この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ブエノスアイレス [DVD]

5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオブエノスアイレス (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: レスリー・チャン, トニー・レオン, チャン・チェン
  • 監督: ウォン・カーウァイ
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 中国語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 1999/11/26
  • 時間: 90 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 70件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005FXNH
  • JAN: 4988102508715
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 83,969位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

レスリー・チャンとトニー・レオンの共演で贈る、ブエノスアイレスを舞台に展開する男同士の繊細で切ないラブ・ストーリー。

Amazonレビュー

   アルゼンチン。旅の途中で知り合ったウィン(レスリー・チャン)とファイ(トニー・レオン)。幾度となく喧嘩と別れを繰り返してきたこのゲイ・カップルは、やり直すためにイグアスの滝をめざすが、またもささいなことから喧嘩別れとなる。そしてしばらく後、ブエノスアイレスのタンゴ・バーで働くファイのもとに傷ついたウィンが転がり込んできた…。
   それまで香港で活動を続けて来たウォン・カーウァイ監督が、かねがね興味を寄せていたという香港とは地球の裏側にあるブエノスアイレスを舞台に、男たちの愛の痛みを描いていく。名コンビのクリストファー・ドイル撮影監督による手持ちキャメラや素早いカッティングなど、従来のカーウァイ作品ならではのテイストと、別世界で新たな道を模索しようとする創作者のもがきが混在した、不可思議な魅力を持つ作品となっている。カンヌ国際映画祭最優秀監督賞受賞。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
いやぁ、面白かった。
レスリーチャンが度々トニーレオンに怒られるシーンも可愛らしく描かれていますし、トニーレオンの武骨さも良かったです。
私は何度か見たあとの感想なので、感想の視点がフレッシュではありませんが、何度見ても魅力的な映画だと思います。
色彩、画像の質感も絵みたいでステキでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
映画公開時に香港で見て「???」でしたが、
DVD買って日本語で見ても「???」でした。
さすがウォン・カーウァイ作品って感じですww

ワンコのような眼をしたトニー・レオンを振り回すレスリー・チャン
70年代の少女漫画「風と木の詩」のジルベールとセルジュを彷彿とさせます。
(「風と木の・・・」を知らない人にはなんのこっちゃでしょうけれど)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
しょっぱなから男同士の絡みで始まります
根本的に白黒の画をわざわざ使ってたりとかで人を選ぶ作品です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
この映画は是非、見たかったのです。

名作との評判の高い映画ですが、私は劇場でも見逃しておりました。

いい映画でした。監督のセンスの良さと主演二人がとってもいいです。

やはり買って良かったDVDです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
以前深夜にテレビでやってたのを観ようとした時には、冒頭の男二人が愛し合うシーンのあまりの生々しさにドン引きしてしまって思わずチャンネルを変えてしまったのだが、その後ここでのレビューやWikipediaの記述などを読んでどうしても観たくなったので、どーせならこのBlu-rayで…と思って購入。まだ1回しか観てないが、見終わった後、時間が経ってからじわじわと来る感じが強烈で。膨らんだ思いをちょっと吐き出させて下さい。

見終わって思い出したのが、「そう言えば自分も4年前、人妻に恋してにっちもさっちもいかなくなってた時に、夜中に車走らせて那智の滝にお参りしたことがあったな」という事だった。確かにこの映画で描かれてるのは男同士の恋愛なのだが、そのことによる社会的な差別や迫害がほぼ全く描かれない点で『ブロークバック・マウンテン』とは決定的に異なる。じゃあ何故同性愛なのか、というと「結婚/出産→子育て」という形に結びつかない大人の恋愛のあり方、ということなのかと思う。既婚者に真剣に恋をした経験のある人なら分かると思うが、結局「一夫一婦制」というのは「所有/支配」のモデルであって、意思を持った個人を「モノ」として扱う文化/思考様式と深く結び付いている。恋をしたらできるだけ相手と一緒にいたい、一つになりたいと願うのは当たり前だが、それが出来ないケースに直面するとそれが何故なのか
...続きを読む ›
2 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
この映画の素晴らしさは
DVDのレビュー等で既に語られてるので
僕は私的必見ポイントを書きたいと思います

一つめ
冒頭のシーンでウィンがファイの首にかかった鍵を咥える所
ほんの一瞬だけど時が止まった気がした

二つめ
キッチンでタンゴを踊るシーンで、ウィンがファイの袖から手を入れて引き寄せる所は色っぽさの極みです

三つめ
ファイが積んだ煙草の山をウィンが撒き散らす所。特にベッドに落ちた箱を投げ捨てた後の、何とも言えない空気感ときたら切なさの極みです

んー
まだまだある(笑)
タクシーの中でファイの横顔に見とれるウィンのあどけない顔とかね

腐れ縁でも何でもいいから
二人には一緒にいてほしかったよ
もうどうにもならないけどね
だって「ブエノスアイレス=最果て」だもんね
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
レスリーチャンの作品が好きです。この作品は特にガーッと盛り上がる事も無く、淡々と流れていくストーリですが、映像、音楽、レスリーチャンの捨てられた子犬のような魅力に何度でも見たくなる映画です。当のレスリーは同性愛を匂わす発言が多かったようですが、この作品でも危うい小悪魔のように相手を翻弄し、古着風なファッションを着こなす彼も他では無い魅力。全く性格の違う主人公2人の彼らが不器用に愛情表現したり、離れたり。キッチンで2人をタンゴを踊るシーンが幸せの頂点な気がして心に残ります。そこからのストーリーは個人的に「?」。好き放題に振舞うレスリーが結局は良い結末に辿りつけず、という展開なのですかね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す