ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 KAWAUTI books&game
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ケース、ディスク★☆説明書☆ケース、説明書の傷み・キズや汚れ等がございます。商品個別の状態につきましてはメールにてお問い合わせください。動作に問題はありませんが、ご了承の上お買い求め下さい。プロダクトコードの付属した商品につきましては、中古品となりますので使用状況に関しては保証出来兼ねます。予めご了承頂きますようお願い致します。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,108
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: まかたけ堂
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: oskb244
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: ウッドガレージ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 4.2 135件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 3,979 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,365 (46%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、大特価!!株式会社MEDIA 安心アマゾン最短即日発送が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 3,108より 中古品の出品:70¥ 1より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブレス オブ ファイア V ドラゴンクォーター
  • +
  • ブレスオブファイア3
総額: ¥11,909
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B00006D2DL
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2002/11/14
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 135件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 6,568位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

   今作で5作目と、長い歴史をもつカプコンの名作RPGの最新作が、これまでのシリーズとはひと味もふた味も違った新しい世界観とゲームシステムを引っさげてPS2に登場する。

   巨大な「災い」によって地表は瘴気(しょうき)にあふれ、もはや人間が住める場所ではなくなった。人々は生き残るために地下深く潜り、長い年月のあいだ、陽の当たらない生活を余儀なくされる。主人公リュウは、能力が低い人間たちに任せられる仕事のひとつ、下層地域の警備を勤める下っ端のサードレンジャー。幼い日に測定された1/8192という数字は、一生昇進できることなく今の仕事に甘んじなければならないという厳しい現実を表していた。しかし、ある事件をキッカケにニーナという不思議な女の子を助けたことで、リュウの新しい物語が始まっていくことになる。

   前作シリーズまでとはうって変わって、薄暗い地下世界がゲームの舞台となる本作だが、ゲームシステムもまったく新しいものが導入されている。「SOL(ソル)」と名づけられたこのシステムは、プレイを繰り返していくことで新たなイベントやストーリーが追加されていき、徐々に物語の全ぼうが明らかになっていくというもの。ゲームオーバーになっても、やればやるほど新しい真実が見えるようになっている。なお、地下3Dダンジョン内で、敵に囲まれたり障害物に行く手をはばまれた場合などには、登場するキャラクターそれぞれに用意されている特有のアクションを駆使してその場を切り抜けなければならない。キャラクターを状況に応じて切り替え、使い分けていくのが本作のポイントととなるだろう。

   また、音楽では作曲に崎元仁、音響監督に光田康典のビッグネームを起用。鬼束ちひろによるテーマ曲なども話題となっている。(荒沢有紀哉)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ゲームオーバー前提の難易度・システムなので、明らかに初心者向けのゲームではありません。
かといって、むちゃくちゃに理不尽な難しさでもなく、この辺の難易度のサジ加減には製作者側のセンスを感じます。
キャラクターも媚びていないのにかわいらく、愛着がわく。
そして何より素晴らしいのがエンディング。
ゲームオーバーになって今までの成果が水の泡とか、そんな苦労もこのラストを見ればすべてふっとびます。
テーマソングを歌っている鬼束ちひろの歌声も見事にマッチしていて、
スタッフロールが流れている間もしばらく涙が止まりませんでした。
このゲームをやった全員が全員、ここの評価で表すのなら「星5つ」ではない、人を選ぶゲームだとは思います。
今までのブレスシリーズとも明らかに違う方向性の作品で、シリーズのファンとしてはショックを受ける人もいたかと思います。
しかし、個人的にはここ近年まれに見る心に残る良作でした。
最近の手取り足取りのヌルいRPGに飽き飽きしている方にぜひやってみてもらいたい作品。
作品の質の高さの割には中古でもベスト版でも手ごろな値段なのでぜひ。
コメント 147人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最初買った時は、戦闘よく分からないし、暗いし、気持ち悪いし
セーブするアイテム無いとセーブも出来ないし、Dカウンター下げられないと知って投げました。
数年放置。
でもやっぱりストーリー気になってたのでもう一度プレイしてみました。
説明書しっかり読んで、戦闘を理解したらこれが面白い事。
トラップや先頭のキャラクタ、モンスターの位置…戦略的な要素のあるいいシステムでした。
雰囲気的に暗くて怖いのですが、歳をとったからないのか、今度は全然大丈夫でした。(笑)
そして、やっと空を見たわけですが…なんというか、これはスタッフの愛を感じる
とてもよく作り込まれたRPGだなと。世界観やキャラクターの設定も演出もとにかく凝っていて、素晴らしかったです。

ライトユーザーお断りな難易度だと個人的には思うので、一応覚悟しておいた方がいいかと。

ストーリーは1時間ほど進めれば、もう一気に引き込まれるんじゃないでしょうか。
私は話の続きが気になるゲームを久しぶりにやった気がしますが。

私も最初投げた口なので、低い評価をつける人の気持ちも分からなくないです。
人を選ぶゲームだとは思います。が、私には最高のゲームでした。迷わず名作として数えます。

このゲームを作ったスタッフの方達に、ありがとうと言いたいです。
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まずはあまりの不親切さに投げたくなる。
持てるアイテムは少なく、敵は強く、セーブも有限で、たいてい最初からやり直す羽目になる。

が、その不親切さ、難しさ、ストレスこそがこのゲームの醍醐味だと分かると、途端に楽しくなる。
扉の先にボスがいる予感がするが、今の自分が勝てるのかどうかという保証がない。
倒すヒントもない。負けたら何時間も前のセーブデータに戻される。そもそも、本当にボスかどうかもわからない。
そんな圧迫感を抱え、胃をキリキリさせつつ、なおも前に進まなくてはいけない。

救済要素としてドラゴンの力を借りるシステムがあるが、使いすぎるとドラゴンに侵食されてゲームオーバー。
しかし、今自分がストーリーのどの辺りにいるのか、大まかにしか分からない。
強敵があと何人いるのかも分からない。ドラゴンの侵食とゲームクリア、どちらが先か、また胃がキリキリする。

だが、その胃のキリキリが非常に楽しいのだ。
異様に強い雑魚敵に脅かされ、ボスの存在に緊張し、地下の世界からひたすら空を目指す。
シビアなゲームバランスが、暗く鬱屈した世界観にマッチしていて「ゲームを進めている」実感がある。
何十時間にも及ぶ圧迫感の末、目指した「空」にたどり着くエンデ
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一人の少女の為に、世界を敵に回せるか。

自らの所属する団体を、世界を管轄する政府を、そして唯一の友人を。
正しい事とはなんなのか?悪とはなにか?
クールで陰湿ですが、何よりも熱いストーリーがこのゲームにはあります。

D値という生まれついての才能を表す値によって待遇や住む世界さえ決められる凄まじいカースト制の世界。
主人公であるリュウも、ほとんど才能がないに等しい1/8192という値でしかありません。

同僚のボッシュと共に任された任務で、リュウが出会ったものは
地下の汚れた空気を綺麗にするため、人体改造を施された幼い少女でした。
なんと彼女は汚れた空気を自らの肺で洗浄し、肺がもたなくなればそのまま死んでしまうのです。

人一人を道具として扱うその世界のありように、リュウは憤り、たった一人で世界に反逆することを決意します。
なんの才能もないリュウが、己の剣だけで戦う姿には本当に心をうたれます。

心を揺さぶるストーリーを盛り上げるのは高すぎる難易度も一役買っています。

ほぼ一般人であるリュウは、他のゲームの主人公に比べてかなり貧弱です。
そのあたりにうろうろしている敵にさえ苦戦を強いられ、下
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー