通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ブログ飯 個性を収入に変える生き方 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ブログ飯 個性を収入に変える生き方 単行本(ソフトカバー) – 2013/6/21

5つ星のうち 4.2 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,295

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブログ飯 個性を収入に変える生き方
  • +
  • 世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生
  • +
  • Google AdSense 成功の法則 57
総額: ¥5,032
ポイントの合計: 149pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

無理しない稼ぎ方の大原則。
専門知識がなくても、有名じゃなくても、
妻一人子一人(+ネコ一匹)を養える!

テクニックありきではない人気ブログの作り方を解説したSNS時代の新しい生き方本。
自分の好きなこと(個性)をネットで収入に変える方法を、根本となる考え方や具体的な収益方法を交えて解説しています。
著者は人気ブログ「Xperia非公式マニュアル」を運営し、Google AdSenseの成功事例としても取り上げられたプロブロガー。
ネットで集客して収益に結びつけるまでの道のりを体系的に学べる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

この本では、著者がこれまでに得た経験をもとに「ブログで飯を食う」ための、心構えや考え方を中心に紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: インプレスジャパン (2013/6/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844334166
  • ISBN-13: 978-4844334163
  • 発売日: 2013/6/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,667位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
“個性を収入に”“アフィリエイト”といった単語が並んでいたので、どうせレビューを書く気にもならない「楽してネットで金儲けしましょう!」系の怪しい本かと思っていました。

実際に読んでみると、内容はむしろ真逆でした。

著者の体験やインタビュー等の生の情報に裏打ちされた、継続してまっとうに収入を増やしていく方法が掲載されています。

何より著者が運営しているブログや、著者が使っているサービスなどが名前とアドレス入りで掲載されている点が新鮮でした。
自分の稼いでいるブログやサービスについて具体的に教えてくれる人は少ないので、この部分だけでもとても参考になります。

また最後にはきっと怪しい有料情報やセミナーの売り込みでもあるんだろうと疑っていたのですが、載っていたのは鬼嫁コラムという面白いコーナーでした。
著者がブログ飯できるようになったのは、この奥さんあっての事だと思いますので、その点で書いてある事の全てを読者が真似するのは難しい気もします。

ただ、ブログを本気で取り組んで収入を増やしたいという方、そしてブログを続けているけれど挫折しそうという方には、参考になる部分も多いと思います。

あきらめずに続ける事で、必ず結果はついてくる。そう信じている人の背中を、グッと力強く押してくれる本です。
コメント 116人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アフィリエイトに興味はあるけど、行動に移したことがない人や、どこか胡散臭く思ってる人、あまり儲からず長続きしなかった人に、アフィリエイトとはどんなものかと、可能性を示してくれる良書だと思います。
著者含め、アフィリエイトで大金を稼いでる人たちは、普通にサラリーマンをするのと変わらないかそれ以上の努力や何かしらの才能が有る場合がほとんどだと思います。
この本を読んだからといって儲かるとは限りませんが、ブログを運営する上でのモチベーションにはなるはずです。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
非常に丁寧に書かれており、著者の誠実さが節々で感じられます。
今さら感のあるFacebookの説明や、本編とは直接関係のないビジネス的なやや説教臭い部分はいかがかと思うところもありましたが、これもやはり著者のお節介が過ぎるほどの人の良さの表れだとも思います。

主な内容についてですが、これからブログで飯を食っていこうと思っている人にとっては、先人が通った道を知ることができますし、テクニックに頼りすぎることなく(=結果として無駄な努力をする必要もなく)ブログを書く上でどんなことに気をつければ良いかが一通り分かる良書だと思います。
ただ、「頑張れば、オリジナリティーを出せば、何とかなる」的な主張が強いのですが、これはあまり鵜呑みにするのはいかがかと思います。本書では著者のブログでの収益構造について具体的には書かれていませんが、本書を読む限りはXperia非公式マニュアルというヒット作が爆発のきっかけであり、現在もやはりそのヒット作による収益が大きいと思います。
本書でもそのヒットが出たのはそれまでの経験と実績があったからこそと書いてあり、実際にその通りだと思うのですが、本書に書かれてあることをコツコツと実践したからと言って飯が食えるブログになるというわけでもない、というのが現実・・・だと私は思います。

狙ってヒット
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
今までに見たことのない熱いブログの本となっています。マジだよ、このブログの本は。これが私の本の感想です。

この本は、巷に出ているブログのテクニックの本では全くありません。
本当に、苦労に苦労を重ねて、何とか今やっとかブログで食べていくことができるようになった筆者の熱い思いの一冊となっています。

テクニック的な事はほとんど書いてありません。

しかしながら、ブログで飯を食べていくためにどれだけ努力をしなくちゃいけないのかその根性が文面からひしひしと伝わってきます。
生半可な気持ちでは絶対に成功しませんし、できるということも、筆者は一言も言っておりません。

だからこそ、本当に食べていこうと思うのであれば、かなりの時間を要しますし、本当に根性の根性かなければ家族を養うなんて事は夢であると言っています。

だけれども、それをやり遂げた筆者だからこそ、言葉に重みがあり、ほとんど、びっしり書かれた文章ばかりの本となっております。

現物の本を見ていただければ分かりますが、一般の書物と見比べても、若干事は小さいというか、行間が狭く感じると思います。

それくらい今回筆者は、ブログでちょっとと稼ごうと思っている人たちに警笛を鳴らしなが
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック