この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ブラブラバンバン 5 (ヤングサンデーコミックス) コミックス – 2000/11


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
コミックス
¥ 342
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

●主な登場人物/白波瀬歩(県立根戸ケ谷高校1年生。吹奏楽部でトランペットを担当)、芹生百合子(せりゅう・ゆりこ。根戸ケ谷高校2年生。吹奏楽部を引っ張る指揮者で、抜群のホルンの腕も持っているが、ノッてくると我を失い、何をしでかすかわからない困った人。東大を目指す才女でもある)、八田正一(歩を吹奏楽部に誘った友人。クラリネット担当)、村雨(トランペット担当)、助川照盛(芹生への興味から吹奏楽部に入部したお調子者。さほど上手くはないが、いいセンスを持っていてトランペットを担当。1年生)、田端良久(芸大を目指すオーボエ奏者。吹奏楽部に入る気はサラサラ無かったが、しつこい勧誘に折れ、週一ならという条件付きで入部。2年生)●あらすじ/全日本吹奏楽コンクール県大会予選。自分たちの演奏を終えた根戸ケ谷高は、他校の演奏を聴いていた。美ケ丘高、江並女子高といったシード校は確かにうまい。だが芹生は「シード校でもこんなモンか」と感じていた。そしていよいよ結果発表。結果は金・銀・銅の3つに分けられ、金賞を取れば、県大会本選への出場を果たせる。根戸ケ谷高の結果は果して…!?(第49話)。●本巻の特徴/ギリギリのラインでなんとか金賞を受賞し、他の名門校と共に県大会への出場権を得た根戸ケ谷高。とはいえ、予選での演奏にまるで納得がいかない芹生は、県代表を目指し、これまで以上の厳しい練習を部員たちに課す。各自も懸命に努力し、演奏力は格段に進歩した。そして迎えた県大会本選。本番での根戸ケ谷高の演奏は好調だ。だが、そこで芹生の例の悪いクセが出て、演奏は中断し、会場はパニックに!! 責任を感じた芹生は、みんなの前から姿を消してしまう。根戸ケ谷高吹奏楽部は、この先どうなるのか…? 『ブラブラバンバン』完結集。●その他の登場人物/小島(名門・美ケ丘高の吹奏楽部員。芹生の中学時代からの憧れの人)

<ご注意>希少本ですので、「在庫あり」の場合でもs-book.comのみの販売となりますことをご了承ください。また、ご注文できた場合でもお手配できない場合や、装丁等が汚れていたり、交換等も難しくなります。

出版社からのコメント

音楽に魅せられた美しきホルン奏者芹生百合子はエッチ的特異体質だった!! 高校でブラバン部を舞台に巻き起こる笑いと涙の官能的協奏曲!!

▼第49話/金・銀・銅▼第50話/とことん♪ドコドン▼第51話/つまらん奴▼第52話/ふられ気分でダッタン人▼第53話/アヤしい物質▼第54話/客をのめ!!▼第55話/山びこホルン▼第56話/欲求不満を解消せよ!▼第57話/ふたりとその他▼第58話/BEST OF BEST▼第59話/快感の先へ▼第60話/ふれあいアンサンブル▼第61話/乗りかかった舟!▼Last Phrase /定期演奏会


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 小学館 (2000/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091524052
  • ISBN-13: 978-4091524058
  • 発売日: 2000/11
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう