通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質 単行本 – 2009/6/19

5つ星のうち 4.3 35件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 611

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質
  • +
  • ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
  • +
  • まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
総額: ¥6,048
ポイントの合計: 181pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

■人間には不確実性を扱えない根本的欠陥があることを解明!
原書が刊行されたのは2007年4月。前著『まぐれ』同様、発売直後から、人間の思考プロセスに潜む根本的な欠陥を、不確実性やリスクとの関係から明らかにして、経済・金融関係者の話題をさらった。さらに、「サブプライムローン危機」が発生すると、「誰一人予想もしなかったインパクトのある事象」が起こる原因を原理的に明らかにした書として爆発的に読まれ、全米で150万部超の大ヒットを記録している。

■「ブラック・スワン(黒い白鳥)」とは何か?
むかし西洋では、白鳥と言えば白いものと決まっていた。そのことを疑う者など一人もいなかった。ところがオーストラリア大陸の発見によって、かの地には黒い白鳥がいることがわかった。白鳥は白いという常識は、この新しい発見によって覆ってしまった。
「ブラック・スワン」とは、この逸話に由来する。つまり、ほとんどありえない事象、誰も予想しなかった事象の意味である。タレブによれば、「ブラック・スワン」には三つの特徴がある。一つは予測できないこと。二つ目は非常に強いインパクトをもたらすこと。そして三つ目は、いったん起きてしまうと、いかにもそれらしい説明がなされ、実際よりも偶然には見えなくなったり、最初からわかっていたような気にさせられたりすることだ。

■世界の見方を変える書
私たちは自分で思っているほど実際には物事をよくわかっていない、とタレブは言う。彼はそんな現象を長年研究してきた。私たちはどうでもよくて取るに足らないことにばかり気をとられてしまう。そして相変わらず重大な事件に虚をつかれ、そんな事件が私たちの世界を形づくっていく。
本書でタレブは、私たちにはわかっていないとわかっていることのすべてを語る。「ブラック・スワン」に立ち向かい、それを利用できる驚くほど簡単な方法を提示する。本書の衝撃的な内容を読めば、世界の見方は一変するだろう。

■下巻の内容
第2部「私たちには先が見えない」では、将来を扱うときの間違いと一部の「科学」のよく知られていない限界、さらにそうした限界をどう扱うのがいいかを説明する。第3部「果ての国に棲む灰色の白鳥」では極端な現象をさらに深く追究し、ベル型カーブ(壮大な知的サギ)がどんなふうにできているかを説明する。また、自然科学と社会科学の分野で「複雑性」と呼ばれて乱暴にひとくくりにされているアイディアを見ていく。第4部「おしまい」はとても短い。下巻には「用語集」、きわめて詳細な「注解」ならびに「参考文献」を付す。

内容(「BOOK」データベースより)

未来予測を切って捨て、経済学とファイナンス理論を根底から揺さぶり、ベル型カーブでは扱えない不確実性の核心に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2009/6/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478008884
  • ISBN-13: 978-4478008881
  • 発売日: 2009/6/19
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,429位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 walkingdictionary VINE メンバー 投稿日 2010/11/8
形式: 単行本
  上巻から読んでいると、自画自賛、他者批判ばかりで、さらに文章も、途切れ途切れで、素人に対しては説明も不十分。とてものめり込めるような代物ではない。読書を楽しむという点からすると、あまりお勧め出来ない本だ。しかし、この本で指摘されていることは、非常に本質的で、極めて重要である。著者は金融の世界の人で、金融業界に本質的欠陥があることは、リーマンショック以降の金融危機で誰の目にも明らかになった。しかし、著者も指摘しているように、永らく慣れ親しんだ間違った理論から離れるのは実際には難しいようだ。さらに悪いことに、情報システムが蔓延している今、同様な数学のテクニックは、金融以外の様々な分野にも波及しようとしている。もちろん、著者が批判しているベルカーブを使ったテクニックが適用可能な分野も多いし、そうした場面に使われるのは良い。しかし、これらの数学は、ソフトウェア内に内包され、その本質的な限界性も理解しない人たちが、不適切なデータに対して、コンピュータでマウスとクリックして適用し、不適切な結果を出してしまおうとしている。つまり、今、世界は、著者の批判している悪い方の黒い白鳥によりさらされようとしているのだ。
  より読みやすく、人々を夢中にさせてくれる類書が出ると良いのだが、とにかく読みにくいから、やや著者の態度に腹が立つからと途中で辞めず、手に取ったからには最後まで読み終わって欲しい。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
上巻よりも下巻の方が回りくどくないです。本文の内容は濃いですが、注解が4分の1くらいあって専門家でなければちょっと損した気分になります。
世の中月並みの世界じゃないという、ガウス的な考え方への批判ことはわかりましたが、著者が研究している分野への記述が上下巻読んで物足りなさを感じました。
批判的に書きましたが、それでも良書です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 上巻では語られることのなかった、正規分布に基づく統計シミュレーションでは想定できないブラック・スワンへの対処法が語られる下巻。トレーディングの実務家としての著者の戦略は、ガチガチに安全な資産に85-90%を投資し、残りは投機的な賭けに投じるという「バーベル戦略」を取るという。トレーダーとしては1987年・1998年・2008年の3回(=すなわち市場が突如暴落してブラック・スワンが現れた年)しか儲けていないという著者の自慢(?)は控え目な言い方ではあるだろうけど、実際、過去50年のSP500のリターンの半分は値動きの激しい10日間で生じているという。ただ、安全資産(=著者は米国債を挙げている)の選定というのが今は難しい時代なので、その辺の具体的説明について(こんだけのページ数を読まされてるのに)紙数が割かれておらず、投資理論の方は食い足りないものがあった。

 寧ろ面白かったのは、不確実性下の世界での生き方の方で、宝くじやギャンブルのようなペイオフの確定した賭けをやりまくるのではなく、ペイオフが拡張可能な事業(=大当たりした場合の利得が無限大に設定できる映画や出版、ベンチャーキャピタル、科学的研究、が例として挙げられている)に手を出しまくれというメッセージは馬鹿馬鹿しいくらい個人でやるにはハードルが高いが、結局「当てる」とはそういうことなのだろう。そして、その際
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ブラックスワンというのは、
・予測困難で
・現状を一変させ
・事後的にもっともらしい説明ができる
という現象のことらしい。

個人的にわかりづらかった部分である、ブノワ・マンデルブロを扱ったくだりだけ触れておきたい。

15章では、まずベルカーブが引き合いに出される。そしてそれに続く16章で、マンデルブロのフラクタルと対比される。
ベルカーブというものは、標準偏差を示し、サイコロの目だとか人間の身長、体重などのように、標準値の周辺にデータが集まる世界(=月並みの国)で有効な方法とされている。
というのも、そこでは突発的なデータ(100メートルを超える身長や10トンを超える体重など)はまず観測されないからで、ひとつのデータが標準値を大きく変えてしまう可能性はとても低い。
一方、金融などの世界(=果ての国)では、測定不能な「外れ値」=「ブラックスワン」がたびたび観測される。

タレブが問題にしているのは、ブラックスワンのいる「果ての国」で、標準偏差を使って事象を把握しようとする行為である。
たとえばそのような行為は、「測定不能なもの(不確実性)」を「測定可能なもの(リスク)」として理解させ、もともとあった不確実性は、単純化されたモデルによって覆い隠
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー