この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ブラジルバレーを最強にした「人」と「システム」 単行本 – 2009/11

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 850
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

監督、選手、育成のエキスパート、代表合宿の取材を敢行!ジバ、アンドレ、シェイラ、パウラ…“グローバル”な選手を輩出したブラジルの育成法とは。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米虫/紀子
大阪府出身。大学卒業後、広告会社にコピーライターとして勤務したのち、フリーのスポーツライターに。2004年に『バレーボールマガジン』で執筆を始め、バレーの魅力にはまる。バレーボール、野球を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 201ページ
  • 出版社: 東邦出版 (2009/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4809408345
  • ISBN-13: 978-4809408342
  • 発売日: 2009/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 359,847位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
私はいわゆる『観るだけ』のバレーボールファンです。
けれどもこの本は、素人の私でもとても読みやすく、かつ面白く読めました。

『ブラジルバレーは何故強いのか?』ではなく、『ブラジルはどうやって強いバレーを作り上げていったのか?』という視点から取材がなされていて、どの項目も興味深かった。
特にインタビュー記事は大会などではとても聞けないような日本に対する率直な発言もあって、思わずうなずきたくなるものばかり。
ブラジルのバレー環境について理解していくにつれて、日本バレーの現状の問題点まで見えてくる、そんな本でした。
テレビで見るだけでは漠然としかわからなかった日本バレーへの疑問やもどかしさに、少なからず形を与えてもらった気分です。巡り会えて本当によかった。

…、私のような観るだけの素人なんかとは比べ物にならないほど、日本でバレーボールに深く関わっているような方々がこの本を読んだら、一体どんな感想を抱かれるのでしょう?
ブラジルが70年代の日本バレーをスタート地点にしていることを単純に喜ぶのでしょうか?
それとも、70年代のバレーをゴール地点にしてしまったが故の日本の現状に危機感を抱いてくれるのでしょうか?
興味深いです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
頂点を極めて尚さらに上を目指すブラジル。
彼らの考え方は頂点を極めて約30年思考停止した日本に一石を投じるものである。
また、バレーに限らずスポーツは指導者⇒選手(先生⇒生徒)のトップダウンではなく
自らが考え、自ら答えを出すことで伸びるものであると改めて思い知らされた。
スポーツのに携わる関係者やスポーツファンに是非呼んでもらいたい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
現在ワールドカップバレーが開催されている。
ブラジルは2008年北京オリンピックでは女子が金、男子が銀を獲得している。
男女ともに世界ランキングでも常にトップ5に入る。
サッカーだけでなく、バレー王国でもあるのだ。
今回のワールドカップでは女子が5位に終わり、現在男子も3位という成績で本領を発揮できていないのかもしれないが、きっと来年のオリンピックにはきっちり仕上げてくるだろう。

さて、そのバレー王国だが、実は現在の地位を築く土台は、全て日本から学んだというのだ。
現在の女子代表監督のギマラエス氏は22歳の頃、1976年にに約40日間日本に滞在し、日本代表、NKK、中央大学で研修したそうだ。
一方男子の代表監督、レゼンデ氏も若い頃に日本の伝説的セッター、猫田氏の「画期的な」プレーに影響を受けたと言う。
現在のブラジルバレーの基礎は全て日本から学んだとも。

では一体なぜ立場は逆転してしまったのだろう?
フィジカルの部分をあきらめている、問題と向き合っていない。
精神的に弱くなっている。
などの意見もありつつも、昔は画期的だった日本バレーがその栄光にあぐらをかいて、
「新しいものを取り入れるという工夫をしてこなかったようです」
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
大学男子バレー部の副キャプテンをやっており、海外バレー(ブラジル、ポーランドなど)に関心があるので購入しました。

ブラジル男子のレゼンデ監督や女子のギマラエス監督のバレー哲学が多く書かれており、感銘を受けました。
特に各ポジションごとの適性やレゼンデ監督の期待する点は非常に参考になりました。
日本代表やアマチュアへの視線も書かれています。

バレーボーラー、指導者であれば必携の参考書です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
年代別の育成システムと、幼少期のスタート時点の指導の仕方に感心しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告