おすすめ商品の読み込み中

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
現時点では、おすすめはありません
ショッピングを続ける
¥1,280
お届け日 (配送料: ¥180 ): 3月5日 - 7日 詳細を見る
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 パッケージングテクノロジー 【スマートレターによるポスト投函です。https://pdqc.net】
販売元 パッケージングテクノロジー 【スマートレターによるポスト投函です。https://pdqc.net】
出荷元
パッケージングテクノロジー 【スマートレターによるポスト投函です。https://pdqc.net】
この商品をお持ちですか?

RN4020 ブレイクアウト基板 (RN4020 BLEモジュールピッチ変換基板)

5つ星のうち4.5 2個の評価

価格: ¥1,280
  • モジュール基板サイズ:17.78x31.75
  • シートサイズ:109.22x65.53
  • 材質:FR-4
  • 板厚:1.0mm
この商品の仕様
法人・個人事業主様対象 - 10,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン
登録無料の法人購買用サイト"Amazonビジネス"に新規登録後、100,000円以上購入でAmazonギフト券10,000円分プレゼント (3/31まで) 今すぐチェック >

Deal

新生活2021 「家にいながら、まとめてそろう。」

最大20%OFF「厳選 新生活応援クーポン」キャンペーンも実施中

▶いますぐ見る

登録情報

  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日 : 2016/11/8
  • メーカー : パッケージングテクノロジー
  • ASIN : B01N3TSPBC
  • 製造元リファレンス : IoT-RN4020-BO
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 2個の評価

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の説明

MicroChip社製 Bluetooth モジュール「RN4020」用ブレークアウト基板です。 SMT用端子(1.2mmピッチ)を2.54mmピッチ24ピン600mil(15.24mm)に変換する基板です。 電源ピンは共通化しすべてのピンをそのまま引き出していますので非常に使いやすくなっています。 10枚分を1シート(109.22x65.53)にしています。 実際にご利用の際は1枚づつ切り離してお使い下さい。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
2 件のグローバル評価
星5つ
48%
星4つ
52%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年6月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 はじめての Bluetooth Low Energy
ユーザー名: ACYLBZHKUC、日付: 2017年6月1日
10枚つづりなので、1枚150円弱ですが、RN4020本体は1000円強です。orz
1個だけ買ってはんだ付けしました。ブレッドボードで使えます。

まずは、Tera Termで操作。
Tera TermはBaud rate:115200、Receive:AUTO、Transmit:CR+LF、Local echoはオンです。
RN4020の動作電圧は3.3Vなので、USBシリアル変換器(FT232)のVCCIOに3.3Vを供給。
配線・コマンド等はMicrochipのRN4020ユーザーガイドを参照。
タブレットに(データ受信用アプリ:無料)「nRF Connect for Mobile」をインストール。
あとは、マイクロテクニカの「CLICK-BLE補足説明書」の基礎編を参考に操作しました。
こんな感じ
SF,1 ← factory reset
AOK
V
MCHP BTLE v1.23.5 8/7/2015 ← Firmwareのバージョン(RN4020-V/RM123)
(中略)
SUW,2A19,0A ← Battery残量(2A19)を10%に変更
AOK

基本操作は理解したので、次はこちら
[[ASIN:B0154PN0QG HiLetgo 脈拍センサー 心拍センサー アナログ 信号出力 for Arduino Raspberry pi [並行輸入品]]]
(追記)
"RN4020 firmware upgrade tutorial - Electronza"を参考に、
Firmwareを更新して、RN4020-V/RM123をRN4020-V/RM133にしてみました。
更新時はハードウェアフロー制御が必要とのことなので、
FT232とRN4020のRTS,CTSをそれぞれクロス接続しました。
更新ツールは、
www.microchip.com/RN4020の「RN4020 DATA SHEET DOWNLOAD」をクリック、
RN4020 Firmware Update v1.10-1.33BEC をダウンロードしました。
使い方は、ダウンロードした"RN4020DFUUtilityHelp.htm"を参照。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2016年12月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入