この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ブエノスアイレス食堂 (エクス・リブリス) 単行本 – 2011/10/8

5つ星のうち4.8 3個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥16,583 ¥802
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

《「アルゼンチン・ノワール」の旗手による異色作》
本書は、故郷喪失者のイタリア人移民の苦難の歴史と、アルゼンチン軍事政権下の悲劇が交錯し、双子の料理人が残した『南海の料理指南書』の驚嘆の運命、多彩な絶品料理、猟奇的事件を濃密に物語る異色作。
物語の冒頭、1979年、骸骨となった母親マリナの死体と、その隣に横たわる赤ん坊セサル・ロンブローソが、マル・デル・プラタの「ブエノスアイレス食堂」で発見された。そこは、イタリア移民家族の歴史、20世紀アルゼンチン史の光と闇に閉ざされた場所であり、猟奇的事件の幕開けでもあった。
移民の双子カリオストロ兄弟は、ホテル厨房で働くマッシモ・ロンブローソの薫陶を受け、『南海の料理指南書』を執筆し、1911年に食堂を開店する。第一次世界大戦が勃発し、双子の親戚シアンカリーニ一家が食堂を継ぐが、やがて軍事クーデタが起き、食堂は閉鎖される。間もなく食堂は再開されるが、ペロン政権が軍事クーデタで倒れ、縁のあった食堂は暴徒に放火され、消失する。そして1978年、食堂を継いだものの亡くなった、ロンブローソの末裔と結婚していたマリナは、新しい命を宿していた......その赤ん坊セサルは長じて天才料理人となるが、やがて戦慄すべき正体を見せ始める......。

内容(「BOOK」データベースより)

故郷喪失者のイタリア人移民の苦難の歴史と、アルゼンチン軍事政権下の悲劇が交錯し、双子の料理人が残した『指南書』の驚嘆の運命、多彩な絶品料理、猟奇的事件を濃密に物語る。「アルゼンチン・ノワール」の旗手による異色作。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 白水社 (2011/10/8)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2011/10/8
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 227ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4560090181
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4560090183
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
3 件のグローバル評価
星5つ
80%
星4つ
20%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2012年8月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年1月21日に日本でレビュー済み
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告