通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) 単行本 – 2007/12/18

5つ星のうち 3.5 116件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 74

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)
  • +
  • 春風のスネグラチカ (F COMICS)
  • +
  • 幻想ギネコクラシー 1
総額: ¥2,210
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「まとめ買い・セット本」
マンガ・絵本・小説・文庫セットなど、新品・中古本をまとめ買いできる。最大10%ポイント還元も。 まとめ買い・セット本

商品の説明

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) [コミック] 沙村 広明 (著)


登録情報

  • 単行本: 198ページ
  • 出版社: 太田出版 (2007/12/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778320514
  • ISBN-13: 978-4778320515
  • 発売日: 2007/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 116件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,126位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この作品で問題となっている残虐描写は、実は第1話と2話以外には殆ど登場しません。作者は暴力そのものや具体的な残酷行為以上に、不条理そのものの世界の中で生きる人間たちの儚さ、哀れさ、美しさ、醜さ、そして強さといった様々な生の有り様をより鮮烈に表現したかったのだと思います。各話ごとに人物や視点を変えて描かれるドラマには一切の救いも報いも無く、しかしそれゆえに、それぞれの意志で己の未来を信じつつ運命に踏み出していく少女達そして人間達の姿が一層純化され、物語を読む者に眩しく映ります。そして、「計画」の張本たるブラッドハーレー家も「戦争」という最も恐ろしく強大な暴力には抗えず、その混沌の中でかつての少女が成長と目覚めを経て、残酷だが広く美しい現実の世界へ一人旅立っていく……というラストはおそらく当初の段階で考えられていたのでしょうが、そこへ至るまでのエピソードをさらに加えて、他にも各人物や背景を掘り下げて描いてくれれば(具体的にはブラッドハーレー氏はじめ、最後まで屋敷に残った養女や使用人達のエピソード、ブライスの過去など)さらに世界観も深まり、より感動も完成度も優れたものに為ったと思われます。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最初は怖いもの見たさに、しかし次第にその物語の紡ぎ方の巧みさに魅せられてしまった・・と言ってしまえば全くその通りです。
散々な酷評を見て、自分もそれに追従しようかと画策しましたが、なんだかその気も失せてしまいました。

第一話、ダイアナの運命・・そもそも華麗な舞台と残虐性との落差や極限状態での性衝動を演出するためだけの"設定"だったのではないでしょうか。
それを単行本一冊分の世界観にまで膨らませるのは、やはり無理があったような気がします。
第二話、プリシラの存在とは何だったのか?ステラの中のもう一人の自分なのか、それとも・・。
最も目を背けたくなる場面が連続し、その深淵にあるステラの悲しみまで見失ってしまうかもしれない。
しかしその彼女の独白にこそ、この物語の主題が隠されているのかもしれません。
上記二話が効果的にはたらき、三、五、七話などは特に場面に馬車が登場するだけで恐怖と戦慄を感じてしまう。
第四話、咆哮とともにすべてを理解したピアスは、一瞬にして正気に戻ったのですね。
ちょっといい話になっています。
第六話、最後にリラが締めるマフラーは、回想シーンの父親のそれの比喩になっています。
そして第七話、劇中レスリーが演じる舞台も、最後に彼女を待ち受ける運命の比喩
...続きを読む ›
コメント 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 サクラ 投稿日 2008/9/6
形式: 単行本
十代の女性です。作者についての知識は何もなく、買ってしまったことを後悔しています…
作品の中の少女逹が可哀想すぎて、途中から読むのが恐くなりました。
絵は凄く綺麗だと思います。

好き嫌いが分かれる本です。 本屋さんで、『話題のコミック☆』のコーナーに、平積みで売るのはやめてほしかったです。内容が内容なので…
コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
有名な劇団に養女として迎えられることを夢見る孤児たちを描いたもので、
独立したエピソードを通して劇団の真の意図が明かされていく。

中世ファンタジーのような世界観と魅力的なキャラクターの中、
かなりエグい設定の話が展開されていく。
劇団へ引き取られたことに喜ぶ少女を
一気に過酷な状況に持っていく1話目からして壮絶。

常に漂う緊迫した雰囲気とテンポのいい展開で
目を離すことができず、どんどん読み進めてしまう。
エピソードごとに主人公を変えながらも徐々に全体像が見えてくる見せ方は見事。

基本的に救いがない物語なので
エグい話や後味の悪い話が苦手な人には不向きだが、
作品全体のクオリティは高いので、怖いもの見たさで読みたい人にはオススメ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他の方のレビュー同様ですが「少女が陵辱されるだけでなく、指を折られ犯されながら
局部を食いちぎられて折檻を受けて虫の息になっても死ぬまで何十人もの男のストレス
解消の性の道具にさせられる話」と聞いて引いた方にはお勧め出来ないと思います。
しかし、好みは評価には反映させていません。好みという評価であれば、一応女なので
内容に吐き気がしたクチでして・・・☆マイナス10くらいになっちゃうので・・^^;

作品感想。近世西洋世界を彷彿とさせる、しかし現実に見せかけつつどこか浮世ばなれした
童話めいた世界観。延々と繰り広げられる淫靡な殺戮。夢の世界に一人一人消えていって、
そして誰も居なくなった。ぞくりと背筋が寒くなる、残酷な童話と呼ぶにふさわしい設定。
個人の好みは置いておき、独特の美学を堪能するのに格好の一冊かと思います。
著者独特の、ザラザラとした線による人物が穢れた姿、少女や群がる男達も迫力がありました。

それだけに、美学に徹底していない点が残念。途中までは無情のみが支配する悪の快楽を描きながら、
最後に安っぽい救いの概念を入れたために、(マイナス方面での)爽快感が薄まってしまった。
前半、あれだけ恐れを知らずに(笑)美学に徹したのですから、い
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック