中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯つき 比較的状態の良い商品です。少々ヤケ・ヨゴレ・イタミあり。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ブレア時代のイギリス (岩波新書 新赤版 (979)) 新書 – 2005/11/18

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

ブレア労働党の「第3の道」路線は、どのような成果と課題を生んだのか。また、イラク戦争への参戦は、イギリス社会にどんな歪みをもたらしているのか。政治と社会の変貌を見ながら、新たな社会民主主義の可能性を探る。


登録情報

  • 新書: 199ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2005/11/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004309794
  • ISBN-13: 978-4004309796
  • 発売日: 2005/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 357,530位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 モチヅキ VINE メンバー 投稿日 2005/11/28
形式: 新書
 1958年に生まれ、首相公選制を考える懇談会の委員を委嘱された経験を持つ行政学者が、2005年のイギリス滞在経験をもとに、森嶋通夫『サッチャー時代のイギリス』の続編たらんとする意図のもと、日英政治の比較も念頭に置いて2005年に書いた新書本。ブレア首相率いるイギリス労働党(ニューレイバー)は、新保守主義を掲げるイギリス保守党に連敗を喫した経験から、国有化路線の放棄、ビッグテント戦略に代表される党改革を断行し、「第三の道」路線を掲げて政権を獲得した。それはグローバル化の中で矛盾をあえて引き受け、単純な二分法を乗り越えて、市場と福祉を両立させる路線であるが、それゆえに責任の所在も曖昧になるという欠点を持つ。ブレア政権は勤労意欲のある者の為のきめこまかな環境整備とそのための教育重視(介入)政策を打ち出し、地方分権、市民との提携による多孔質な政治を展開し、貧困国の債務問題や地球環境問題等にも積極的に取り組む一方で、政治の人格化、情報操作によるイラク参戦、人権を制限する治安対策、大企業への譲歩、公約違反等をも引き起こし、賛否が分かれている。著者は社会によるリスク管理の一つのあり方としてブレアのアングロ・ソーシャル・モデルを評価する一方、それが明確な理念による体系化を欠き、メリトクラシー最優先の政治であることを批判している。また、それを踏まえて、小泉政権の功罪、日本メディアの問題、民主党への...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 筆者が本著で述べているように、現代の日本はアメリカにではなく、イギリスにこそ学ぶべきだ。

 サッチャーが世界に登場した1979年以降、世界の民主主義国家は挙って「新自由主義」を掲げた。市場経済を発展させたという点では大いに評価できる。しかし、著者の指摘するとおり、「新自由主義」は肥大し過ぎた「社会民主主義」の病巣(財政圧迫)に効く飽く迄も一時的な即効薬のようなものであって、決して人類が熱望する福祉面の「幸福」を実現し得るイデオロギーではない。

 その点で、二者択一(「社会民主主義」か「新自由主義」か)からの脱却を唱えたブレアは賞賛に値する。両者の優れた点を混ぜ合わせた理念(「第三の道」)だけが若干先行してしまっている点はブレアの負の遺産であろうが、世界に新しいモデルを提示した点は誰もが評価することである。

 ブレアが政界の表舞台から去ろうとしている現在、彼を概観するには打って付けの一書である。それとともに、小泉を評価する際にも役立つ一書となるであろう。詳細は読んでみて頂きたいが、第六章には随所に目から鱗が落ちるようなエッセンスが凝縮されている。文章も平明なため是非とも読んで頂きたい一著である。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
冷戦が崩壊して、大半の中道左派政党は政権から遠ざかっています。

これは国民から支持される政策を打ち出さないことが大きな原因です。

しかし、さまよえる中道左派でもイギリスの労働党は左派として

国民の支持を取り付け、イラク侵略戦争まで遂行しました。

本書ではいかにしてイギリスの中道左派が政権を獲得できたのかを分析しています。

政権獲得の要因として以下のことが大きいです。

一つは、労働党の綱領の「企業の国営化」方針を放棄したことです。

これは労働党の伝統的政策を放棄し、市場経済を容認したことになります。

富の分配は重要な用件ですが、その前に富の創出がなければ分配のしようがないととらえているようです。

もう一つは、福祉のとらえ方を根本的に見直したことにあります。

つまり従来の福祉では個人は制度に依存するばかりであり、福祉の負担は重くなるばかりで何も生み出しません。

ブレア政権はこのような依存型の福祉から自立型の福祉へと変えました。

つまり社会に積極的に参加ないし貢献しようという個人に福祉サービスを提供するということです。
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 本書は、2005年のイギリス総選挙の約6ヶ月後に著わされた書籍である、2005年迄のブレア治世についての評価書、そして総括書であるといえる。

 著者によれば、ブレアの生み出した「ニューレイバー」とは、保守党の「新自由主義」や労働党の「社会民主主義」とも異なるものである。それは、市場経済(税金優遇[122-123頁]等)を重視しながらも福祉政策(社会保障[第2章]等)もまた重視し、効率性と平等性の両者を同時に追求する政治的立場である。
 こうした折衷的な政治立場を、どのように評価するべきなのか。著者は、「ニューレイバー」という政治的立場については一定の評価を示しているものの、それでも「機会の平等」を重視するだけで、競合によって生じる「結果」について配慮を示さない労働党を批判し、今のままでは不十分だと主張する[180-183頁]。おそらく著者にいわせれば、ブレアの労働党は「社会民主主義」から離れ過ぎ、「新自由主義」に近づきすぎたということなのだろう。

 イギリス政治からの日本政治への示唆については、どのように評価すべきなのか判断に迷った。確かに小泉が選挙で用いた手法(内なる敵[15頁]政治演出[71-73頁]等)の指摘については参考になったが、最後の「あとがき[185-198頁]」に記されていた文章は、本書の中身がイギリス政治の話
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告