通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★通常配送料無料★使用感(開きあと)ありますが、お読みいただくには支障ない状態です。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡 単行本 – 2016/10/14

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/10/14
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 894

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡
  • +
  • ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台
  • +
  • ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あの人気街歩き番組が、ついに書籍化! これであなたも「ブラタモリ」体験

第4巻では2015年度放送の第14回から第18回そして第24回の松江、出雲、軽井沢、博多・福岡での内容を収録。
街の成り立ちを、土地や建物に残された痕跡から、歴史・文化・地質学などさまざまなアプローチで掘り下げ、これまでとは一味もふた味も違うディープな街歩きを楽しめます。

本編では語り切れなかったエピソードや、ロケの撮影風景の特別写真、街歩きに便利な地図などを多数収録。
散歩に、旅のお供に欠かせない一冊です。

<主な内容>

第1章 松江
国宝 松江城の城下町はどう作られた? 国宝 松江城/古くからの商業地 白潟/堀から見る城下町

第2章 出雲
出雲はなぜ日本有数の観光地になった? 出雲大社/江戸時代の参拝の姿とは?/旧大社駅の開設で生まれた新しい参道

第3章 軽井沢
軽井沢はなぜ日本一の避暑地になった!? 軽井沢を見出したのは外国人/軽井沢の地形と火山/別荘地としての町づくり
軽井沢への道 人はどう「峠」を超えてきた? 碓氷峠の特徴とは?/街道と宿場町の整備の工夫/日本最大級の勾配に鉄道はどう挑んだ?

第4章 博多・福岡
博多誕生のカギは「高低差」にあり!? 中洲/太閤町割の秘密/博多一の高台に残る町づくりの痕跡/博多遺跡
福岡発展のカギは「鉄道」にあり!? 路面電車/天神大牟田線/新幹線と博多総合車両所

内容(「BOOK」データベースより)

旅が何倍も楽しくなる。街あるき決定版。


登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/10/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041043247
  • ISBN-13: 978-4041043240
  • 発売日: 2016/10/14
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.5 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,516位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 榎戸 誠 トップ500レビュアー 投稿日 2017/6/16
『ブラタモリ(4)――松江 出雲 軽井沢 博多・福岡』(NHK「ブラタモリ」制作班監修、KADOKAWA)で、私の好きな軽井沢の歴史を知ることができました。

掲載されている現在の軽井沢と、明治20(1887)年頃の軽井沢の全景写真を見比べると、あまりの違いにびっくりさせられます。「(明治20年頃の軽井沢は)あっけにとられるほど何もないただの平原だ」。

「交通の要衝として江戸時代に栄えていた宿場町・軽井沢ですが、明治に入って宿駅制が廃止されると、衰退への道を辿りはじめます。とくに、明治17(1884)年に中山道の南側に碓井新道が開通すると、旧街道を人や荷物が通らなくなり、宿屋も閑古鳥が鳴くようになります。軽井沢は高冷地のため、もともと農作物はあまりできない土地。冷害も多く、宿場町としての収入が支えだっただけに大打撃でした。ところが、その寒村に大きな変化が起こりました。明治中頃から、(避暑目的の)外国人の姿が目立つようになったのです。当時の写真を見てみると、英語表記の看板を掲げた店がかなりあるのがわかります」。

しばしば軽井沢を訪れますが、このような栄枯盛衰の歴史を知ると、軽井沢により親しみを感じます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
博多駅前の巨大道路陥没をタモリが予言していたというYahooニュースを見て本書を手にとった。しかし例によってそれは記事の誇張だった。タモリは単に博多の地質が砂丘だったことを確認したのにすぎなかった。ただ、陥没の原因はこれから検証されるでしょうが、原因の一つには砂地だったことは避けられない要因でしょう。

この本を手に取ったもう一つの目論見は、この前旅をした松江と出雲がフィーチャーされているので、「土地勘」があったこと。あの番組をみればわかるが、あの土地を歩いているかいないとでは、理解度が全く違うのである。残念ながら、この回は見損なっていた。せめて本で確かめようと思ったのである。

松江を歩けばお堀にぶつかる。タモリと同じようにお城から眺めれば、宍道湖からお城に平地がずっと広がり、お堀が縦横に走っている。歴史博物館で私も確認したのだが、ここを城下町にしようと時の城主堀尾吉晴の英断。様々な治水の技術を使ったわけですね。

出雲にも行きました。テーマは「出雲はなぜ日本有数の観光地になったのか」。そんなにびっくりするような内容ではなかった。私は密かに出雲大社の東側に弥生時代の聖地があるのを解説して欲しいと思っていたのだが、流石にタモリも神奈備山には興味がないのか、スルーされてしまった。

2016年11月25日読了
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告