¥2,200
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ブント私史―青春の凝縮された生の日々 ともに闘った... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ブント私史―青春の凝縮された生の日々 ともに闘った友人たちへ (日本語) 単行本 – 2010/6/1

5つ星のうち4.8 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,200
¥2,200 ¥2,000
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ブント私史―青春の凝縮された生の日々 ともに闘った友人たちへ
  • +
  • 戦後史の証言・ブント (ブントの思想)
  • +
  • 叛乱の六〇年代―安保闘争と全共闘運動
総額: ¥7,590
ポイントの合計: 76pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1958年に結婚し、日々の生活から女子美大生協の起ち上げ、共産党との決別、そしてブント創立から安保闘争へ、1960.6.15を頂点に解体したブントと共にひたむきに生きた若き夫婦の絆を赤裸々に綴った感動の手記。青木昌彦、唐牛健太郎をはじめ、ブントに結集した若き学生たちへの想いを語りながら、今なお時代状況に対峙する自立精神に私たちの学ぶべきものは多い。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

島/成郎
1931年東京で生まれる。1950年東京大学教養学部入学と同時に日本共産党に入党する。共産党の50年分裂で除名。レッドパージ反対闘争に参画し、自治会副委員長として果敢に闘う。1951年復党する。1954年東京大学医学部に入学する。1955年全学連再建に精力的に活動し、砂川基地反対闘争、原水爆禁止反対闘争を闘い、全学連の「奇跡の再建」に参画する。1957年共産党の東京都党委員に当選。第7回大会の代議員になるが、生田浩二、佐伯秀光と共に党内フラクションを結成し「プロレタリア通信」を発信する

島/ひろ子
1936年東京で生まれる。1942年京城国民学校入学(ソウル)。1957年女子美術短期大学卒業。女子美大生協設立へ活動。1958年結婚。1960年安保闘争参加、生協退職、秋にひろ工房起業。1970年沖縄にて染色修得。沖縄、赤坂、銀座資生堂ギャラリーなどで個展、グループ展などを開く。新制作展、モダンアート協会会友(後、退会)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2010/6/1
  • 単行本 : 262ページ
  • ISBN-10 : 4826505264
  • ISBN-13 : 978-4826505260
  • 出版社 : 批評社 (2010/6/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 3個の評価