通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部- 1 (BU... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部- 1 (BUNCH COMICS) コミックス – 2015/9/9

5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 28

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部- 1 (BUNCH COMICS)
  • +
  • ブルーサーマル 2: 青凪大学体育会航空部 (BUNCH COMICS)
  • +
  • ブルーサーマル 3: 青凪大学体育会航空部 (BUNCH COMICS)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「空がこんなに近いなんて知らなかった! 」
主人公・都留たまき(通称・つるたま)は恋愛をするために入学した大学で、“グライダー"と運命的な出会いをする。
グライダーとは、エンジンを装備していなくても、上昇気流を捉えることでどこまでも飛翔することが出来る飛行機。
そのグライダーを駆る体育会航空部を舞台に、つるたまと少年少女達の光り輝く青春ドラマが幕を開ける!


登録情報

  • コミック: 176ページ
  • 出版社: 新潮社 (2015/9/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4107718409
  • ISBN-13: 978-4107718402
  • 発売日: 2015/9/9
  • 梱包サイズ: 18.3 x 12.8 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
どこかで見たような主人公、どこかで聞いたような台詞、設定がもろもろです。(お姉ちゃんが強いってガル○ンとか咲-saki-…)
でも、わかっていても面白いってあると思います。知らない世界をしれるのもこういう漫画のいいところですね。
引きもよく描けていて、続きが読みたい気持ちと、グライダーに興味も出てきました。
次巻も購入確定です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 JA2235 投稿日 2016/12/31
形式: コミック Amazonで購入
グライダーの漫画があるとは思いませんでした、たまたま本を検索中に見つけ即購入しました。
自分も三十数年前航空部で4年間を過ごし、M沼滑空場、Kヶ峰滑空場どちらでも飛びました。
作品の中で工具箱のドライバーが一本足りなくて、主人公が夜滑空場の草むらを探すシーンがありますが、
航空部の経験が無い人は冗談だと思われる人もいるかと思いますが、あれは事実です。自分も一年生の時
ドライバーが足りなくて、同期の連中と探し回ったことを思い出しました。色々昔の記憶が一気思いだされ、大変
おもしろかったです。
あと気になったのが、作品中に描かれている複座グライダーのJAナンバーがJA2235となっていたことです。
このナンバーは自分が航空部在籍中、搭乗回数が一番多かった機体のナンバーです。
当時の某大学のブラニックL13(全金属、チェコスロバキア製、)
と同じだったのでちょっとビックリしました。作者が意図的にそのナンバーにしたのか、
たまたま同じナンバーになったのか気になりました。

第2巻も購入申し込みしました。きっと作品が続く限り購入し続けると思います。今後も期待します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
絵も可愛いし、ストーリーも分かりやすくて面白いです。
特に、主人公が初めて滑空場を訪れるシーンの描き方はリアルで素晴らしかった。

大学に入るまでグライダーなんか見た事も聞いた事もなかったし、パイロットになりたいと思っていたわけでもない自分が、
たった一回グライダーに乗っただけでその魅力に取り付かれてしまい、入部を決意した時のことが鮮明に思い出されました。

主人公が航空部に入るきっかけとなるエピソードは『そうくる!?』って思う内容でしたがw、でもビックリするような事情で機体を壊してしまう事は現実に多々あるので、こういう始まり方も面白いと思います。

一巻の最後に強烈な性格の人物が出てくるのですが、つるたまちゃんがその人物をギャフンと言わせているシーンを是非見たい!笑
これからの展開が気になる漫画です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とある方々から機会いただいてブルーサーマルを知り、手に取りました。そして、ソラに心奪われる経験、その機微に共感してしまいました。続きも読もうかなと思っています。一緒にまたソラ翔べるといいな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
また妻沼行こうと思ってます。その時はサインください。おいなりさんも食べないとね!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
超マイナースポーツ学生グライダーの魅力と悲哀が余すところなく伝わってきます。
かなりグッときます。
早く映画化してほしいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 リネカー 投稿日 2015/9/12
形式: コミック
カバーと帯を見て購入。グライダーのことは全く知らなかったが、読み進むにつれて興味がわいてきた。こんなスポーツがあったなんて驚いた。
しかもこのブルーサーマルは、マイナー競技を扱った漫画なのに万人向けに物語が作られているところに好感持てる。とにかく展開が王道でわくわくする。
とてもいいところで1巻が終わってるので、2巻がとても楽しみだ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
最初の1ページ目から、山岳滑翔のリアルな描写。
思わず引き込まれてしまいました。
山岳滑翔の美しい、そして豪快な世界。
この巻は、飛べるようになるまでの序章としてはとても面白い内容でした。

滑空のシーンでは、実際にグライダーを操縦していた作者が,一番描きたかった世界が細かい描写で展開されています。
とくに、何気ないフライトのシーンが本当に素晴らしい。
たとえば競技者になれば毎日見ている離陸風景を初めて主人公が見たときのシーン。
上空から他のグライダーを見下ろしているシーンなど、自分の技術で飛び続けた人しか知らない感動がページを通じて伝わってきます。
上から見るとこういう感じなのかと、感動しました。

私にとって意外にも楽しかったのは、グライダーは団体競技であるとわかったことです。
自分が飛ぶためだけではなく、他の仲間も飛ばすために力を合わせる。
だから皆でいる時間が長くなる。
そういうスポーツなのですね。
「飛んでいる以外の時間」のことも経験者の目線で描かれていて、とても楽しい。
うまくなるまでは、きっと地上にいる時間のほうが長い。
飛ぶ競技なのに、地上でのほうがやることが多くて大変(作者も思ったでしょうが、とく
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー