¥ 1,404
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん (世界傑作絵... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本) 大型本 – 1977/5/25

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 653
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)
  • +
  • もりのこびとたち (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)
  • +
  • リーサの庭の花まつり
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 86pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

森へブルーベリーを摘みに出かけたプッテは、小人にブルーベリーの国へ案内されます。小人になったプッテの楽しい冒険が、美しくあたたかい絵で描かれます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ベスコフ,エルサ
1874年、スウェーデンのストックホルムに生まれる。少女時代から絵が好きで芸術学校に学び、卒業後母校の小学校で絵画の教師となる。結婚後、教師をやめて絵本や児童書のさし絵の仕事を始める。1952年、子どもの本に対するスウェーデンの最高賞、ニルス・ホルゲション賞を受賞。1953年、没

小野寺/百合子
1906年生まれ。東京女高師附属高女専攻科卒業。夫の勤務の関係で、スウェーデンほか北欧に七年滞在する。帰国後、北欧児童文学の翻訳やスウェーデンの社会福祉の研究に活躍。スウェーデン社会研究所理事も務めた。1998年、没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 36ページ
  • 出版社: 福音館書店; 新規製版 (1977/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834005453
  • ISBN-13: 978-4834005455
  • 発売日: 1977/5/25
  • 梱包サイズ: 31.2 x 23.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 294,283位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/28
形式: 大型本
ステキな本ですが日本語訳にがっかりしました。原文は分かりませんが、英語訳ではお話の最後にお母さんがどこでベリーを見つけたのか尋ねます。その問いにピーターはただ首を振って彼とブルーベリー森の王様との秘密を心に秘めるのです。私は子供が親とは別に自分の世界を見つけていく、その世界を保持して育っていくことを表現するこ最後の部分こそベスコフの物語のすばらしさが凝縮されていると思うのですが。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
森のなかでは、動物や植物はいつも小人たちや妖精さんとお話しているんでしょうね。

もちろん幼い子供だったら、その仲間に入れてもらえるんです。

本書は、余白を生かしたシンプルな画面に、はっきりとした色使いが施され

コケモモの赤、ブルーベリーの青を際出せてています。

すみっこに配置された、昆虫や爬虫類も写実的でありながら、どこか愛嬌があります。

ノッポさんのような帽子をかぶったプッテや、他の登場人物のコスチュームにも、くぎ付け。

似たテーマでは、マージョリー・フラックさんの「おかあさん だいすき」もおすすめ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/5/29
形式: 大型本
お母さんの誕生日のおくりものにと、ブルーベリーと こけももを摘みに森へ出かけたプッテですが、どこにも みつかりません。 切り株に腰掛けて泣いていると、小人があらわれ、森を案内してくれました。 そこで小人たちと楽しい時間を過ごしたプッテは、気がつくともとの切り株に座っていました。
夢かとおもうのですが、足もとの籠は木の実でいっぱいだったという不思議なお話です。
小人ちゃんたちが、とにかくかわいいのです。 もちろん、プッテも。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告