通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ブエノスアイレス食堂 (エクス・リブリス) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯あり●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ブエノスアイレス食堂 (エクス・リブリス) 単行本 – 2011/10/8

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,259

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

アルゼンチン軍事政権下の悲劇、双子の料理人が残した指南書の驚嘆の運命、多彩な絶品料理、猟奇的事件を濃密に物語る異色作!

出版社からのコメント

《「アルゼンチン・ノワール」の旗手による異色作》
本書は、故郷喪失者のイタリア人移民の苦難の歴史と、アルゼンチン軍事政権下の悲劇が交錯し、双子の料理人が残した『南海の料理指南書』の驚嘆の運命、多彩な絶品料理、猟奇的事件を濃密に物語る異色作。
物語の冒頭、1979年、骸骨となった母親マリナの死体と、その隣に横たわる赤ん坊セサル・ロンブローソが、マル・デル・プラタの「ブエノスアイレス食堂」で発見された。そこは、イタリア移民家族の歴史、20世紀アルゼンチン史の光と闇に閉ざされた場所であり、猟奇的事件の幕開けでもあった。
移民の双子カリオストロ兄弟は、ホテル厨房で働くマッシモ・ロンブローソの薫陶を受け、『南海の料理指南書』を執筆し、1911年に食堂を開店する。第一次世界大戦が勃発し、双子の親戚シアンカリーニ一家が食堂を継ぐが、やがて軍事クーデタが起き、食堂は閉鎖される。間もなく食堂は再開されるが、ペロン政権が軍事クーデタで倒れ、縁のあった食堂は暴徒に放火され、消失する。そして1978年、食堂を継いだものの亡くなった、ロンブローソの末裔と結婚していたマリナは、新しい命を宿していた......その赤ん坊セサルは長じて天才料理人となるが、やがて戦慄すべき正体を見せ始める......。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 227ページ
  • 出版社: 白水社 (2011/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560090181
  • ISBN-13: 978-4560090183
  • 発売日: 2011/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 625,827位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書の1行目は以下のような出だしだ。『セサル・ロンブローソが人間の肉をはじめて口にしたのは、生後七ヶ月のころのことだった。』そしてある意味どんなホラーよりもスプラッターな、かぎりなく猟奇的な描写が続く。もしかする
と良心的な人々はここで怖気づくかもしれない。しかしそれは二ページほどで終了し、その後は本書の舞
台となる「ブエノスアイレス食堂」の長い長い歴史の話となる。それは十九世紀の末に始まるアルゼンチ
ンとイタリアの歴史をなぞる旅でもあった。イタリア移民である双子のカリオストロ兄弟がアルゼンチン
の観光地マル・デル・プラタに建てた二階建ての屋敷が以後七十年の長きにわたり数多くの食通の胃袋を
満たすことになるブエノスアイレス食堂のはじまり。そしてそれが冒頭の場面である1979年の出来事
にまでつながるのだが、おもしろいのはこの過程で語られる数々のエピソードが一直線の時系列で統一さ
れていないところだ。それが意図的なものなのか作者のきまぐれなのかわからない書き方なのが本書のミ
ソ。短めの章割りで話が進んでいくわけなのだが、それが微妙な具合に折り重なっており、章は進んでい
くのに時系列は少し後戻りしていくという感じなのだ。そうすることによってかすかな混乱とともに物語
に奥行きが与えられ、重
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ブエノスアイレス食堂が開店するまでのこと。
開店後、代々受け継がれたレシピ本とこの食堂を、いくつかの(広義の)家族たちがつないでいくこと。
食堂は、家族たちの苦労の上、栄枯盛衰を繰り返すこと。

第一行目で放たれる、赤ん坊セサルが肉を齧った、という一文は、上記のようなブエノスアイレス食堂についての記述を読んだあとであれば、深く感心を持って読み返すことができる。

ああ、これは愛への渇望が描かれている、と気づいたら、この本はもう終わってしまう。
私はサセルに心底同情し、愛おしくさえ思えたのだが、あなたは彼を恐ろしい子だったと感じるかもしれない。

そして、登場するおいしそうな料理の数々に、読んでいるとお腹が空いてしまうので、読む場所や時間にはご注意を。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック