ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,609
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 3,650
通常配送無料 詳細
発売元: Three star shop 本店【当日お急ぎ便可能】【安心保証】
カートに入れる
¥ 3,980
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない [DVD]

5つ星のうち 3.5 54件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,650 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,534 (30%)
ポイント: 73pt  (2%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、古本・斑屋【ご購入前に商品説明文をお読みくださいますようお願い致します。】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 小池徹平, マイコ, 田中圭, 品川祐, 田辺誠一
  • 監督: 佐藤祐市
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2010/04/23
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 54件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00352PK6E
  • EAN: 4527427646346
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,077位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介


崖っぷちの今に最高の元気を贈る、実話から生まれたワーキング・エンタテインメント!!


2ちゃんねるの書き込みから生まれた黒井勇人のスレッド文学を、「キサラギ」の佐藤祐市が映画化。
主演は小池徹平。
高校中退のニート・マ男は、母の死をきっかけにプログラマーとなり、何とか小さなIT企業に就職する。
しかし入社してみると、そこはサービス残業や徹夜は当たり前で、過酷な労働を社員に強いる「ブラック会社」だった。
変わり者の同僚に囲まれ、徐々に成長していくマ男をコミカルに描く。

【特典映像】
●あなたにとって仕事とは?(キャストインタビュー)
●あなたにとって限界とは?(キャストインタビュー)
●監督&キャスト座談会
●メイキング・ドキュメンタリー
●ミニドラマ(社長と瀬古、木村と上原)
●初日舞台挨拶 ほか(予定)

【キャスト】
小池徹平、マイコ、田中圭、品川祐、池田鉄洋、中村靖日、千葉雅子、田辺誠一

【スタッフ】
監督:佐藤祐市『キサラギ』
原作:黒井勇人
脚本:いずみ吉紘『ROOKIES-卒業-』
撮影:川村明弘
美術:太田喜久男
編集:田口拓也

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

2ちゃんねるで話題を集めた人気スレッドを小池徹平主演で映画化。8年間引きこもり生活を送っていたマ男は、母親の事故死を機に小さなIT企業・黒井システム株式会社に入社する。しかし、そこは社員を奴隷のように扱う“ブラック会社”だった。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
ブラック会社とか、流行のネタを持ち出して、上っ面の風刺をしてみせる社会派気取りの映画なんだろう、と思っていましたが、違いました。
もっと質の悪いものでした。

未見の方は勘違いしない方がいいと思いますが、これはいわゆる"ブラック会社"なる環境を、ある意味で肯定する映画です。
劣悪な仕事の環境においても、とにかくガムシャラに頑張ればつかめるものがある、何故ならそれが仕事というものだから、というのが、この映画の基本のメッセージのようです。

確かに感動させられるところはありました。
主人公を演じる小池徹平が素晴らしく、一人の若者が厳しい現実に巻き込まれながら、自分を見つめ、迷いながらも、時に周囲の人の助けを受けて切り抜け、最後には職場全体を前向きな流れに巻き込んでみせる様を、この役は彼以外には考えられないと思わせるほどに好演していました。

ただそれは、主人公の一生懸命な姿、自信のなさや過去の悲しみを抱えながらも懸命に生きようともがく姿が感動的なのであって、それ以外の何物でもない。
それは、若い人が意志を持って逆境に立ち向かうときには、いつでも、どんな場面でも生まれうるものだとは思いますが、それに何も意味を見出さず、押しつぶしてしまうのが、おそらく現実の"ブラック"な労働環境なのだと思い
...続きを読む ›
1 コメント 182人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
私自身、ブラックに足を踏み入れている会社で働いている。いまは、転職活動中である。

そのきっかけ作り(本当に自分の会社がブラックであるのかという実態、対策)のために、本作を観たが…

他レビューにもあるように、ブラック企業でも、目的をもてば頑張れるよね?と言わんばかりの肯定映画だった。

ブラック企業をどう辞めて、どう転職に結びつけるかを知りたかったが、全くの見当違いだった。

ブラックな会社で、頑張ろうと洗脳されてるけど、そういう会社にも人にもなってはいけないよというある意味、反面教師映画にはなったが…

映画館でもなく、レンタルでもなく、動画配信サイトにして正解だった(笑)少なくともお金を払ってみるもんじゃない^_^;
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
観る者に何かを突き付ける社会派作品ではなく、ネット掲示板で綴られたドラマを映像化した作品。
とにかく力を抜いて、画面を眺める程度に楽しむのがコツなのです。

ニートとしての描写も、ブラックな職場も、随分と小奇麗にまとめられているんですね。
この段階で舞台劇として観る姿勢は必要でしょう。
それが出来ないと、現実との乖離で「無駄なモノを見た」で終わってしまうかもしれません。

日々を凌ぐってのは、基本的にブラックな要素満載ですからね。
何でやっていられるかって、やっぱり平凡ながらも劇的な経験則があるから。
そうすれば、自分の限界程度の小さな値でも、少しは補正が効きますからね。

ポエムをうたう事業主、思考停止した労働者…なんて現実を考えていたら、薄っぺらい作品と感じてしまうかもしれませんね。
まぁ、劇中の視点は間違ってはいないでしょう。
生活して行くうえで、計画的に改善するための術を、この作品が呈示していたら駄作になっていたでしょうが。

日々凌ぐための燃料としては、この作品くらいシンプルなものが燃焼効率良さそうです。
自嘲しながら楽しめる余裕無いと、返って逆効果になる気もしますが…。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「無理難題を押し付けるリーダーにお笑い芸人の品川祐を配役するあたりにも、その狙いが見て取れる。彼の怒鳴り声が笑いを呼ぶようにしなくては、この物語は成立しない」というレビューサイトがあったが、まさにそこ。品川の怒鳴り声が全っ然笑いを呼ばないので観てられない。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
それを暗に、主人公のヒューマンな部分に
スポットを当てて正当化するのではなく、
なぜ、もっと社会の闇の部分を風刺しなかったのか。

この経済状況下において、
当作品に登場するような企業は当然あると思われる。
認められない経費、人権を無視した労働環境、
性格の歪んだひどい上司や先輩。
しかし、それは決して正当化されるものではない。

たとえ、その状況で主人公が頑張ったとしても、
それはただのスポ根的な努力物語であり、
決して根本解決にはつながらない。

たとえるならば、
体罰が正当化される教育方針において、
生徒はその体罰に耐え抜き頑張りました。といった感じだろうか。

なぜ、このテーマで作品を作るときに、
根本を見つめる視点やメッセージがなかったのか。

ちなみに当作品の監督は、

> これから就職する人だったり、働きながら行き詰っている人に、
>「何のために働くんだろう」と考えるきっかけにしてもらえたらと思いますね。

と、インタビューで話しているが、

ということは、現在の日本には劣悪な労働環境がある。
...続きを読む ›
コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック