特のそれは感じられました。きっとそれがスピルバーグ監督の魅力なんでしょう。

ストーリーに関してですが、確かにこれは荒唐無稽です。映画として最小限の味付けしかしていない、とも言えますでしょうか。

8人の精鋭が1人を助ける。それも二等兵。ですが、これはたった
...続きを読む ›
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
特に、ノルマンディー上陸作戦シーンの悲惨さは凄まじい。
実際に上陸作戦に参加した兵士が、「(戦闘の様子は)プライベート・ライアンのシーンと同じようだった」と言っているのを何かのドキュメンタリー(確かバンド・オブ・ブラザース)で見た。リアルで良い。でも、ほんと悲惨。

兄弟が全員戦死して、一人生き残ったライアン二等兵を本国に帰国させるために救出するという馬鹿げた任務を遂行するミラー大尉の話。
戦争映画としてだけではなく、映画史上に残る傑作。

筋金入りの戦争映画好きが、自信を持ってお奨めします。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
銃弾の玉1つも、兵士1人の命も、戦場にはいない上層部や国を司る者達にとっては、大して重さの違いは無いのだろう。
冒頭の上陸作戦ではそんなことを感じる。

玉がピシッとあたる度に1人死に、砲弾やら何やらが炸裂する度に何人も死ぬ。
死ぬ、死ぬ、死ぬ!どんどん死ぬ!!
虚しい。

そんな中、「4兄弟の内3人が戦死したた1人の兵を、軍の温情により母国へ帰還させる」という指令発生。
上層部は道徳的な指令を出したと、さぞ気持ちの良いことだろう。

しかし現場(戦場)では、この任務を担った小隊は2人を犠牲にしてしまう。
その戦いの中では、ドイツ軍の兵だって多く死んでいる。
あげく、当の本人は帰還を拒否するし、その後の作戦の中で小隊も当人のいた隊もほぼ全滅。

お国から指令を出す上層部は、こういうことを予想する想像力があるだろうか。

死ぬのは現場にいる兵隊や、巻き込まれた市民達。
このアホな指令を出した人も、当然戦場にはいない。
国を、世界を、この道へ導いた人も、当然戦場にはいない。

アメリカ兵も、ドイツ兵も、なんでこんなことしているのか。
誰が戦争をしたいのか。

...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー