中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ♪『土日祝日も営業中!!』 ○こちらの商品はクリーニング済みですが若干の汚れ、傷み、日焼けはご了承下さい。 ※当店では24時間以内に佐川飛脚メール便で発送し、その際にAmazon上より出荷通知をお送り致します。 【注意】この商品は店頭でも販売している為、タイミングによっては稀に売切れの場合がございます。その場合はお取引をキャンセルとさせていただきます。予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ブラウン神父の童心 (創元推理文庫) 文庫 – 1982/2

5つ星のうち 3.9 23件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 356ページ
  • 出版社: 東京創元社 (1982/02)
  • ISBN-10: 4488110010
  • ISBN-13: 978-4488110017
  • 発売日: 1982/02
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 134,240位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 ブラウン神父物でも傑作が集中している短編集。
 特に「秘密の庭」「見えない男」「折れた剣」は必読。しかし、必ず「青い十字架」からまず読むこと。そうしないと作者の仕掛けた大仕掛けを見逃すことになる。
 中でも「折れた剣」は特に有名で、ブラウン神父とフランボウの問答は歴史に残る名問答(ブラウン神父の答えが、推理小説の全てを言い現していると言って過言ではない)。とかく探偵の引き立て役に甘んじがちの相棒だが、この問答を見る限り馬鹿じゃないことが知れる。ま、読者より、フランボウより、ブラウン神父が数枚上手なのだから仕方がない。
 自分が原書まで買い求めたのは、チェスタトンとJ・D・カーの二人だけ。
 とにかく読んで損はしないはず。オススメ。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ブラウン神父…私個人的には一番好きな推理家です。こっけいな風貌でひょうひょうとした風情、それでいてどこか寂しいところがあるからです。人は皆、孤独であるということを知っている、混沌とした人の心に
長く接してきた人物が持つ、慎ましさと慈悲深さが感じられるのです。ミステリーに陰陽はございませんが、仮に音楽に例えるならばシャープよりもむしろフラット。もう一人の好きな探偵…エルキュール・ポワロならばどこかに生き生きとした動を感じるに対し、ブラウン神父は哲学的な静かさという読後感があります。それでいて、ストーリーは難しくなくて面白い、ストレスを感じることもなく、飽きて飛ばすこともなく読めてしまう…イチオシのミステリーなのです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
数年ぶりに「童心」を読み、はまりにはまって「醜聞」まで全巻そろえてしまいました。「童心」から「不信」までの2冊まではトリックの面白さで圧倒されてしまうのですが、トリックにやや新鮮味がなくなる3巻あたりから、俄然人間小説として面白みがでてきます。しょうこりもなく罪をおかす人間の最低の部分に常に正面から対峙し、理解し、許すブラウン神父様。なぜこの人にはそういうことができるのだろう?日本人仏教徒の私にはとても不思議な罪と許しのシステムを営々と作り上げたカトリック宗教と人間の関係。下世話な推理小説の形をとっているから生臭くなく素直に読むことができる宗教書。スピリチュアル流りの現代にこそ読みたいブラウン神父様です

です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
たった一人の女、たった一人の友、そしてたった一つの思い出と一冊の書物、これらを手に入れるだけでも、懸命に生きなければ手にすることができない。――英国の作家、批評家、ギルバート・ケイス・チェスタートンの言葉である。

チェスタートンは、『ブラウン神父の童心』(ギルバート・ケイス・チェスタートン著、中村保男訳、創元推理文庫)などのブラウン神父・シリーズの推理小説で知られているが、独得の逆説と諧謔に満ちた多くの警句を残している。

例えば、「私の成功の秘訣は、敬意を持って最善のアドヴァイスを聞き、そのアドヴァイスの全く逆を行ったことである」、「解決策が分からないのではない。問題が分かっていないのだ」、「本を読みたいという熱心な人間と、読む本が欲しいという退屈した人間では、雲泥の差がある」などである。

これだけ山葵(わさび)の利いたアフォリズムをひねり出せる著者の手になる推理小説が、面白くないわけがない。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ホームズ、ポワロをはじめ小説が生んだ名探偵は多いですが、その中でブラウン神父は
意外と知られていないのではないでしょうか。しかし、ミステリーファンならば
読まないと損です。トリック自体も本格的ですごいのですが、文章も素晴らしい。特に
情景描写が綿密で色彩豊か。幻想的な気分にさせてくれます。
少々読みづらい部分もありますが、この物語が書かれた時代から考えて(19世紀後半
から20世紀初頭)このくらい重厚で古い感じの文が相応なのではと思います。

推理物として一級品であるだけでなく、高尚な文学といった雰囲気も兼ね備えた
このシリーズ、「童心」「知恵」「不信」「秘密」「醜聞」全5冊の読破を
おすすめします。ちなみに、あの江戸川乱歩もブラウン神父を愛読、
絶賛しているんですよ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 spikework VINE メンバー 投稿日 2003/1/23
形式: 文庫
この短編集に収録されている作品群ほど
数多くのアンソロジーに収録された作品はないでしょう
泥棒を追跡していた探偵の前に現れる、変な事件「青い十字架」
古典的になった首切りもの「秘密の庭」
廊下を行き来する足音だけで推理を展開する「奇妙な足音」
奇抜な隠れ方の一例「飛ぶ星」
特殊な犯人の「見えない男」
奇矯な動機の「イズレイル・ガウの誉れ」
凶器のなぞ「神の鉄槌」
物の隠し方の有名作「折れた剣」
パラドックスもの「三つの兇器」等々
これほど粒のそろっている短編集はないでしょう
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー