中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付です。キズ・ヨレ・汚れ・水濡れ・書込みなし。使用感が少なく全体的に良好なコンディションです。中が透けないように梱包いたします。発送は、「ゆうメール」です。(簡易防水包装)あくまでも中古品です。完璧な状態をお求めの方は、ご遠慮ください。付録、CD、DVD等明記ない場合は無。商品の状態違い、記載ミス等ございましたら遠慮なくご連絡ください。誠心誠意、最優先で対応させて頂きます。 在庫がない場合、ご注文をキャンセルとさせて頂く場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ブログ論壇の誕生 (文春新書) 新書 – 2008/9

5つ星のうち 3.7 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

インターネットの世界に出現した巨大なブログ論壇。その新しい言論は、古い言論を支配していた団塊世代と激しく対立し超克しようとしている。新たな公共圏生成のインパクトをレポート。特別付録・佐々木俊尚が選んだ著名ブロガーリスト。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐々木/俊尚
1961年、兵庫県生まれ。早稲田大学政経学部中退。88年、毎日新聞社に入社。警視庁捜査一課、遊軍などを担当。99年、アスキーに移り『月刊アスキー』編集部勤務を経て退社。現在、フリージャーナリストとしてIT・ネット分野を精力的に取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 254ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166606573
  • ISBN-13: 978-4166606573
  • 発売日: 2008/09
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,067,958位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
遠くは「塩爺」近くは「のまねこ騒動」。どちらも遠い過去のような気がする。定期的にネタを投下しては再炎上させてくれる毎日低俗記事問題はともかく、ネットの騒ぎなんて長くて数ヶ月。本書は「諸君」でのこの1年間の連載を転載したものなので、現時点ではそう色褪せた感はないが、来年の今頃読んだら、「あのころは…」という印象になってしまうかなあ。

しかし、著者の主張には多くの点で違和感を感じた。「ブログ論壇が既存の言論に対抗する公共圏になる」という著者の論は果たしてそうか?著者はネット言論の主役をリアル社会で失敗している「ロストジェネレーション」と見るが、果たしてそうか?巻末で著者が紹介するたくさんのブログのうち、池田ノビーやら切込隊長、dankogaiほか専門職、研究職など多くはないが自分が知るブログの主の多くはリアル社会で成功した人たちだ。本当にいいブログも多いが、てめえの自慢をしながら、人を叩いて自分のアフィリエイトを上げることに熱心、というせこい手合いも少なくない…。自分の成功は棚に上げて社会やマスコミを批判する連中が「ロスジェネの声」だとはとても思えない。一瞬の竜巻は起こせても、持続的にリアル言論に対抗するなんて無理だ。

また、「小泉の郵政選挙勝利はマスメディアよりネットの言論が強いことを証明した」と著者は言うが、そりゃ、閉じたネット社会から見
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本のタイトルをみたとき,なぜいまさらこんなタイトルをつけるのだろうとおもった.「ブログ論壇」が話題になったのはもうずいぶんまえのことだ.実際,読んでみると章のタイトルにはいちいち「ブログ論壇」がついているが,内容はかならずしもそうでないことがわかる.

とりあげられている問題はマスコミ関係として,毎日デイリーニュースの低俗記事問題,あらたにす,ウィキスキャナー,いくつかの政治がらみの問題,秋葉原事件,ケータイ論壇,青少年ネット規制法などなど.種々雑多でつっこみもよわいので,全体としては雑然とした印象しかあたえない.

佐々木 俊尚 というネット・ワッチャーがみたネットのすがたという意味では価値があるのだろう.しかし,もうすこしつっこんだ議論をするのでなければ,価値ある議論とはいえないだろう.
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
もうすでに佐々木氏の意見は古いという評価もあるようですが…。
佐々木氏が嘆いているようにブログは日記代わりくらいにしか思っていなかった私としては実に新鮮な本でした。帯に『ブログ初心者』へと入れたらよかったかもしれませんね。

これからはネット社会だ、ブログのひとつもやらないと時代に取り残される、と煽られますが、ネットでどれだけのことができるのかこの日本でまだまだ実感できない人は多いのではないのでしょうか?自分と同じ価値観を持つ人としかネットでコミュニケーションをとらないのであれば居心地のいい茶飲み仲間とのやりとりに過ぎないし、それでいいと思っている人も多いでしょう。

ただ、今の日本にはこのままではどうにもならないという人間が少なくなく、その多くはネットに馴染んだ世代です。韓国の盧泰愚大統領、アメリカのオバマ大統領をかつぎあげたような政治コミュニティを作り出し、政治を自分達の手で変えていこうという取り組みが今後起こらないとも限らないですよね。佐々木氏同様、私も今後のネット論壇に大いに期待します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
最近(2015年)はやりの反知性主義とは「反インテリ主義」のようだ。知的な相手に盲従するのではなく、自ら学んで道を切り開くために知性を身につける必要がある。しかし、マスコミ対ネット、世代間対立と指摘される「非対称戦争」の行方は不毛だ。「反知性」とされているものの正体とは何なのか。具体的にイメージするには本書で取り上げられた事例は参考になる。多様性、独立性、分散性が満たされて初めて集合知となることを本書は示唆している。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 本書の諸稿は、2007年8月号から08年9月号までの文藝春秋の月刊誌『諸君!』の「ネット論壇時評」に掲載されたものを元にしている。
 著者の佐々木俊尚より最近のインターネット空間での言説をめぐる「事件」等の動向が手早く紹介される。
 そして、インターネット空間に存在する「ブログ」「2ちゃんねる(掲示板)」等から発展した言説が、伝統的な紙媒体の誌紙による公共言論空間「公論」と置き換わる可能性の検討が行われる。
 毎日新聞社の英字『毎日デイリーニューズ』の「日本女性低俗記事」事件、朝日・読売・日経による新ポータルサイト「あらたす」の不発、ウィキペディアをめぐる中央官庁職員等による書き換え・訂正事件に、ネットの住人が何を見何に反応したのか。この分析から、ネットの特性を導き出そうとする試みである。
 これらの事件がら表出されるネットと現実社会の構造を可視化された「汚い情念も美しい理念も、あるいは論理的な議論も汚い脊髄反射的な応酬も、すべてが見えてしまっている」新たな公共圏の誕生が紹介される。
 しかし、本書終盤の結びは「インターネット論壇がこうしたマイノリティー意識を乗り越え『われわれの世論こそがリアルの世論である』という認識に達する日がやってくれば--そして衆愚化を防ぐ何らかのアーキテクチャを実現することができれば--いずれこのネット論
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー