ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,132
通常配送無料 詳細
発売元: ドレミセレクション
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ Original recording remastered

5つ星のうち 4.8 40件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 2,181 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 519 (19%)
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,181より 中古品の出品:2¥ 1,600より

インディーズ ストアオープン
ブレインコミックス、久保田麻琴、コン・ブリオほか、インディペンデントレーベルをご紹介するインディーズ ストアオープン 詳しくはこちら



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
  • +
  • ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ  Film Telecine Version [DVD]
  • +
  • ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ ライヴ・アット・カーネギー・ホール
総額: ¥7,188
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/6/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: ライス・レコード
  • 収録時間: 64 分
  • ASIN: B0017ZU6G0
  • EAN: 4582222675670
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  DVD Audio  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 43,171位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:17
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
5:03
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
7:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
6:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
3:03
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
3:13
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
3:31
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
3:30
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
5:29
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
3:23
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
3:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
12
30
3:51
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
13
30
4:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
14
30
2:53
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

プロデュースはライ・クーダー。歌うのは、名女性歌手オマーラ・ポルトゥオンドを別にすれば、コンパイ・セグンドやイブラヒム・フェレールなど、キューバ音楽シーンでもすでに忘れられていたベテラン歌手たちでした。そんな彼らがかつてハバナに人気があったダンス・クラブである「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を思い出し、その時代の全盛期のキューバ音楽をいまに再現する、というのが、このアルバムの物語です。

アーティストについて

ワールド・ミュージックとしては最大のメガ・ヒットになった、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ。映画のヒットにより一般的にもキューバのベテラン音楽家の素晴らしい音楽を知られるようになった記念碑的名作として知られています。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 hiroharu 投稿日 2008/5/10
形式: CD
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は、1932年に設立されたこの社交クラブの名に由来する。社交クラブといっても、会員の中心はゴミ収集などで生計を立てていた地域の貧しい黒人住民。入会の条件は、「礼儀正しいこと」と「非の打ち所のない道徳を備えていること」の二つ。会員は週末になると貧しいながらも精いっぱいのおしゃれをして音楽とダンスを楽しんだ。

貧しくとも、人には優しく、清く正しく。ハバナの人々は、人に対しても、音楽に対しても真摯であるのか。このアルバムおよび映画で大成功して報酬を得たベテランミュージシャンは、そのお金を貧困にあえぐ親戚に送ったらしい。本人は、相変わらず靴磨きで生計を立てる日々を送るのであった。

この自分に置き換えてみたら、どうだろう。大金を得たら、親戚にばら撒くか?そこまで人に優しくできるか?高級車と高級ワインを購入して、とびきり仕立ての良いスーツを着ないか?家庭崩壊寸前になるような遊びに手を染めないか?人としての品格とは何だろうか。人としての誠実さとは何だろうか。その答えを身を持って教えてくれる、老練なミュージシャンが演奏する音楽が、人の心を打たないわけがない。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 生きると言うこと。
 命が音になってほとばしる、ということ。それが過不足なく体現されたのがこの一枚だ。
 どこかもの悲しい海辺の夕暮れ、街並みに流れてゆく葉巻の香り、真昼の熱に萎れた植物、星たちに空を占領されるほんの一瞬前の、至福のひととき。朝になれば、またそれらは独特の活気を取り戻すに違いない。嘘も偽りもない、繰り返す日常の風景がそこにはある。
 音楽界から忘れられ長く苦しい暮らしを余儀なくされた彼らの時間さえ、音楽という波で洗い流したら、こんなやさしく甘美なイメージになるのだろうか。ライ・クーダーによって見いだされ再び演奏する機会を得た老プレイヤーたちの、音楽への歓び、感謝の心が聴く者に生き生きと伝わってくる。音楽と生きることがイコールで固く結ばれた彼らの音楽は、ほんとうにカッコイイ。
 
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
何度聴いても飽きません。

落ち込んだ時やイライラした時に聴くと、そんな事も忘れて心が躍ります。

陽気な中にもどこか哀愁が漂っていて、この上ない素敵な音楽だと思います。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/9/16
形式: CD
飾りも無ければ気取りもない、大音響でもないし大編成でもない。
しかし、生活を歌うという音楽の原点がここにある。
メンバーは全て還暦を(とっくの昔に)通り過ぎた者ばかりだが、世界中の
どの歌手にも負けないリズムと歌唱とで聞く者の心を揺さぶる珠玉の作品。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバムのヴォーカリストの1人コンパイ・セグンド氏が7月14日に95歳で亡くなりました。
とてつもなくハッピーで同時にどこか物悲しい音楽。
音楽というもののパワーを再認識させてくれました。
キューバの老ミュージシャン達よ、ありがとう。合掌。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
教えてもらってたイギリス人の英会話の先生から教えてもらいました。ヴィム・ヴェンダースの映画を観て凄いミュージシャンの集まりだなぁと思い、CDを買いました。部屋で目をつぶってきいていると、まるで彼らが私の部屋で演奏してくれているかのようなライブ感がありますし、演奏もぴか一です。こんな凄いおじいたちがいるなんて・・・ラテン音楽もいいなぁと思いました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
とにかくよく売れた、という記憶がある。日本でもよく売れた。だから中古ですぐ探せる。決してキャッチーな音楽ではない。日本人がイメージするラテンのイメージとは程遠い。
哀愁のメロディーに乾いたサウンド。情熱的なパーカッションとは言っても決して明るくダンサブルではなく、むしろ緊張感や切迫感を持って胸に迫ってくる。
パーカッションが紡いでいくゆったりとした大きな流れの中で寡黙なベース、流麗で軽いけど悲しいピアノ、そしてどこか懐かしいボーカル/コーラス。決して悪い意味ではなく昭和の歌謡曲のような。こういうおじいさん達はきっと日本の音楽界にもいるんだろうな。陽の当たらないところで。細野さんなんかがこういうプロジェクトやってくれたらいいのに。
それにしても、ライ・クーダーはやっぱりいい仕事している。さすがだ。あいかわらず切れ味のいいスライドを要所で聴かせる。こんなアルバムを届けてくれたことにありがとうと言いたい。
真夏の夜に、クーラーを止めて、灯りを落として、ラムやテキーラベースの甘くて冷たいカクテルなんかとじっくりと味わいたい。
そういう雰囲気的な聴き方だっていいじゃないか。彼らの街の苦しみなんてわからない。きっと、大きな心で許してくれるだろう。この日本だって苦しいことはいっぱいあるんだ。そうであっても、前を向こうとする気持ちや人に対する優しさを忘れない、そういうことだけ共有できればきっとおじいちゃんたちも喜んでくれる。お盆にはちょうどいい。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック