ブレイブ ストーリー 特別版 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ブレイブ ストーリー 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.0 22件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,093
価格: ¥ 2,480 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,613 (39%)
残り6点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、falo-mediaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,600より 中古品の出品:26¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

2017年 春アニメ予約開始
2017年春から放送のアニメDVD・ブルーレイを 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ブレイブ ストーリー 特別版 [DVD]
  • +
  • サマーウォーズ 期間限定スペシャルプライス版(2枚組) [DVD]
総額: ¥9,280
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松たか子, 大泉洋, 常盤貴子, ウエンツ瑛士, 今井美樹
  • 監督: 千明孝一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2006/11/23
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000IJ7N94
  • JAN: 4988135578655
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 90,047位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

これは、ボクの勇気のハナシ。
宮部みゆきのベストセラー原作!
豪華声優キャストで贈る、小さな勇者の冒険ファンタジー!!

体力は平均。勇気は最低ランク。総合評価は35点。11歳の少年の願いが、大冒険の扉を開く!

「失敗したら二度と戻っては来れない」――そんな危険を冒してでも、どうしても叶えたい願いがあった。それは、バラバラになってしまった家族を取り戻すこと。自分に降りかかった最悪な運命を変えるために、ありったけの勇気を振り絞って、運命を変える扉の向こうへと踏み出した11歳の少年ワタル。しかし、そこから始まる途方もない旅は、ワタルの想像も、覚悟も、たったひとつの願いさえも、はるかに超えるものだった――。

●特別版 2枚組(本編ディスク+特典ディスク1枚)
1:約85分の豪華映像特典!
2:アクアタイムス主題歌「決意の朝に」PV収録!゙
3:初回生産のみクリアケース入り!

Amazonレビュー

   11歳の平凡な少年ワタル(声・松たか子)は、ある日クールな転校生ミツル(声・ウエンツ瑛士)が不思議な扉を開けて中に入っていくのを目撃する。扉の向こう=幻界(ヴィジョン)へ行けば、一つだけ願いが叶うのだとミツルはいう。そんな折、ワタルの父が失踪し、母は心労で倒れてしまった。家族を再生させるべく、ワタルはその扉を開けるのだが…。
   宮部みゆきの同名小説を原作にしたファンタジー・アニメーション大作。デジタル映像センスに定評のあるGONZOが制作を担い、さすがの画のクオリティを保ちながらファンタジー世界を巧みに構築しており、千明孝一監督の演出も手堅く好感は持てるが、今ひとつ映画ならではの飛躍感がほしかったというのが実感である。声優初挑戦の松たか子はなかなかの熱演であった。(増當竜也)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 あやたすく トップ500レビュアー 投稿日 2006/12/1
良いアニメである。映像は綺麗だし、ストーリーも結末も悪くない。
惜しむらくは、中盤、話を詰めたことが原作を読んだこともない私にも伝わること。

この映画が公開された2006年の夏は、父親が受難のアニメが多かった。
「ゲド戦記」では冒頭で父親が刺され、この「ブレイブストーリー」では徹底して父親が悪役だ。

しかし、そんなことから来るのではない「やりきれなさ」が、ずっと胸から去らなかった。
どうしてもその「やりきれなさ」の理由が分からなかった。
やがて、娘の希望で誕生日にこのDVDを買い求めて
家族そろって観て、やっと「やりきれなさ」の理由に突き当たった。

全部、「大人の都合」なのだ。
1.大人の粗相で、旅をしなければならなかったのは、11歳の少年の方だ。
2.大人の都合で、考えを改め、現実を受け入れて強くならなければならなかったのは、やはり11歳の少年だ。
3.大人のせいで、ラストシーンで、フライパンを操つらなければならなかったのは、これも11歳の少年だ。

大人に都合良すぎる結論。大人の期待。
子供には、断じて嫌だと泣く権利がある。
拒否で開く未来もある。変える未来もあるんだ。

...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 お湯 投稿日 2006/10/2
原作のあれだけのボリュームを、よくここまでまとめたな、というのが一番印象強いです。小説は情報量が多すぎて、お話の中でも根本が消化し切れていない部分もあるのですが、映画は(おそらく尺の関係だと思いますが)そういう部分をまるまるカットしているので、その分まとまりがあるように見えたと思います。

それに、松たか子さんの演技も良いと思います。とても初挑戦とは思えない。ウエンツくんも、意外に(失礼!)ぴったりで吃驚しました。

わたしは小説→映画という順番だったので、「映画は大分話が軽くなってるなあ」と思ったのですが、よく考えたらそんなに軽い話でもないですよね(笑)映画だけ見た人には、それでも充分重いかもしれません。

個人的に、小説版よりも映画の方が好きなくらいかも……。やっぱりエンディングが幸せな方が、見終わった後の気分もすっきりします(笑)
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/9/25
原作者の宮部みゆきはゲーム好きだとか。主人公ワタルの家庭や芦川ミツルの設定以外は全て『ドラクエ』などのRPGの世界そのもの。ゲーム好きが昂じて書いた作品なのでしょうけど、ただ敵を倒して成長するストーリーではないところがいいですね。

旅の目的は、異世界“ヴィジョン”に散らばって存在する5つの“宝玉”を集めること。すべての宝玉が揃うと、一つだけ願いごとを叶えてくれる運命の女神に出会える。と、そのことは解ったけど、全体的に少々説明不足のように感じました。

さすがに、アニメスタジオGONZOの手による、映像という意味での“ヴィジョン”は素晴らしいです。ユニークなキャラクターの数々、幻想的な情景や洗練された都市デザイン、空の質感。

冒険の部分はかなり端折られていましたが、主人公の心の葛藤部分は時間を割いて、何が大切なのかを訴えてくる映画でした。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
初めは、「あれ、思ったよりずいぶん子供向けかなあ。付いていけるかな?」と不安になったが、じきに、しっかり引き込まれてしまった。

楽しく可愛い部分もありつつ、全体のトーンはどちらかというと陰鬱で、あまり小さなお子さんには、少し厳しいかもしれない。

「運命を変えたい」と思って、異世界であるヴィジョンに旅立った主人公ワタルが、さまざまな経験を積む中で成長し、最終的に辿り着いた結論は、人間の生き方として極めて真っ当なもので、「ああ、彼は大人になったんだなあ」と、しみじみとした感動に包まれた。

原作は読んでいないので、あくまでも映画だけの感想ではあるが、悪くない作品だったと思う。

勇気、友情、家族、そして人間としての生き方といったものが、端的に描かれていた。

声優については、ワタル役の松たか子が期待通りよかったのはもちろん、ミツル役のウエンツ瑛士も予想外の(と言うと何だが)好演だった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す