ブルーバレンタイン [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ブルーバレンタイン [DVD]

5つ星のうち 4.1 44件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,175より 中古品の出品:2¥ 2,650より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でブルーバレンタインを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ブルーバレンタイン [DVD]
  • +
  • ドライヴ [DVD]
  • +
  • プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 スペシャル・プライス [DVD]
総額: ¥7,341
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ライアン・ゴズリング, ミシェル・ウィリアムズ
  • 監督: デレク・シアンフランス 
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2011/09/28
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 44件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005DBW31U
  • JAN: 4988021135948
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,828位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

愛を知る誰もが経験のある、しかし誰も観たことのないラブストーリー
愛が変化していくどうしようもない現実と だからこそ輝かしい愛が生まれる瞬間──
過去と現在が交錯し、愛の終りと誕生が重なり合う未だかつて観たことのない、新たなラブストーリーの傑作
★ライアン・ゴズリング(『きみに読む物語』)&ミシェル・ウィ リアムズ(『ブロークバック・マウンテン』)に世界中から称賛の嵐!
アカデミー賞他、15を超える映画賞にノミネート。
★監督・脚本はデビュー作『BROTHER TIED』が「視覚表 現の天才」と評され話題を呼んだデレク・シアンフランス。
その彼が11年以上もかけて改訂し続けた緻密な脚本に魅了され、出演を熱望したのは『ハーフ・ネルソン』でアカデミー主演男優賞にノミネートされたライアン・ゴズリングと、『ブロークバック・マウンテン』で同じくアカデミー助演 女優賞にノミネートされたミシェル・ウィリアムズという若手実力派俳優のふたり。
彼らは体重を増加させ、ライアンは髪を抜き、ミシェルはノーメイクも厭 わない熱演を見せ、ゴールデン・グローブ賞他数々の映画賞にノミネートされ、ミシェルは主演女優としては初のアカデミー賞ノミネートを果たした。

◆特典内容◆
(DVD&Blu-ray共通)
【特典映像】(予定)
●未公開シーン集(20分)
●カンヌ国際映画祭でのインタビュー映像
●監督&ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズインタビュー
●ホーム・ムービーズ
●アメリカ版劇場予告編
【音声特典】
●デレク・シアンフランス監督&編集ジム・ヘルトンによるオーディオコメンタリー
【封入特典】(予定)
●ポストカードセット 5枚
※仕様・特典等、変更になる場合がございます。ご了承ください。
◆DVD仕様◆
カラー/ステレオ/片面2層/ドルビーデジタル2.0ch/16:9/ビスタサイズ/本編112分+特典映像 約80分

監督:デレク・シアンフランス
  脚本:デレク・シアンフランス、ジョーイ・カーティス、カミ・デラヴィーン
音楽:グリズリー・ベア
2010 年/アメリカ 原題:Blue Valentine
字幕翻訳:岸田恵子
(C)2010 HAMILTON FILM PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ひと組のカップルの出会いと別れを通して、愛が生まれる瞬間と終焉を痛切に描いたラブロマンス。ディーンとシンディの夫婦は結婚7年目を迎え、ひとり娘を授かるも感情の溝は深まるばかり。しかし出会った頃のふたりは若く、夢に満ちていた。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
色々考えさせられました。レンタルでしたが、今度は購入しようかと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
1度見た時には、ごくごくな日常の展開に 物足りなさを感じました。が、なんでしょうか…?
モヤモヤが残り、考えさせられる。
2度目の鑑賞で、やるせない切なさや、でも、よく気持ちが分かるといった…。うーん…奥深いストーリーなんでしょうな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 東美樹 投稿日 2017/5/10
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ライアンがかっこよかった…
切ない結末。悲しかった…
どうにもならない人の気持ち。
しょんぼり😞
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2016/1/24
形式: DVD
手持ちカメラによる撮影。映画ではほとんど聞くことのないような、見ることがないような
日常生活の会話、光景。人物設定、物語の展開、俳優の演技。ものすごくリアル。時に辛辣なほど。残酷なほど。

冒頭、画面に映し出されるのは、愛犬の死。むきだしの性愛。
口論。感情の行き違い。あまりに胸に迫り、時々、DVDをとめた。
見る者の胸に、傷痕を残すようなたぐいの映画。

