通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ブラッドランド 上: ヒトラーとスターリン 大虐殺... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ブラッドランド 上: ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実 (単行本) 単行本 – 2015/10/15

5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/10/15
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,262

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブラッドランド 上: ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実 (単行本)
  • +
  • ブラッドランド 下: ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実 (単行本)
  • +
  • ブラックアース(上) ―― ホロコーストの歴史と警告
総額: ¥9,288
ポイントの合計: 280pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

死者およそ1400万。ドイツとソ連が敢行した史上最悪の大量殺戮。その知られざる全貌がいま初めて明らかに。全世界で圧倒的な讃辞を集めた大著、ついに刊行。

内容(「BOOK」データベースより)

ウクライナ、ベラルーシ、ポーランド。ドイツとソ連に挟まれ、双方から蹂躙されたその地で何があったのか?歴史の闇に封印された真実がいま明らかに―。世界30カ国で刊行、圧倒的な讃辞を集めた全米ベストセラー。知られざる大量殺戮の全貌。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 346ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2015/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480861297
  • ISBN-13: 978-4480861290
  • 発売日: 2015/10/15
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 276,975位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
本書は、ポスト冷戦後、ようやくアクセス可能になった文献を網羅し、しかも、それ以前は、たとえば、ナチ・ドイツ、ソヴィエト、ポーランドというように各国別にホロコーストの研究を行ってきましたが、本書は、国別ではなく地帯、つまり「ランド」として、ホロコーストの全貌を明らかにしています。これがタイトルの「流血地帯」の意味するところです。著者は、不寛容、差別発言、デマなどがまかり通るようになっている現代、このような殺戮は決して過去のことではなく、いま、私たちが何を学ぶべきか静かに教えてくれます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 第二次世界大戦におけるユダヤ人の迫害は良く知られているところですが、それと同等以上の殺戮が東欧諸国で行われていたことを、ウクライナの飢饉やワルシャワ蜂起、カチンの森やトレブリンカなど具体的な事例で分かり易く説明しています。
 数千人の銃殺、数万人の強制収容所の死、数十万人の意図的な飢饉。ページをめくるたびに知らなかった「死」が、生々しい証言や
統計の数字などで、人類史上最悪の行為が冷静に語られています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 「ブラッドランド」は,ポーランド中央部からウクライナ,ベラルーシ,バルト諸国,ロシア西部に広がる地域。1933年から1945年までの間に,戦闘任務に就いた兵士以外に1400万人が死亡した。ヒトラーとスターリンの指導によって。

 1932年から1933年にかけて,ウクライナでは飢饉により330万人が餓死又は栄養失調の関連疾患で死亡した。スターリンは,農村に徴発部隊を送り込み,農民の持つ最後の食べ物まで奪い去った。また,ウクライナの国境を閉鎖し,農民が都市に出入りして物乞いすることも禁止した。
 スターリンは,≪飢え死にしかけている農民は,その外見とはちがって,ソ連の信用失墜をもくろむ資本主義国の手先として働く工作員である。飢饉は抵抗運動なのだ。こうした抵抗運動の存在は,社会主義が勝利する日が近づいたことを示す証拠にほかならない……。≫(86頁)と考えていた。
 当時,ウクライナ・ハルキウ地方のある村に設置された「児童養護施設のようなもの」での光景。
≪ある日のこと,子供たちが急に静かになったので,どうしたのかと振り返ってみると,ペトルスという名のいちばん幼い子をみんなで食べていたのです。皮膚を剥がしては口に運んでいました。ところがペトルスも同じことをしていました。自分の皮膚を引っ掻いて剥いで,できるだけたくさん食べようとしていたん
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「カティンの森」でポーランドの将校(戦争捕虜)がソ連によって虐殺されたのは知っていました。
もちろん、アウシュビッツやトレブリンカでユダヤ人がドイツに虐殺されたのも知っていました。
そして、ポーランドの首都にユダヤ人ゲットーが作られ、そこで飢餓が蔓延していたのも知っていました。

しかし、ソ連が第二次世界大戦前にウクライナで
「計画経済」の名の下、自国民を飢餓に陥れたことは、全く知りませんでした。

著者はバルト3国からベラルーシ、ウクライナそしてポーランド一体を
「流血地帯」と名付け、そこで1932年から1954年までに
「戦闘以外」で自国の政府あるいは敵対国によって殺された人々を
集計していきます。

その数1400万人。

以前から疑問だったのが、ドイツによる「強制収容所」の場所が
すべてポーランドにあるということ。
この本を読んで、その理由がわかりました。
さらに、ドイツとソ連に挟まれた「ポーランド」という国の
過酷な運命に戦慄を覚えました。
そして、亡命ポーランド政府がドイツが行っている
ユダヤ人の虐殺について、連合国に報告するも無視され続けたという事実。
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
歴史に関心がある者は、540万人のユダヤ人が殺害されたホロコーストについてはそれなりに知っているが、同時代に、ドイツとソ連に挟まれた流血地帯(ブラッドランズ)でヒトラーとスターリンによって1400万人が殺されたことを知る人は少ない。恥ずかしながら、私も知らない一人であった。

このことに危機感を抱いた歴史学者、ティモシー・スナイダーが、流血地帯で起こった事実を執念を燃やして追究し、掘り起こした成果が『ブラッドランド――ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実』(ティモシー・スナイダー著、布施由紀子訳、筑摩書房、上・下巻)に結実している。本書は、犠牲者たちの手紙や日記、教会に刻まれた最期の言葉、彼らの友人、家族の声、殺戮に手を染めた者、殺戮を命じた者の証言、ハンナ・アーレントなど著述家の著作、杉原千畝ら外交官の行動等から炙り出されてきた「血塗られたヨーロッパ史」である。

先ず、犯行現場を明らかにしておこう。「流血地帯は、ヨーロッパ・ユダヤ人の大半が暮らしていた土地であり、ヒトラーとスターリンの覇権主義政策が重複した領域であり、ドイツ国防軍と赤軍が戦った戦場であり、ソ連の秘密警察、NKVD(内務人民委員部)とナチス親衛隊が集中的に活動した地域でもあった。ほとんどの殺戮場がこの流血地帯に位置していた。1930年代から40年初頭にかけての政治地理学でいえ
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す