ブザンソン音楽祭における最後のリサイタル がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ブザンソン音楽祭における最後のリサイタル

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,490 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ひつじ屋★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の リパッティ(ディヌ) ストア


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 演奏: リパッティ(ディヌ)
  • 作曲: モーツァルト, シューベルト, ショパン, バッハ
  • CD (2007/10/24)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 73 分
  • ASIN: B000TLYFB0
  • JAN: 4988006855588
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 212,638位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 拍手
  2. パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV.825 I.前奏曲
  3. パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV.825 II.アルマンド
  4. パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV.825 III.クーラント
  5. パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV.825 IV.サラバンド
  6. パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV.825 V.メヌエットI&II
  7. パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV.825 VI.ジーグ
  8. ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310 第1楽章:アレグロ・マエストーソ
  9. ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310 第2楽章:アンダンテ・カンタービレ・コン・エスプレッショーネ
  10. ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310 第3楽章:プレスト
  11. 即興曲 第3番 変ト長調 D.899-3
  12. 即興曲 第2番 変ホ長調 D.899-2
  13. 13のワルツ 第5番 変イ長調 作品42 ≪大円舞曲≫
  14. 13のワルツ 第6番 変ニ長調 作品64-1 ≪小犬のワルツ≫
  15. 13のワルツ 第9番 変イ長調 作品69-1 ≪別れのワルツ≫
  16. 13のワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64-2
  17. 13のワルツ 第11番 変ト長調 作品70-1
  18. 13のワルツ 第10番 ロ短調 作品69-2
  19. 13のワルツ 第14番 ホ短調 遺作
  20. 13のワルツ 第3番 イ短調 作品34-2 ≪華麗なる円舞曲≫
  21. 13のワルツ 第4番 ヘ長調 作品34-3 ≪華麗なる円舞曲≫
  22. 13のワルツ 第12番 ヘ短調 作品70-2
  23. 13のワルツ 第13番 変ニ長調 作品70-3
  24. 13のワルツ 第8番 変イ長調 作品64-3
  25. 13のワルツ 第1番 変ホ長調 作品18 ≪華麗なる大円舞曲≫

商品の説明

メディア掲載レビュー

リパッティがその短い生涯の最後の最後、死の2ヶ月前に重い病状をおして敢行した歴史的ライブ録音アルバム。1950年録音盤。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 どの世界にもずば抜けた才能を持ちながら夭折した者たちは数多くいる。西洋音楽の世界でも、指揮者のイシュトヴァン・ケルテス、フェレンツ・フリッチャイ、ヴァイオリニストのジネット・ヌヴー、チェリストのジャクリーヌ・デュ・プレ、テノールのフリッツ・ヴンダーリヒなど錚々たる人物ばかりである。才能を持つものが早世するのは神が定めた宿命なのだろうか。それは私には計り知れない事だが、しかし、それゆえに偉大な芸術家として後世に語り継がれるのかもしれない。その一人で、今では伝説的とも言えるピアニストがディヌ・リパッティである。
 ディヌ・リパッティはルーマニア、ブカレスト生まれの夭折した天才ピアニストである。かのコルトーにピアノを学んだ経歴を持ち、コルトーも彼が亡くなった時には大変な逸材を無くしたと悔やんだそうである。それほどの才能を持ちながら夭折してしまったのは私たちにとっても大変惜しい事であった。しかし、その短い人生の中で、後世に数としては少ないが、かけがえのない遺産を残したくれた。彼の常に凛として格調高く、音楽そのものに敬意を持って接する態度はこの数々の録音の中に窺い知れる。彼が単に抜きん出た才能の持ち主でなく、その与えられた才能を弛まず努力し、磨き上げ、妥協を許さずに音楽と向かい合ってきた事は彼を直接知らない聴き手の私たちにさえ、その音楽に耳を傾ければ理解できるだろう。その彼が生涯
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
音質は録音年代を考えれば妥当。演奏は強靭な意志を感じさせる正確さで音符が流れていく。しかしそんなことよりも、このCDに関して言っておくべき事がある。
私がこのCDを買う動機となったシューベルトの作品90の2。昔出た盤では、最後の音が長く伸ばされ、拍手が重なっていた。それが、このCDではものの見事に削られているのである。
おそらく、他の曲も同様な仕打ちを受けているのだろう。
最初の拍手を入れる位なら、なぜ元の録音を完全な形で再現しなかったのか。作品の一部の音よりも、演奏前の拍手が大事だというのか。
あまりにぞんざいな扱いに、リパッティもあの世で嘆息しているだろう。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 白血病による死期迫った1950年9月16日、妻や主治医に見守られながら開催された
33歳にして人生最後の演奏会・・・『ブザンソン告別演奏会』
モノラルで音は良くないのですが、これほど“生と死・音楽”について考えさせられる
リアルな音楽のドラマは他に類を見ません。

グルダのシューベルト:4つの即興曲集やホロヴィッツのザ・ラスト・レコーディング、
バックハウスの最後の演奏会やネイガウスの有名な最後のリサイタルなど、
死の直前の(ライヴ)名録音が数ある中で、その若さ故か、最も胸息詰まる演奏でもあります。

バックハウス盤もそうでしたが、聴衆の拍手や演奏直前の“指馴らし”までもが収録されており、
迫真に迫った演奏が始まるという期待感が膨らむ中、悲壮感とは無縁な堂々たる演奏が始まります。
このCDのタイトルを知らないで聴くと、リパッティの死の兆しを感じ取ることは不可能でしょう。

シューベルトの2つの即興曲、それに続くワルツにしても、
軽快で力強い指さばきから奏でられる“男リパッティ”の薫りが強烈で、
モノラルのハンディキャップを見事に払いのけています。
この日は、作品34-1変イ長調“華麗なる円舞曲”のみ演奏されていませんが、<
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
この最後のコンサートの曲目は、7月に自宅、およびスタジオで録音した2枚とほぼ同じ。ショパンのワルツに至るまで、最後の1曲を演奏することができなかったことが信じられないほどの傷一つ無い演奏。エレガントで、控えめな情感を込めたたぐいまれなワルツには感動の他に言うべき言葉を知らない。

しかし、あの7月の演奏とくらべてみると慄然とせざるを得ない。7月のワルツは完璧すぎるほどの完璧さで、久しぶりの、そして最後になるかもしれないレコーディングへのいくぶんかの気負いが混じっているようにも感じる。それに対し、ブザンソンでのワルツは、傷などは無いけれども、微妙に感情がゆらめき、この上もないほどの情感がひそかに込められている。

死を前にした心の揺らぎがこれほどの情感を生み出したのだろうか。それとも、考えたくないことだが、体力の衰えが微妙な演奏の揺らぎをもたらしたのだろうか。もしそうだとしたら、芸術はあまりにも残酷だ。そしてそれを聴く僕たちはあまりにも罪深い。

ああ、そんなことは考えるまい。これこそは、リパッティが僕たちに残した最後の、そして最高の贈り物なのだから。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告