*以下、ネタバレあり。

主役の二人は、練りに練られた脚本に感動し、出演を切望。
制作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)も兼ねている。

女優は、年齢差を表現するために、太り、ノーメイクになり、
ベッドシーンにもためらいがない。
男優は、髪の毛を抜き、時間の経過を表している。

若い頃の最も輝かしい、甘美な、ロマンチックな出会った頃の思い出。
そのすぐ後に、現在の、冷え切った、すれ違うしかない中年夫婦の会話が来る。

ハートのイルミネーションの前で、歌って、踊った、若い日の二人。
今は、寒々しい照明しかない、ラブホテルにいる。

おたがい、ストレスの種にしかならない。マイナス同士の存在。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
すごくよかった。恋愛をした誰しもが経験したことのある思いではないだろうか。
愛を信じることが怖い少女と恐れ知らずだけど傷つきやすい少年が惹かれ合うなかで、決して永遠に続くはずのない感情をなぜ人は信じてしまうのかというところにテーマがあるように思う。
愛さえあれば許せると思い込んだことも、本心では許せないものだ。どんなに愛し合っててもふと冷静になったときに関係は試されると思う。
私はこの2人の愛を疑ったりただ相性が悪かったとは思いたくない。どんなときにもただ愛だけが相手を信じられる唯一のものだと信じたいのだ。冷静に、理性的に考えてしまったところで、欠点のない人間などいない。相手を愛した自分を信じ、ただそこにある愛だけが2人が一緒になった理由であり運命だと思いたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
すごく面白かったです。
一回目、二回目で感想が変わり…一回目はただ流れていたのを見たためひたすら衝撃で、後味も良くなかったです。
再放送で確認してみて、二回目は思った以上に計算しつくされた素晴らしい映画で、素晴らしく後味の悪い映画でした。

一見して冷たいキャリア指向だと思っていた妻は、犬の死で八つ当たりする旦那に寄り添って慰めようとする。
家族に尽くしている夫は、朝からビールを飲み、家事を一切手伝わずに娘の支度も送迎も妻に押しつけている。(ペンキ屋という事で自宅で仕事をしているようだが…?)
フルタイムの妻は「私が男の仕事をしている(だからあなたは家事してよ)」と呟くが、夫はラブホテルへ誘うことで解決することを願う。
ラブホテルで昔の話をしようとする妻と、夫婦関係をホテルにいる間に取り戻したいと焦る夫の会話は悲惨そのもの。

同時に映像が追う過去の二人は、キラキラと輝いている。
家族命の夫は、昔から彼女が好むマッチョなタイプではなく、心優しいロマンチックな男の子。
妻は医師を目指す志の高い、でも不幸な家庭に育って一対一の恋人関係は不得手な女の子。

青春の輝きを残す記憶があれば乗り越えられそう…と思う痛々しい観客の期待は、夫が酔って職場に乗り込んで妻の
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ビール飲みながら仕事してるわけじゃない。ちゃんと働いて稼ぎもある。仕事はまじめにするし、職場でも普通にうまくやっていける。この点で彼に問題はない(とはいえ、安定しない仕事だろうし半失業状態ともいえる)。シンディーが不満なのは、生活の不安というよりも、向上心のなさとか、朝からビール飲んだりとか、彼の「ふがいなさ」、「だらしなさ」だろうか。彼女は、自身の仕事が充実している一方で、彼の現在の職業と向上心のなさによって、彼に倦んでしまったのかもしれない。あるいは、「星や月や夕焼けの輝き」に目がくらんで彼の「だらしなさ」ばかりが目につき、彼の「よさ」を見失ってしまったのかもしれない。彼女には彼との日々が色あせて見えているのだろうか。ディーン自身は、中身は変わっていないものの、おっさんくさくなったし、夫という地位に安住してしまっている感じでもあり、もっと格好よくなってほしいという彼女の期待に向き合おうとしない。でも、愛が冷めているようには見えない。全体をとおしてシンディーに「冷めた」感じはなかったし、最後にわかれる直前、彼女はしっかり彼を抱きしめていた。(「冷めている」というのは、たとえば、シンディーの父親のように、妻に対してあのような言葉つかいや態度をとれるような人のことだと僕は思っている。ディーンはもとより、シンディーのことばや態度もまだまだ愛情からでていると僕はみている。彼女は彼を拒否し...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー