通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ブランコのむこうで (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ブランコのむこうで (新潮文庫) 文庫 – 1978/5/29

5つ星のうち 4.1 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464
¥ 464 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブランコのむこうで (新潮文庫)
  • +
  • 「昔はよかった」病 (新潮新書)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 38pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ある日学校の帰り道に、「もうひとりのぼく」に出会った。鏡のむこうから抜け出てきたようなぼくにそっくりの顔。信じてもらえるかな。ぼくは目に見えない糸で引っぱられるように男の子のあとをつけていった。その子は長いこと歩いたあげく知らない家に入っていったんだ。そこでぼくも続いて中に入ろうとしたら……。少年の愉快で、不思議で、すばらしい冒険を描く長編ファンタジー。

内容(「BOOK」データベースより)

ある日学校の帰り道に、もうひとりのぼくに出会った。鏡のむこうから抜け出てきたようなぼくにそっくりの顔。信じてもらえるかな。ぼくは目に見えない糸で引っぱられるように男の子のあとをつけていった。その子は長いこと歩いたあげく知らない家に入っていったんだ。そこでぼくも続いて中に入ろうとしたら…。少年の愉快で、不思議で、すばらしい冒険を描く長編ファンタジー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 213ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1978/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101098158
  • ISBN-13: 978-4101098159
  • 発売日: 1978/5/29
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 95,969位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「夢」を題材にして、ここまでつくりあげるのは、さすが 星新一 。

「夢」の見方が 人によってどれだけ共通するのかは わかりませんが、

僕の場合は ぴったし でした。

自分がそこにいて、第三者というか、カメラマンの視点になってる。まばたきで シーンが切り替わる。とか・・・

サイエンス・フィクションらしく、話の道筋を整えるのは、

物語ではなく、星さんのかわいさであります。

童話よりかは、『銀河鉄道の夜』に近いのではないか、と思います。

短く書ける人が、長く書くのは それなりに意味があるのだ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中学生の頃、初めて読書の楽しさを教えてくれた作家が星新一さんでした。

それから十数年が経ち、星新一さんの本はまったく読まなくなりましたが、

新潮文庫の100冊で偶然発見し、装丁の綺麗さで衝動買いしました。

他人の夢(寝ているときに見る)を通じて、

人生において大切であろう優しさ・思いやり・夢(目標としての夢)を

気づかせてくれる作品です。

ストーリー前半ではこの作品の真意が見えず、平易な文章が足かせになりましたが、

それに気づいてからは平易な文章が効果的になり、一気に読んでしまいました。

平易な文体が、読者に考えさせてくれる余裕を与えてくれているのでしょうか。

個人的には、本編中の

 6.ほほえみ

 8.道

の話が好きです。

特に、「8.道」のストーリーは、人生ってこんなものなのだろうかと考えさせられました。

優しさ、目標としての夢、思いやり、希望を少し忘れかけた時にそれを思い出させ、

あたたかい気持ちにさせてくれる作品です。

人生にち
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hid 投稿日 2005/7/15
形式: 文庫
ひとつひとつのエピソードは幻想的にさらりと書かれていますがその根底には哲学的な深い意味が感じられます。現実世界とは?常識とは?善悪とは?等、哲学の難問に著者なりのユーモアであっさり答えているようで非常に痛快でした。主人公が少年ということで、文体も簡素で明快なため童話のようなほのぼのとした物語ですがよくよく読み込むと非常に深く、面白い命題がちりばめられています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
星新一の作品は、ショートショートでしか読んだことがなかったので新鮮でした。
ショートショートのくすりとくる皮肉な感じの毒はないけど、幻想的でほんわかして
どこかしらさびしい感じがしました。
だれも知らない夢の国。
他人の夢の世界に迷い込んでしまった「ぼく」が経験するさまざまな冒険。
次々と世界が変わるのが、劇で舞台が転換していくようで面白かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
娘が学校で必要なので買いました。
普段あまり小説を読まない娘ですが、気にいったそうです。
私はもともと星新一さん、大好きで、昔を思い出しながら読みました
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
小学校の中学年のときに読んで、大好きな本になったけれど、題名が変わっていて…

『誰も知らない国で』という題名だったから後で本屋で探したとき見つからなかった。久しぶりに読んでみたら、やはり面白くて、大人の視点からでも読むことができる。

普段は見えない人の心を見ることのできる、貴重な本。
夢と現実が詰まった、それでも夢のある本。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ご存じの方も多いでしょうが元々は「誰も知らない国で」というタイトルで出ていた本でした。昔、初版が実家にありとても好きな本で大人になった時に久しぶりに読みたいと思ったのですがタイトルが思い出せず「誰も知らない世界で」と思い込んでいました。ネットが普及し調べ物が格段に楽になってからも「誰も知らない世界で」ではヒットせず、表紙も「青いバックに赤いヤジロベエ」だと思いこんでいてそっち方向から調べてもヒットしませんでした。「きっとあまり知られてないマイナーな本だったのかも・・・」なんて勝手に失礼な事も考えていたのですが先日何気なしに「誰も知らない国で」に変えて検索したら見事に見覚えのある本の表紙が出て来ました。これだ!と思い調べると今は「ブランコのむこうで」というタイトルになっているとか。早速注文し今は娘に毎晩聞かせています。まだ5才ですが毎晩楽しみに聞いてくれて「え〜いいところだったのに!」と続きを楽しみにしています。娘の理解度を探りながら難しい言葉を説明しながらなので時間がかかってしまってますがもうすぐ終わりそう。自分の懐かしい思いと娘が楽しそうに聞いてくれる姿で毎晩読書の時間が楽しみです。これを読み終えてしまったら何を読もうかな?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー