この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ブレード/刀 [DVD]

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 1,218より 中古品の出品:4¥ 2,436より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: ウィン・ツァオ, ション・シンシン
  • 監督: ツイ・ハーク
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 中国語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東芝デジタルフロンティア
  • 発売日 1999/03/25
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005FXMI
  • JAN: 4988102480516
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 118,210位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   刀鍛冶場で働くテンゴン(ウィン・ツァオ)は、父親が全身入れ墨の剣の名手ルンに殺されたことを知り、親友のチュタオとともに復讐の旅に出る。しかし、彼の後を追ってきた刀匠の娘リン(ソニー・ツー)が漁師たちに囚われ、彼女を助けようとしたテンゴンは右腕を失ってしまう。やがてテンゴンはひとり猛特訓を開始し、ルンとの宿命の戦いに臨んでいく…。
   香港アクション映画界の雄ツイ・ハーク監督による壮大なスケールで贈るアクション時代劇。とにもかくにも壮絶な剣技シーンの数々が圧巻なのだが、そこには香港武侠映画の第一人者として知られた伝説の巨匠キン・フー監督の作品群や、さらには『用心棒』といった日本の黒澤明時代劇など優れた先達の影響が明らかに見いだせる。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

右腕を失いながらも父親の仇である悪党に立ち向かう若き刀匠の姿を描いた、ツイ・ハーク監督、脚本による本格派アクション時代劇。ウィン・ツァオ、ション・シンシンほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 S 投稿日 2012/7/5
ツイ・ハークの作品の中、最高のアクションだと思う。

大型の刃物の恐ろしさが、ゾクゾクする。

孤児で住み込みの刀鍛冶、加えて、中国の制約だらけの時代の主人公。

片腕を失いながらも、見事に全てを克服し、

「宙を飛ぶ男」

を打果たす。

また、その剣撃の凄まじさだけでも、見る価値がある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
殺戮と暴力が吹き荒れる時代。それ以外の説明は一切ない。荒くれた猟師、盗賊たちが幅を利かせている。

刀鍛冶の主人公はひょんな事から自らの父の仇、全身に入れ墨を入れた「空を飛ぶ男」の存在を知る。
師匠の娘を救う為に猟師たちに挑んだ死闘の中、彼は片腕を失ってしまう。孤児の娘に救われた彼は家にあった剣の教則本を参考に想像を絶する修行を開始する。

丁寧で荒っぽい描写にまず、目が惹かれる。
刀や罠を駆使した戦闘は一撃必殺ではない。その只中にいる人間たちは傷つき、流血しながら戦闘を繰り広げる。
次に素晴らしいのは、独特な殺陣だ。主人公は猛修行の末にコマの様に回りながら相手を斬るという技を習得する。クライマックスで見られる「空を飛ぶ男」との死闘は凄まじく、素晴らしい。思わぬ飛び道具や、ギミックの施された刀、それらが高回転する人間たちとベーゴマの様にぶつかり合うのだ。

世界観は、ダークで雑多感溢れている。アジアの大陸的な活気に溢れていると言えよう。希望など欠片もなく、タフな日常だけが続いている、あの感覚。そしていつの時代なのかわからず、暴力と狂気が隣人の様に常在する日常は『マッドマックス』のそれだ。ただしモヒカンの暴走族も、改造車も登場しない。刀一つで生き抜こうとする鋭い目の男たちだけがいる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
極めてアジア的雑多感のある映像がとても好きです。
片腕になった主人公が修行の果てに復讐を果たす、という内容が
ベタかもしれませんが割とシリアスに描かれていて気に入りました。

比較的泥臭い映像表現と相まって結構リアルに痛々しいところが
いいです。汗の感じとか。

ブレイドというと同じタイトルのヴァンパイアハンターの作品が有名ですが
こちらの方がブレイド(刀)という意味では作品の内容を表しているような気がします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
主演はウィン・ツァオ(ワンチャイシリーズ後期の主人公、金玉満堂のお助けシェフなどで出てる)
「キン・フーや黒澤明の影響が明らかに見いだせる」と書いてある通り
とにかく
殺陣がかっこいい、それに尽きる
ツイハークお得意のワイヤーアクション・SFX等を感じさせない
リアルな剣と剣(微妙に違うけど)の戦い繰り広げられるところが他の作品とちよっと違うところかな
しかし
時間が短いので仕方がないのかもしれないけど
ストーリーが単純・簡単
修行もあっさり済んで
仇のラスボスにもあっさり会えてしまう
あと、主人公?女性の語りで物語は進んで行くのだが
それが逆にだるい
ストーリーとのからみから考えるとそれを省いて
もっと話を掘り下げて欲しかった感じ
雰囲気はすごくいいんだけどね
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/10/12
わりとアクション少なめだが、アクションそのものはリアルで濃密。ラストのアクションシーンは必見!!
回転!回転!回転しまくり。ブレイドとは違います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告